2016年01月08日

脳科学が教えてくれた覚えられる忘れない!記憶術 篠原菊紀 著

老人介護施設に勤ると、利用者の方の多くが短期記憶に障害を持たれてる方が多いことを実感します。

認知症でない方でもうっかり人の名前や買物の商品など忘れてしまうことが多いです。
どうすれば記憶力をあげることができるかのヒントや脳の取扱説明書のような内容です。

★適切な復習時期はいつか?

60日後に試験がある場合、1月8日に学習した内容を復習するのに適切な日は、
60÷6=10
すなわち10日後の1月18日になります。

2回目の復習時期は、残り50日を6でわると
50÷6=8.33
8日後で1月26日

3回目の復習時期は、残り42日を6でわると
42÷6=7
7日後で2月3日

6で割っていくのが最も脳の負担が小さく効率よく記憶できるそうです。

1F7A5D47-357A-4F5A-B230-AF228C599556.jpg14B521C2-012B-43D0-BFEE-D9A8F5BC3328.jpg

試験を受ける場合だと長期記憶を維持させないといけません。

*中期記憶を作るには、今日勉強したことは、明日、一週間後、一か月後の復習が必要です。
posted by さっとん at 22:27| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。