2014年11月10日

新 学問のすすめ  “勉学は自分を信じる者を救う”   和田秀樹     中経出版

 阿児ライブラリで借りました。

 著者は有名な精神科医で、教育問題、心理学、老人問題、人材
開発、勉強法など数多くの書籍を執筆されてます。

 江戸時代の日本人は、寺小屋や私塾などが有効に機能して、世
界的にみても高い水準であったそうです。
明治維新以後、福沢諭吉の「学問のすすめ」が庶民に熱狂的に受
け入れられました。

その理由として列強諸国が日本を眈々と狙っており、社会環境が
大きく変化していたからです。

 著者がこの本を書いた動機は、
・生まれつき才能のある人や親が金持ちまたは、教育熱心な人に
 は勝てないという誤りに気づいてほしい。
・日本が国として衰弱していく状態を食い止めて、さらなる発展
 をしてほしい。
との思いからです。

 たとえば世界史の年号を覚えることが社会に出て役に立つか?
という理屈に対して、

1.教養を高める。

2.世の中が日進月歩で進歩していく中、新しい知識の吸収力を高
 めるには記憶力の鍛錬は不可欠。

3.情報を取捨選択して覚えるべきことを見抜く能力を高める。

ためにも勉学は必要とのことです。

 将来、日本製品が外国で売れなくなったらどうなってしまうの
か?

日本の食料自給率は41%で、北朝鮮の45%より低いのです。
(終戦直後の食糧難の時代でも70%あった)

アジアで教育レベルをトップに持っていくことが必要とのこと。

 フィンランドのようにお国のために勉学に励むことが「愛国心」
につながると主張されてます。

これからはM&Aなどで外国人が経営者となることもめずらしくな
くなり、自分に相応の能力がなければ「日の丸 君が代」を大事
にしたくてもできなくなる時代が近づいているのだそうです。

読んでるとため息が出ますが、無理をしないでブログを書いていき
ます。

posted by さっとん at 22:28| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

台北で人気ナンバー1

夜7時前にチャンピー(猫)に庭の草を食べさせていると、急に
西側の駐車場の方に走り出しました。
JAの車が何台か置いてるのですが、その下に入り込んだり、小屋
の屋根の上に登ったりでなかなか降りてきません。

えさでおびき寄せる作戦も腹が減ってないため効果なく、捕まえる
のに40分ほどかかりました。🐱

猫も家の中ばかりでは、精神的にまいるだろうとの仏心があだと
なり外癖がついて出たがるようになってしまいました。

犬のように首輪にひもをつけて歩いてもらおうか検討中です。


昨晩は台北に行き、人気ナンバーワンとメニューに書かれてる
台北ラーメン&半チャーハン(850円)を食べました。
メニューに定食が増え、選ぶのに迷ってしまいます。
個人的にニラと挽肉を使ったここのラーメンも好きです。

台北141105.jpg

台北2 141105.jpg
posted by さっとん at 22:16| Comment(0) | 志摩地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

志摩ギターを楽しむ会 The 16th Concert

『志摩ギターを楽しむ会』

【と き】2014年11月22日(土)19:00〜

【ところ】阿児アリーナ ミーティングルーム

【会 費】500円

【問合せ】三重県阿児町鵜方1140-2  北村 光比古
     mail fumiu@shima.mctv.ne.jp
Tel  090-3560-4881

 志摩で本格的なギターコンサートを催したいとの思いをスタッ
フの方々の尽力により8年間続いてる手作りコンサートです。
スマホなどのデジタル音だらけの世の中ですが、大オーケストラ
にも負けない音を奏でるギターの魅力を堪能できるはずです。犬

志摩ギター16 141104.jpg
posted by さっとん at 19:11| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

情報&人生は一冊のノートにまとめなさい  奥野 宣之 著

 昨日、阿児アリーナで第44回阿児町展の帰りに阿児ライブラリで借り
ました。

 100円ショップで売っている安いノートに日記、新聞記事、レシート、
郵便物、書類、メモなどをどんどん貼っていこうという活用法です。

人は探しものに一生の153日を使っているのだそうですが、アナログの
情報を一元化する方法としては優れていると思います。
(僕の場合は、お嫁さんもなので350日ぐらいになりそうです)

ただ自分がやるとなると、ノートは自分のペンで書きたいので、貼り付
けは別のノートにと考えてます。(二元化)

 著者は非常に道具(文房具)にこだわりがあり、
・ドットライナーミニ 貼ってはがせる(コクヨ)
・貼ってはがせるスティックのり(住友スリーエム)
・メンディングテープ(住友スリーエム)
・ペンポッド(ゼブラ)

ノートを検索するためのエディタとして、
「秀丸」「オズエディタ」「サクラエディタ」を奨励しています。

また、検索のタグとして、「日記」「資料」「企画」「店」「興味」
「音楽」「物欲」「発想」などを提示してくれてます。

 一つ一つの作業をつながりを持たせるために非常に頭を使われ
ている方だと感じました。

1冊のノート141103.jpg

『最近聴いてる歌コーナー』
Rest Your Love On Me - Olivia Newton-John & Andy Gibb - 1981

 僕が初めてポップスのレコードを買ったのが中学2年の時にオリビア・ニ
ュートン・ジョンの「カントリーロード」でした。
柔道着にジーンズのジャケットが非常に格好良く、日本人の歌謡曲の歌手
より魅力を感じてました。
この曲は、ビージーズの「Too Much Heven(失われた愛の世界)」のB面
の曲です。
 80年代の曲が僕にはやはりしっくりきます。犬

第44回 阿児町展
第44回阿児町展141105.pdf
posted by さっとん at 19:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ねぎおこ  お好みフーズ(株式会社)

 庭にねぎだけはたくさんなっているため、これをたくさん使った
「ねぎおこ」をぎゅうとらで購入し、作りました。

ミックス粉、天かす、紅しょうが、お好みソースは入っているので、
ねぎと卵と水100CCをまぜて5分でできあがります。

おたふくソースが効いてお好み焼きとはまた違ったねぎのアクセン
トがご飯と非常にあいます。

ねぎおこ141103.jpg
posted by さっとん at 18:29| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

『事実』と『真実』    岡田斗司夫のひとり夜話「ノート術](07/12)オカダノート “面白いとは”

 僕は、昨年(2013年)の9月から“三本線ノート”を参考にして書くよ
うにしています。

ノートを取るようになったきっかけは、岡田斗司夫 著の「スマートノー
」からですが、いろいろ試行錯誤をしています。

youtubeで「ノート術」で検索すると、岡田斗司夫さんの講演がたくさん
ヒットします。

講演の中で、ノート作りは無理をせず楽しみながら続けられる工夫が大
事であることを述べられてました。
ダジャレ、替え歌、絵、悪口、マンガなど人に見せられないことをなん
でも書きます。

 ノート初心者の方は、まず今日あったことを5つ書き、それに5段階で
評価する。
これを続けるだけで、悪い習慣や無駄な行動が激減するそうです。


 なぜノートを毎日書くのか?

頭は「農地」であり、アイデアは『作物』です。
将来の豊かな収穫のためにノート(大地)を耕そうということです。

 またノートに『正解』はいらないそうです。


「事実」・・・・彼女は離婚した。
「真実」・・・・彼女はなぜ離婚したのか?

「論理」には、『事実』と『真実』があり、

『事実』は一つしかなく、おもしろくありません。
ところが、『真実』は、いくつもあるので反論したり、あやふやで
いいかげんで正しくなくても構いません。

「論理」には、「好かれる論理」と「嫌われる論理」があります。
最近、急にキレる人を目にするのは、ノートを取って周りの人を幸
せにする「好かれる論理」の練習不足が原因かもしれません。

岡田斗司夫のひとり夜話「ノート術」(07/12)オカダノート面白い
とは...
https://www.youtube.com/watch?v=KaMoHdwZKHw

ノート術.jpg
 
posted by さっとん at 18:21| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。