2016年02月26日

認知症をつくっているのは誰なのか 村瀬孝生・東田勉 著

今日は第1章 介護保険制度と言葉狩りが認知症をつくっている  を読んでました。

著者の東田さんは介護ライターで、介護現場を取材する中で、介護の問題は認知症の問題、突き詰めれば「薬害」の問題であると指摘されてます。

1999年 アルツハイマー型認知症薬「アリセプト」発売

2000年4月1日 介護保険制度始まる
(介護の社会化)

2004年「認知症」という病名が厚労省によって作られる

現在お年寄りの7人に一人が認知症になっていて、それが10年後5人に一人に増えると厚労省が統計を出してます。

村瀬さんは介護の世界に30年近く携わり、「宅老所よりあい」の所長を務められてます。

「認知症」と呼ばれる前は、「痴呆症
」「ぼけ」と呼ばれてました。

昔の介護現場は今よりもおおらかだったそうです。

色ボケ、遊びボケ、欲ボケと何かに取り憑かれたように熱中している状態の方を指しますが、人間的な変容の領域にとどまってた部分もありました。

「あんた少しボケてきたね」で済んでいたのが、「認知症」により、すべて病気になりました。

「認知」があることも、介護保険制度で要介護度をあげる重要なファクターであるとともに、病人を多く作り上げる原因になります。

日本では、年をとると誰もが脳に作用する薬を処方されるようになりました。

うつ病の薬が出来て、うつ病の患者数が飛躍的に増えた現象が、「認知症」にもおこっていると指摘されてます。

著書では、認知症を正しく知ること、薬物療法に頼らなくても済む介護を実践している村瀬さんの「認知症を病気にしない暮らしがある」ことを気づかされます。







posted by さっとん at 22:44| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

新しい車を予約する。

午後3時にかー君から「車が入りました」と電話がありました。
3分後、友人が富士山、東京に旅行に行き、みやげ(ひよこ)を持ってきてくれました。
「新しい車が入ったとかー君から電話があった」と話すと「楽しみやな」と言われました。


「見に来るか?」と尋ねると「ごめん、子供を迎えに行かないかんで」と言いながら干しぶどうの菓子を「これはカラダにええんやで」と言ってくれました。

車は、ダイハツ ムーブx VV(ネズミ色)で、試乗すると軽なのに中は、僕の乗っているカローラより空間が広く感じました。

その後、志摩市役所に行き、印鑑証明書と住民票を取りました。

家に帰り、ひよこを食べながら確定申告の領収書などを整理してました。





posted by さっとん at 22:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

ユニクロとGUで春物の服を見る。

今日は久しぶりに伊勢で買物をしました。
ララパークのイタリアンカフェでスパゲティとコーヒーを頼みました。
2年前に行った時より寿がきやなど飲食店の数が少なくなってました。
食べ物商売は堅いと言われたのも今は昔なのか?

ビジネス環境はますます厳しさを増しているのかを確かめにユニクロ、GUを回りました。

GUは、以前ユニクロのあった場所にあり、ユニクロより安いがファショナブルな品揃えをしてました。
(女性服が多い)

たまに外の空気を吸い、ガス抜きができました。^o^
posted by さっとん at 23:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

虫のいい話

昨晩はブログを書く前に疲れから寝てしまい、午前1時半頃に目が覚めるとチャンピーもいつもと違う行動パターンに戸惑っているようでした。

今日も昼食のおかずを盛る量が少ないことで注意を受けました。( ;  ; )

柔道のように注意ー警告ー負け(リタイア)とならないように注意したいです。

阿児ライブラリで借りた「大人のスピード思考法  中谷 彰宏 著」に一羽の小鳥が1年間に何匹の虫をたべるでしょうか ?
という質問がありました。

日本の学校では「わかりません」と言うと「はい次」とどんどん指名していきます。

「一羽の小鳥が何匹の虫を食べるか」も「一日100匹を日課にしてる小鳥は3万6千500匹」とか「とりいそぎ5万匹」などトンチンカンな答えでもよいからとにかく言ってみることが 大切だと述べられてます。

ちなみにその答えは、12万7千匹です。

小鳥も虫には無視できない存在だと気づかされます。

おあとはイマイチのようで。(・・?)

posted by さっとん at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

ひやり・はっと

明日は大荒れの一日になりそうですが、仕事でもミスをすると疲れが倍増します。

今日は3時のおやつ時に「きざみ」の形態を提供しなければならないところ「ムース食」を渡してしまいました。

3日前から形態が変わったことの「申し送り」 があり、メモにも書いていたにもかかわらず、ミスをしてしまいました。

「ひやり・はっと」を書いてました。

  これが逆の場合、「ムース食」の方に「きざみ」や「普通食」を提供していたら誤嚥(ごえん)の恐れもありました。

この場合は、「事故報告書」を書かなければなりません。

  自分の記憶に頼るのではなく、面倒でも一覧表で確認しながら渡すようにしなくてはと反省しております。

posted by さっとん at 22:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

仕事が楽しい

厳しい寒さのこの時期、僕がふとんを敷き始めるとチャンピー(猫)がさりげなくやってきます。

外で寝ている猫がいることなど知る由もなさそうに布団に入ってきます。

昨日の午後3時過ぎに毛布を4枚洗うためにコインランドリーに行きました。

洗濯機が回っている間、「志摩半島殺人事件」を読んでると、「さっちゃん、さっちゃん」とガスの集金に来る70歳過ぎのおじいさんが手を振って近ずいてきました。

「さっちゃん、最近はどうぞ?」尋ねられたので、「なかなかたいへんな日々を送ってます」と答えました。

「そりゃ介護はのう、大変やわ。わしの父親は意識がなくなって半日でなくなってのう。 そりゃ家族はありがたいわさ。そやからわしも家族には、胃ろうとか管さしてするのはわしは絶対やめてくれ言うとんさ」

「医療が発達して、なかなか簡単に死なせてくれん時代になってきました」と話すと、「70歳すぎるとの、わしみたいにピンピンしとるもんと、腰曲がってヨロヨロしとるのに分かれてくるわ」と歩くのが不自由な年寄りのゼスチャーをされました。

「やっぱりの、さっちゃん、この歳でも仕事があるというのは本当にありがたいに。わしはここの仕事が楽しいてしょうがないんさ」とうれしそうに話します

15分ほど話をして、他のコインランドリーの営繕に行かれました。



posted by さっとん at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

クローンiPhone

午前11時20分に田中整骨院に行き、五十肩と足腰の疲れを取ってもらえました。
その後、すぐ近くにある「ばあば苑」で昼食を食べました。さしみ、ひじき、コロッケ、肉じゃがなどの皿を取っていくセルフ方式です。
素材もよいものを使っているのが食べていてよくわかります。

30CF01F5-1C5C-4E67-9B1F-A49DF645AFA3.jpg

今日は日経パソコン2.22号がポストにはいってました。
p10のTrendでは、「クローンiPhone」について、その仕組みと危険性の記事がありました。

タレントとミュージシャンのLINEによるやり取りとされる画像が週刊誌に掲載され話題になりました。

iPhoneの認証パスワードがわかれば、バックアップデータを転用して特定のユーザーの利用環境をそっくり複製したiPhone末端ができるそうです。

不倫は、セキュリティの大切さを教えてくれます。


posted by さっとん at 22:28| Comment(0) | パソコン・WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。