2014年09月17日

頭の使い方が問題なんだ  脳を活かす道具“マンダラート”  今泉浩晃 著  サンマーク出版

1週間ほど前にiPhoneアプリのMandalArtが新たにグレードアップ
して発売されてます。(1年間 600円)

マンダラートとは、3×3の9マスを書き、その中心のマスに考えたいこと
を書き込み、周りのマスにはそれに関連する事柄を埋めていくものです。

(wikipediaより)

50歳を過ぎてますが、このところ僕は毎日マスをかいてます。ふらふら
いやNHKの連想ゲームのようなことをしてマスに書いています。
それがまた非常におもしろいのです。

今泉氏によれば「マンダラ」のマンダとは、「真髄(しんずい)」
ラとは、「成就する。完成させる」いう意味なのだそうです。

マンダラは、脳のモニターであり対話する装置で、考える作業と言う僕
が最も苦手としていることを、言葉を載せていくことで階層の深い思考
につなげようというものです。

僕らは学校、職業を通じて非常に多くの「知の財産」を持っているの
ですが、それらの投資を回収しようという発想です。

ビジネスで最も大切なことは「暮らし」と「生活」であり、それを
知らない、見てない人は開発や企画ができないと喝破されてます。

マンダラで創造的になっていけるかは、今後の僕のブログで判断してく
ださい?犬

マンダラート140917.jpg
posted by さっとん at 21:28| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。