2015年08月31日

小説 起業講座 1章 企業継続 江波戸 哲夫 著

後藤工業所は、東京太田区と福島郡山市に小規模な板金の
工場を持つ従業員82名、年商20億の中堅機械商社です。

初代社長の後藤耕作が亡くなり、二代目社長に長男である後藤
彬が就任しました。

副社長で40年のベテランである横田はおもしろくありません。
社長が提案した“10人のリストラ”“賃金の15%カット”を断固
反対します。

次男の専務取締役技術室長である徹は、「反対するものは辞
めればいい」と突っぱねます。

「それでは経営者だけいい思いをして、長年辛苦を共にしてき
た社員に説明できない」と横田は社長や徹を批判します。

徹は自分が専務取締役を辞めることで経営陣も血を流している
ことを示します。

母親で監査役の素子は非常に動揺するのでした。

結局、社長の提案したリストラ案は通り、議題は、“取引先の
新規開発”“新商品の開発”について横田は具体的な案を何も持
ちあわせていないのでした。

その晩、兄弟がホテル屋上のビアガーデンでリストラ案がう
まくいったことで乾杯をしました。

「副社長の横田は、会社の行く末ではなく、自分が社長になれる
かばかり気にしていてとても『社長の器』でない」と彬が言いま
す。

「社長の仕事は専務の3〜5倍大変だが、10倍楽しい」と話し、弟
の徹がこれからどうするかを気にします。

会社内部のどろどろした部分をよく取材されて描かれてる小説で
す。

(スマートノート6 P23 150825)


posted by さっとん at 21:36| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

マンガ 日本の歴史2 邪馬台国と卑弥呼のまつりごと  石ノ森章太郎

倭国乱れ、相攻伐すること歴任、乃ち(すなわち)、共に一女子を
立てて王となす。
名づけて卑弥呼という。
鬼道(きどう)に事え(つかえ)、能(よ)く衆を惑わす。
年已(すで)に長大なるも、夫婿(ふせい)なく、男弟あり、佐けて国
を治む。
王となりしより以来、見る有る者少なく、婢千人を持って自ら侍せしむ。

(『魏志』倭人伝)

2〜3世紀の弥生時代後期は、農耕が発達し、高床式倉庫の保存システ
ムにより富が形成されました。
それにより、身分・階級・政治組織が発展し、100ほどのクニグニが乱立
してました。

1984年鳥取県で荒神谷遺跡が発見され、多量の武器・祭器が発見された
ことは大変衝撃的なことでした。

100ほどのクニグニは戦いにより、30ほどに集約されていきました。
しかし、神の意志を尊重しない王たちに、人々の心は離れていくのでし
た。

当時、難升米(なしめ)、都市牛利(としぎゅうり)の邪馬台国が力を持っ
てました。
しかし、なかなか30国を統一することができませんでした。

そこで伊勢志摩サミットの如く、クニグニの王が一堂に会したのでした。
難航した末の結論として“卑弥呼”を30国の王とすることが決定されまし
た。

卑弥呼はすぐに「魏(ぎ)」に遣いを送り、「親魏倭王」の証印を得る
ことに成功しました。
魏からは、当時神が宿り映し出すものとして敬い畏れられていた鏡を100枚
送られてました。
それが卑弥呼の神秘性をより強めることになります。

狗奴国(くなこく)との対立の時も、使節を魏に派遣させ助力を求め、撃
退に成功します。

卑弥呼の死後、男王が擁立されますが世は混乱しました。
そこで卑弥呼の宗女である13歳の「壱与(いよ)」を擁立します。
壱与は卑弥呼の路線を継承し、魏に20人を使節として派遣するのでした。

(スマートノート150825 P22)
posted by さっとん at 22:33| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

微分・積分を楽しむ本 今野 紀雄 著

第1章 微分・積分の世界へようこそ


 ☆桜の開花

   基本的に春先にどれだけ暖かい日があったかの積み重ねで決まります。
たとえば基準温度を15℃と設定し、16℃ならプラス1、18℃ならプラス3とし、合計が200を超えた時に桜が開花すると予測します。(積算温度 積分で求める)

実際には複雑な要因なども加味されます。

桜は、夏の間に次の春に来る花芽を作る。
そのあと花芽はいったん生成を止めて眠りに入る。
そして冬の厳しい寒さに一定期間さらされると花芽は眠りから目覚めて(休眠打破)再び成長を始める。(p10)
    

東京より南にある八丈島の方が開花が遅いのは、桜の花芽が冬の厳しい寒さにさらされる期間が短いためです。

  やはり一花咲かせるには、厳しい環境は不可欠なのかもしれません。

(スマートノート150820  p18)



posted by さっとん at 14:09| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

10分あれば書店に行きなさい   齋藤孝

 現代は誰もがストレスをかかえながら生活をしています。
ストレス解消に最も効果的なのが「本屋」に行くことです。

 本屋にはいろんなジャンル、著者の本がずらっと並んで
おり、それをながめてることでポジティブな気持ちになれ
たりします。

自分は今苦しいが、想像を絶する苦しみの中に生きている
人がいることを知るだけでも気持ちが楽になれたりします。

「世界は広い」ことを認識するだけでも窮屈な日常から解
放されるような気がします。




☆読書メモ

・本屋に立ち寄る
心の状態 中和
前向きな姿勢
落ち着き

世界は広い
自分はまだまだ

・家でぼーっと ×
過去がフラッシュバックするから

アイデアが出やすく
集中力
7:47
posted by さっとん at 22:45| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

自助論(Self-Help)        サミュエル・スマイルズ

 今日は午後3時半に墓の草刈りに行ってました。
以前、親戚から「墓参りに行ったら草がぼうぼうやったでぇ」と指摘された
ことがあったからです。

日射しもまだ強かったですが、思ったほどはかどらず明日も夕方に行く予定
です。

 自助論では、「自己実現」を

1.自分の好きなことをやって
2.十分に食うことができ
3.その結果が他人によって高く評価されること。

 と定義しています。

 そういう状態にもっていくための必須条件として、「勤勉」
「正直」「感謝」を忘れるなと説いてます。

一般に「貧すれば鈍す」とも言いますが、自助論では、「貧し
くとも心豊かな人は、心貧しい金持ちよりあらゆる面ですぐれ
ている」 聖パウロ

と質素堅実な生き方を推奨しています。

「まっすく歩み、義を行い、心の真実を語る」人に近づくよう
明日も勤勉に励みたいと思います。犬



自助論p294〜296
・自己実現
1.自分の好きなことをやって
2.十分に食うことができ
3.その結果が他人によって高く評価されること。

勤勉
正直
感謝

自己実現するのに遅すぎることはない。
20:30



読書メモ 自助論
貧しくとも心豊かな人は、心貧しい金持ちよりあら
ゆる面ですぐれている。 聖パウロ

読書メモ
礼儀作法
マナー
金がかからない
周囲に好感と喜びを与える
不作法 人柄のよさまで帳消しにする
p277
人によって考え方が違う
口角泡 こうかくあわ

読書メモ
礼儀作法
マナー
金がかからない
周囲に好感と喜びを与える

不作法 人柄のよさまで帳消しにする
p277
人によって考え方が違う
口角泡 こうかくあわ

真の人格者 道徳的価値 人柄
自尊心厚く
品性(自分にしか見えない)
「まっすく歩み、義を行い、心の真実を語る」p282
8:18
posted by さっとん at 21:03| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

さあ、脳を進化させよう! ポール・マッケンナ

夏場はエアコンが効いた中で仕事をしているせいか体調は
すこぶる良好です。

しかし、良好でないのが自分の「脳」です。
その理由は、脳のより多くの部分を活用できてないから。ふらふら

本来人間は天性の学習者であるそうです。
それを証明するのが赤ちゃんです。
赤ちゃんは、立ち上がろうとして何度も失敗しても決してあ
きらめず、ある日それに成功します。

新しい仕事についたり、勉強を始めたりする時に障害にな
るのが、

・非生産的な精神状態
・効果のない戦略
・あきらめるのが早すぎる

ことなのだそうです。

障害物を一掃しましょう!

☆この本についてる催眠CDは、自分にあってるのか聴いてると
眠りにおちてしまいます。






★さあ脳 p43〜52
・学習の障害物(恐れ、いらだち)一掃

・脳のより多くの部分を活用

私たちが新しいことを学ぶのを妨げるもの
・非生産的な精神状態
・効果のない戦略
・あきらめるのが早すぎる

人間は天性の学習者

刻々と変わる社会のニーズに教育制度が追いつかずにいる。

競争力 迅速に学習して適応する能力
12:52
posted by さっとん at 21:05| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

40歳以上はもういらない  田原総一郎 著

 ある日気づいたら53歳になってた僕ですが、田原氏が最もおもしろかった
本として、「職業は武装解除(朝日新聞出版)」瀬谷ルミ子 (著) をあげて
います。

 別に強い使命感でなったわけではないと謙遜されてますが、治安が悪く、
いつ弾丸が飛んでくるかわからない地域に女性が入るということに驚きを
禁じ得ません。

西アフリカのシエラレオネでは、子供を連れ去り兵士にすることが横行し
ているそうです。

10歳の子供たちが兵士として人を殺す現実を見た時に、日本の少年法など
吹っ飛んでしまうところがある現実。
その子供たちは被害者であり、加害者でもあるため、心に大きな傷を負って
いるケースが非常に多いそうです。

 兵士から武器を回収し、一般市民として社会復帰させるという民間では、
今まで誰も手がけてなかった仕事を始めたきっかけや紛争地域の現状を話し
てくれてます。


 

☆40歳以上はもういらない 読書メモ

・加害者 被害者
19:34

・日本 少年法
・10歳の子供が人を殺す現実
19:33

・ブラッドフォード大学院
・ニッチ(スキマ)

シエラレオネ
子供さらい強引に兵士
19:32

「戦後日本」が紛争地に与える希望
・瀬谷ルミ子(せや)
日本紛争予防センター(JCCP)
2007〜
・職業は武装解除(朝日新聞出版)

兵士から武器回収
一般市民として社会復帰
19:28
posted by さっとん at 21:45| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。