2014年02月26日

ソチオリンピック後のロシア、日本

 NHKの「私も一言!夕方ニュース」でソチオリンピック後の国際情勢に
ついての解説がありました。
ソチオリンピックで日本が8つのメダルを取ったことは、大きな成果があ
ったと捉えてます。

一つの時代を作った集大成のジャンプの葛西紀明。
若き天才・スピードスケートの平野歩夢。
才能あるエリート フィギャースケートの羽生結弦。

 今回のソチオリンピックでプーチン政権は、
・ロシアのイメージを変える
・スポーツ大国の復活
・多民族国家の融和
・ロシアの芸術(開会式、閉会式など)の披露
・テロ対策

などで大きな成果をあげました。

 また若者を中心とした草の根ボランティア(1万8千人)も、ソーシャル
メディアなどでも賞賛されています。
今後クレムリンも多くの欧米の人たちと接した若者たちの経験を無視で
きなくなるだろうとのことです。

 懸念材料は、“ウクライナ危機”についてです。
・合法的政権ができるか?
・財政破綻を救えるか?

 ウクライナは、1986年4月26日にチェルノブイリ原発事故がありました
が、原発、核ミサイルなど軍事的拠点であり、国家が崩壊することは安全
保障面でも問題があるとのことです。


ラジオ時論公論「ソチ五輪はロシアに何を残したのか」
http://www.nhk.or.jp/hitokoto/sound140226.html

posted by さっとん at 18:44| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。