2014年10月10日

小冊子やおしぼりはいらない

1週間ほど前に新聞にゴミの収集袋に名前を書く自治体が増えて
きているとの記事がありました。
時間や手間をかけ真面目に分別をしている人が不利益になっては
いけないという観点からです。

自分のところのゴミ収集場を見ても、これはひどいという捨て方
をしている袋も目につきます。
無線放送で、「最近、不法投棄が増えています」の放送もたびたび
あります。

コンビニに行くとおしぼりを、薬局に行くと健康小冊子をあたり
前のようにレジ袋に入れてくれます。
僕の地域では、小冊子は“紙類”、おしぼりの袋は“プラ容器”のため
月2回しか収集してくれません。

そこの店員さんがべっぴんだと嫌われたくないから余計に言えなくなり
ます。犬

今のゴミ分別は、市民に強いることばかりが先行して、メーカー
や小売りができるだけプラ容器や紙類を出さない工夫が全くないと
ころに問題があるのではと思えてなりません。

メーカーは、市民の生活実態をもっとよく知り、できるかぎり“燃
えるゴミ”で処理できるように転換してほしいものです。

posted by さっとん at 18:35| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。