2014年09月01日

「新成長戦略」の総論賛成、各論反対!

 毎月商工会の職員の方が配達してくれる月刊「商工会」8月号のけいざい
コラム“鳥の目 虫の目”の「新成長戦略」は出たが“骨抜き”の懸念残るは、
改革に対して総論では賛成だが、各論では反対の声が大きいことが心配だ
とのことです。(著者は経済ジャーナリスト 本間 俊典 ほんま としの
り 氏)

「新成長戦略」の主な内容とは、

・法人税の引き下げ(35%→20%)
・女性や外国人労働者の活用
・雇用、医療、農業などの「岩盤規制」の改革
・エネルギー(電力会社の送配電部門分離)
・成果型労働制度

 「改革」の目的は、日本の産業の競争力を高めるためです。

デフレの長期化で非正規労働者が増え、給料は減り、失業者が増え、若者の
雇用などに大きな影響を与えました。
企業が元気にならないと、国民も元気になれないことを身にしみたことから、
産業競争力をつけるのが目的です。


 しかし、「岩盤規制」の改革には大きな抵抗があります。

・農業の農協改革(JA全中の廃止)には、農協解体につながる
・医療の混合医療の対象の拡大には、安全性が担保できない、国民皆年金制度
 の崩壊を招く
・成果型労働制度も、長時間労働を助長する

 「改革」を骨抜きにされれば、潜在的な成長力が弱まると指摘しています。

「新成長戦略]140830.jpg
  「月刊 商工会」8月号

posted by さっとん at 22:13| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。