2016年02月17日

ゆくコンビニ来るコンビニ

職場に行く途中にあるコンビニが「今週で閉店します」と入り口に貼り出されてました。

その50mほどのところに新しいコンビニの建物が建っており、まもなくオープンするようです。

僕の周辺はファミマだらけになりそうで、同じファミマ間で客の取り合いになるのは必至で、本部は売上ダウンのフォローをしてやるべきです。

 今日の中日新聞の一面で、川崎市の老人介護施設で入所者が3人転落死した事件がテレビでも話題になってます。

  結論を言えば、絶対的な人手不足でミスマッチな方でも採用しなければならない事情があるからです。

元職員は、ストレスが原因と言ってるように人相手の感情労働の仕事であるため、利用者からクレームを言われたり、命令口調であったりは日常茶飯事です。

また職場やプライベートでの人間関係やその人の性格や思考などが原因になることもあります。

  激務なので体調不良になったり、辞めていく方も多いです。

特に認知症などの病気は家族だけで介護をするのは難しいし、介護者自身は金銭的にも精神的にも追い込まれてしまいがちです。

そこで介護を施設に丸投げしてしまうことで、家族と入居者のつながりは細くなっていきます。

  今日の報道ステーションで古舘さんが「無駄な公共事業を一切やめて、介護にお金を投入すべきだ」とコメントしてたように、他人事ではなく自分が生きている限り直面する問題であるという認識が不可欠です。

  



posted by さっとん at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

志摩半島殺人事件 (内田康夫 著)を15分だけ読む

1週間ほど前に阿児アリーナで借りてきました。

  ルポライターの浅見光彦は、『日本の旅』の雑誌社から志摩の取材の依頼を受けます。

浅見の中での志摩は、風光明媚で食べ物がうまいこと、志摩観光ホテルの「あわびステーキ」は、食通の老人に勧められたなどあこがれの地でした。

また浅見が、伊良子清白(いらこせいはく)の「安乗(あのり)の稚児」を読んだ時、日本の漁村の原点が志摩の安乗にあるようなイメージを抱いていたからです。

  
 陽が傾き、潮が満ちはじめると、志摩半島の英虞湾(あごわん)に華麗なたそがれが訪れる。
   湾内の大小の島々が満潮に洗われ、遠く紀伊半島の稜線まで望まれる西空に、雲の厚さによって、オレンジ色の濃淡が描き出され、やがて真紅の夕陽が、わずか数分の間に落ちて行く。

  その一瞬、空一面が燃えたち、英虞湾の空と海が溶け合うように炎の色が輝く。
その中で海面に浮かんだ真珠の筏(いかだ)がピアノ線のように銀色にきらめき、湾内に波立ちが拡がる。

     <山崎豊子の華麗なる一族の冒頭>

 志摩へのあこがれはつのるばかりでしたが、2月25日英虞湾で一人の男が死体で発見されたところから物語は始まります。


posted by さっとん at 22:38| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

衝動の肥大化

「さあ今日もブログを書こう」と思って机の前に座って10分。
スマートノートをめくってみるが、これというのがありません。

ブログが続かない最も大きな原因は、「書くことがない」です。

それを克服するにはインプットの量を増やすことなのですが、これが非常に面倒なのです。

  今日のテレフォン人生相談を聴いてると、60代の男性が同じマンションに住んでいる60代の女性と恋仲になったが、娘(38歳)が大反対をしてるので迷っているとのことでした。

  二人ともつれあいを1年ちょっと前に亡くしてたとのことでした。

幼児教育研究家の大原敬子さんから、恋をするのにリスクを取らない男に鋭い質問を投げつけます。
「あなたはその女性と結婚したいのですか」

「結婚も考えてる」と答えながら、「相手の女性がどんどん入り込んでくる」「娘が非常に嫌っている」と周りの人の責任で自分は困っているのだと答える。

「何かを得るということは同時にとても大切な何かを捨てる」という覚悟ができてないから周囲に振り回されるのだとの指摘でした。

  この男性は若い頃から深い劣等感に苛まされてきたようです。
パーソナリティーの加藤諦三氏の言葉「生きている意味を失うと、実在的空白の中で、衝動は肥大化します」は、自分を見失ってしまうと周囲に翻弄されるという意味もあり、自我の成熟は年齢と関係ないのかもしれません。



  


posted by さっとん at 23:30| Comment(0) | ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

2月25日(木)午後7時から賢島大学がある。

バレンタインは仕事が休みでしたが、朝は疲れが残ってる感じで、コーヒーを飲みながら新聞などを読んでました。

2月25日(木)午後7時から代々木高校2階B教室で「賢島大学」があります。

今回の題目は、『志摩地域をいかに住みよくしていくか? 市民生活の将来は?』です。

5月に伊勢志摩サミットが開催されるため、ホテルを経営している方が、「警察に出す書類の作成がちょっと面倒だ」とこぼしてました。

3月からいよいよ警備も本格化するそうで、市民生活にも影響が出てくる可能性は大きそうです。

世界中で注目される千載一遇のチャンスを活かして、志摩地域をより住みよくしていってほしいものです。

posted by さっとん at 21:56| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

おでかけですか? レレレの蓮(れん)

僕の場合、職場という空間は、相手から注意を受けることは多いですが、相手からほめられることは滅多にありません。
普段の僕のように、他人からほめられることが少ない環境に生きているものは、自分をほめることはとても大切だと考えます。


自分への褒美として月に2.3回美味しいものを食べるようにしてます。


今日は、中華料理の蓮でとんてき定食を食べました。
にんにくを隠し味風に効かして、肉も柔らかすぎず固すぎず絶妙です。

仕事の疲れも吹き飛びます。^o^

43F6B791-9F85-423B-B425-14132ECE41E2.jpg
とんてき定食   1200円
さっとんオススメです。

posted by さっとん at 22:54| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

儲け方を知っている。

2月10日の日経に「近鉄GHD、33%増益」(2015年4〜12月期連結決算)が出てました。
純利益が前年同期比33%増の332億円だったそうです。

訪日観光客の増加で、主力の運輸部門は3%の増収。
ホテル事業も好調。

逆にあべのハルカス、海外旅行が減収。

たまに飲みに行く株の先生はいつも「近鉄はあかん」と言われてましたが、全体ではきっちり結果を出してるのがスゴイです。


posted by さっとん at 22:52| Comment(0) | 新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

一人で無理をしない

最近、ツイッターで体重の記録がされてないので明日からまた再開したいと思ってます。

朝7時頃に体重計に乗るのですが、最近は寒さに負けてしまいました。

「5分の使い方で人生が変わる   小山竜央 著」の第3章 “ 無理をしないで自分を変える”で、何かを続けるためにやる気や情熱はほとんど必要ありません。
大切なのは、仕組みを強制的に設定してしまうことであるとの教えで、体重管理をツイッターで続けてました。

「他人から評価されたい」という心理は、行動力の源になります。
フェイスブックやブログ、ツイッターなどで「自慢」の記事をアップし続けるのも、成功を引き寄せる一つの方法のようです。

  初心を忘れない続ける仕組みを作ります。^o^

 

posted by さっとん at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。