2016年06月09日

「コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルよりうまいのか   川島良彰 著」

第1章 コンビニと高級ホテル、コーヒーの価格の差はなぜ生まれるのか

著者は1956年、静岡県のコーヒー卸売業の家に生まれる生まれます。
高校を卒業後エルサルバドルの大学に、留学し、コーヒーの研究を続けます。
最初に、日本とアメリカのコーヒーの変遷についてその歴史をたどります。
日本では1950年コーヒーの輸入が再開されます。(自由化は60年代から)


基本的にコーヒーは、“フルーツ”であると言う認識が一般的に知られてい
ません。
水や温度湿度、生豆の平日に大きく左右されます。

品質の悪い生豆は、どんな焙煎、抽出技術をもってしても、それ以上にはなり
ません。 (P20)

しぶみや苦みの原因は未成熟な豆のためです。
それが原因でコーヒー嫌いになってる人が多いのは残念なことだと述べてます。

著者に言わせると、コンビニのコーヒーは、うまくはないが100円以上の価値が
あると言われてます。

一般にコーヒーは、喫茶店では400円位、高級ホテルであると千円近くの料金に
なります。

食材には非常にこだわるシェフが、コーヒー関しては利益率を上げる商材との捉
え方が長年されてました。
まとめて入れればおいしいコーヒーが提供できるはずがありません。

一杯ずつ淹れるコンビニコーヒーの普及により、一般の人がコーヒーの味に敏感
になってます。
なぜ高級ホテルでは、本当においしいコーヒーを提供することができなかったのか?
その理由は本書を読んでください。
「そういうことだったのか」と思うこと間違いありません。


コーヒー豆は国際商品であり、天候次第により大きく変動するものであり、100円を
維持すると言うのはコンビニ各社においても大変なリスクを伴うことがわかります。

この本を読んでいると、本当においしいコーヒーを飲みに行きたくなります。




posted by さっとん at 14:38| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

2.ジャズ誕生への道のり ジャズの歴史  相倉久人 著

「ジャズ」はアメリカ南部ニューオリオンズの黒人たちの手で形を整えていきました。
そのきっかけを作ったのは、ヨーロッパから移民したアメリカ人とアフリカから奴隷とし
て連れてこられた黒人との融合によるところが大きいのです。

プランテーションの農場の労働力としてきつい仕事をさせられていた黒人たち。

当時のアメリカ人で、黒人たちの文化や音楽などに興味のある者はほとんどいませんで
した。

おしひしがれた奴隷生活の抑圧と哀しみをギターやバンジョーの弾き語りで歌う「ブルー
ズ」。(P23)

18世紀産業革命(イギリス)
1776年 アメリカ独立宣言

1861年 南北戦争→リンカーン奴隷解放宣言

19世紀中頃に「ブルーズ」は、アメリカ全土に広がって行きます。
(クレオール文化)

17世紀初めから始まった奴隷貿易ですが、250年の時を経て黒人音楽の
3つの柱がここでそろいます。

・ブルーズ
・ラグタイム(スコットジョプリン 映画スティング エンターテイ
ナーが有名)
・ジャズ

Ragtime Piano : SCOTT JOPLIN . " The Entertainer " (1902)

posted by さっとん at 20:07| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

アメリカの国立公園 川上与志夫

1805年当時のアメリカ人は、ミシシッピー川を超える事は出来ませんでした。

その向こうは未開の地であったのです。

インディアンの女性と結婚したアメリカ人が、初めて西部に入り、その後(1830年代)白人の入植者はどんどん入っていきます。



彼らは、インディアンが聖なる動物と崇めていたバッファローを全滅寸前まで殺します。
当時、3500万頭いたと言われるバッファローは千頭足らずになってしまったそうです。


   世界で初めて国立公園に指定されたのは、1872年イエローストーンです。三重県の約1.6倍の広さのある国立公園です。
一般の市民は住めません。
入るには入場券が必要です。

  全米で最も安全な街は、ラスベガスであるとは意外でした。

川上先生のオススメの国立公園は、イエローストーン、グランドキャニオン、ヨセミテ国立公園などを挙げられました。
アメリカはガソリン代が非常に安いので、レンタカーで回ってもそれほどかからないそうです。

とても楽しい旅になること間違いないとのことで、是非行ってほしいとおっしゃられました。


posted by さっとん at 23:34| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賢島大学2016年度 第一回講座に行く。「伊勢志摩国立公園物語」雨宮 俊

今年も西尾先生他スタッフの方々の尽力により賢島大学が継続されることになりました。

伊勢志摩国立公園は今年の11月20日で70周年を迎えます。

そのため、今年は賢島大学においても、伊勢志摩国立公園についてもっと深く学習していきます。

  その第1回目として「伊勢志摩国立公園物語」の題目で環境省・伊勢志摩国立公園自然保護官 ・雨宮俊さん、「アメリカの国立公園」の題目で前帝塚山大学・教授の川上与志夫さんの話を聞きました。

☆自然公園法第1条
この法律は、優れた自然の風景地を保護するとともに、その利用の増進を図り、もって国民の保健、休養及び教化に資することを目的とする。

☆第二条2(国立公園)
わが国の風景を代表するに足りる傑出した自然の風景地であって、環境大臣が指定するものを言う。


  日本の国立公園の特徴として、
・定住人口が多い
・土地所有の割合は民有地が多い
       (96%)
・普通地域の割合が多い
・利用度が高い
     神宮、海女漁
     都会のアクセスが良い

  志摩地域では70パーセントの干潟を消失させてしまった。
そのため主幹産業である真珠養殖や水産業の停滞につながった。

干潟は海水を浄化できる唯一の存在であり、生物を養う場でもあり、持続的発展を可能にするものである。

今、志摩市では、干潟再生プロジェクトが取り組まれている。

  また、漁師や海女との体験型プログラムといったエコツーリズムも重要である。
posted by さっとん at 23:10| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

ジャズの歴史 相倉久人 著 1.ジャズってなんだ

ジャズと言うのは人それぞれに聴かれ方が違います。

喫茶店で流れるモダンジャズ、憩いのジャズ、語りかけるジャズ、聞かれる場所や場面によって全く違う姿形を現します。

僕自身はほとんどジャズを聴く事はありませんが、行きつけの喫茶店でかかっている曲に心が癒されることがあります。

例えばジャズでよく使われる『スウィング』とはどういうことなのかと質問されても明確に答えるのは難しいものです。

ジャズは19世紀終わりにニューオリンズなどアメリカ南部の都市を舞台に、そこに暮らす黒人たちの手で徐々に形を整えていったのだそうです。

奴隷貿易でアメリカに送られたアフリカ人の数は数千万人に達したと言われています。

人身売買が当然のように行わていた当時のアメリカで、アフリカ人の文化や音楽が尊重されることは少なかったようです。

プランテーション農場の苦しく辛い仕事をする中で、アフリカの黒人たちの独自の音楽は少しずつ変化、進化していったようです。

その一つが『ブルーズ』と呼ばれます。

ジャズピアニストの山下洋輔、サックス奏者の菊地成孔(なるよし)が推薦するだけあって、読んでると時間を忘れそうになってしまいます。

873CA5A6-4897-470D-96CD-902E4E1C9647.jpg
posted by さっとん at 23:03| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。