2014年10月24日

An everlasting love

夕方に「洗濯物を取りに来てほしい」との連絡をもらいました。
現地で、10点ほど若い女性が着るようなコートやカーディガンなどを台帳に付けてました。

「娘さんのですか?」と尋ねると、「いや、兄の亡くなった奥さんの服や」とお客さんが答えられました。

「いつ亡くなったんですか?」と僕が質問すると、「13年前、服が悪くならないようにと毎年クリーニングに出している」

「よっぽど良い奥さんだったんですね」と答えざるを得ませんでした。
posted by さっとん at 23:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。