2016年04月30日

「いらっしゃいませ、こんにちは」

昨日と今日が連休であったので作田書店で購入した「コンビニ店長の残酷
日記  三宮貞雄 著」を読んでました。

著者は約6年ほど前、大手企業の早期退職制度を利用してコンビニ店の経営者
に転身します。

現在コンビニでは食料品や日用品だけでなく、宅配便、納税、公共料金、映
画、コンサート等のチケットの販売等、さまざまなサービスを展開していま
す。

すき家などのファーストフード、コンビニ、居酒屋など「人間の本性」が
現れる場です。
著者は「一昔前と現代とでは日本人は明らかに変わってきている。確実にお
かしくなっている」と捉えてます。

売上の悪い店では店長が12時間働くこともめずらしくないそうです。
そのうえ立ち読みをする客、何も買わずにトイレを使う客、内引きするアル
バイト、レジが忙しい時にコピー機やお金の送信方法などを尋ねてくる客など、
現場の苦労は想像以上であることがわかりました。

コンビニの最も重要な仕事は2日先を読む発注作業なのだそうです。

恵方巻きのキャンペーンなどでも自爆(店長や従業員にノルマを与え、未達
成のものを購入してもらう)の店もあるなど、苦労をされてる店が多いとの
ことです。


本部は圧倒的に強い立場であるため、ドンキホーテの売値の方が本部からの
仕入値より安くとも本部を通してしか商品を入荷できません。
本部から月2回ほど派遣されるスーパーバイザーは、「商品をもっと仕入れ
てお客さんに選んでもらえるようにしなさい」とアドバイスをする方もいま
す。

スーパーバイザーは何のリスクもありませんが、売れ残りはすべて店側が
リスクを負うため慎重にならざるを得ません。

日本ではまだ食べられる食品が、年間800万トン捨てられてます。
(世界全体の食料援助の量 400万トン)
異常こそ正常の世界に僕らは生きてるのかもしれません。
FBE7B080-41F5-49AF-BBF1-DF6A36DC8467.jpg



When do you want me to come here again?
posted by さっとん at 19:04| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

恥ずかしながら帰ってまいりました。

午後8時半頃、自宅近くのサークルkの駐車場で自転車に荷物を載せているパ
ソコンの先生と会いました。
「“ゴルゴ13”取りにおいない」との言葉をいただき、教室まで行くと懐かしい
空間が広がりました。

真摯に学びを続けていくことが、依存心の強い僕には最も必要なことだと再認
識してました。

このままでは下流老人の道を進みそうな「不安」「不満」「危機感」を別のところに持つ、すなわち、「行動」の視点を増やすことに取り組み始めて
みます。

その一環として、ブログも続けていければと考えております。
ブログは、「信用保証」「安否確認」の役割があるというパソコンの先生の言
葉を心に刻んでます。

世間を騒がした野球賭博は一度入り込んでしまうとなかなか抜け出せ
ないように、ブログも三日休むと億劫になってしまいました。

ブログを書くことよりも睡眠時間をしっかり確保することに重点を置いてまし
た。

「考えること」と「迷うこと」が違うように、「書くこと」で迷っている自分をもっと客観視していきたいです。

明日も楽しみましょう!(^_^)

D3031125-FC63-4A77-B853-50C20036A255.jpg
posted by さっとん at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。