2014年03月05日

嫌いになる心理

 ジムでストレッチをしてると知人の50代の女性から悩み相談を
受けました。
最近ある介護施設に就職したのですが、10歳以上年下の上司の言
葉がきつくて職場に行くのが辛い。
自分のことをとても嫌っているようだとのこと。

「この前言ったことメモしてないの!」
「覚えが悪いんやから」

もう50過ぎてるし、次の職があるとも限らないしで非常に落ち込
んでいると笑顔で話されてました。

「自分では一生懸命やってても、それをことごとく否定されるとモ
チベーションも落ちてしまうのようわかります」と同意の形成で答
えてましたが、「すべての悩みは対人関係である」と言うアドラー
心理学(嫌われる勇気)そのものでした。

アドラー心理学によると、たとえば「僕がAさんと言う人を嫌って
いる理由は、非常に許しがたい欠点があるからだ」とします。犬

僕はAさんの欠点を許せないから嫌ってるのではなく、「Aさんのこ
とを嫌いになる」という目的が先にあって、その目的にかなった欠
点をあとから見つけ出して嫌っていることになります。


 逆に先輩の上司も新人にあまりに厳しく接するのは、心理的に何
か不安を持っているからかもしれません?
posted by さっとん at 22:31| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。