2014年02月21日

熱する市場! 家庭用コーヒーメーカー×コンビニの淹れたてコーヒー コーラえらいこっちゃ。

 スーパーに行くと目にするネッスルの家庭用コーヒーメーカー
が売れてるようです。
youtubeの動画を見ると、非常においしいと評判です。
しかし、僕にはサークルkのコーヒースタンドに行くので不要です。
べっぴんさんの店員さんが「Kカップ」を渡してくれるとてもおいし
いコーヒーが100円です。

なぜおいしいのかを調べたら「kカップ」がコーヒー豆のおいしさと
香り高い味をとじこめてるということがわかりました。

http://www.circleksunkus.jp/product/coffee/
(サークルk淹れたてコーヒー)
※僕はサークルkの回し者ではありません。
 一応100円のオリジナルテイスト派です。犬
100円でオリジナルテイストは買えますが、100円でブルーマウンテンは買えません。
あしからず。

 ネッスルに対応して、コカコーラも家で炭酸飲料を作れる機械を販売
するようです。
ますますひきこもりが増えないかも心配になります。


生誕80周年記念!横山光輝フェア(ebook japan)
http://www.ebookjapan.jp/ebj/special/yokoyama_80th.asp
項羽と劉邦が2巻まで無料で読めます。(2月27日まで)
posted by さっとん at 18:40| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

江川の高校時代はすごかった。

できるだけこの時間帯に一日の反省と明日の計画の意味をこめてブ
ログを書いてます。
午後7時過ぎにちりめん亭で中華そば(500円)を食べました。
ラーメンの基本といった感じの味で、気持ちが落ち着きます。

 日経新聞のスポーツ蘭の「キャンプリポート」に二刀流・日本ハム
の大谷が15日に行われた対外試合(DeNA)で好投、実践に強いところ
を見せたとのこと。
今年は大きな飛躍しそうな雰囲気を醸し出しているとべたほめです。

 大谷は160キロ近い球を投げますが、昔の江川は130キロ台で三振
の山を作ってました。
1ヶ月ほど前に、ツヨポンが高校時代の江川のビデオ(作新学院対銚
子商業)を持ってきてくれました。
もし、高校からプロに入っていたらいきなり20勝できたかもと思えて
きます。

またバッティングセンターに行きたくなってきました。犬

プロ野球.jpg

posted by さっとん at 22:50| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

「テレビ」はおもしろい。

先ほどジムで55分(300cal)6kmトレッドミルで走ったせいか非常に
眠いです。

 今日は午後3時に糖尿病を患ったものたちで、「テレビ」についての
討論会をしました。(僕はまだセーフです)
先週のバレンタインでチョコをもらったかの確認の後(奥さん、職場は
×)、「最近テレビの番組がものすごく面白くなってきてDVDに録画す
るのに忙しい」と、テレビをほとんど見ない僕に“テレビの勧め”があり
ました。

 子供の頃はテレビっ子だった僕が、40歳ぐらいを境に全くテレビを見
なくなりました。
ブログを書いて、フェイスブックに「いいね」を入れて、ツイッターとニュ
ースをチェックして、ツイキャスで「ラジオヤジ」さん、youtubeで「じ
へい」さん
を見てると、これ以上テレビに時間を浪費できません。

 5日ほど前にソチオリンピックのカーリングでロシアと日本の試合もおも
しろかったですが、ロシアの選手3人がモデルさんのように綺麗でスタイル
も抜群でした。
喫茶店のマスターが、「日本と全然違うわさ」と言われたので、「小笠原
は美人やと思います」と反論すると、「君の美的感覚は異次元やでな」と
ほめ言葉?をいただきました。犬

今までカーリングという競技に興味がなかったのですが、見ていると結構
おもしろくて奥が深いゲームなのがわかりました。

青年よ、「テレビ」を捨てて街に出よう!


  
posted by さっとん at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

非エリートが世界を制す   金平桂一郎 著 アスペクト

 今問題になっている「亀田問題」で、亀田ジムは日本で試合ができなく
なりました。
2005年4月に大阪のグリーンツダジムから協栄ジムに移籍し、亀田興起(
後に弟も入門)が2008年5月に契約解除になるまで所属してました。

 著者は前会長である父親から27億の負債を背負いますが、佐藤修、坂田
健司、亀田興起、佐藤洋太と4人の世界チャンピョンを輩出しました。
ボクシングジムの会長は、プロモーター(興行師)、マッチメイク、スポン
サー・マスコミ対応などの仕事が主になります。

 興行師の目から見ると、世間で「ダメ」と評価されている「非エリート」
ほど大きな可能性を秘めているように感じるそうです。

金平会長は、相手が不良やイレズミを入れてる人間でも受け入れます。
逆にそういった雑草の人間の方が根性があり、飛躍できる可能性があると
述べてます。

それと選手には試合の後も元気に家に帰れるように、細心の注意をはらって
いるのがわかりました。

 この本は、ボクシング業界の暴露本というものでなく、ビジネス書として
書かれてます。

・「ダメ」といわれる人間はどうして「ダメ」なのか。
・どうすれば人の闘志に火をつけ、奮い立たせられるか。
・戦える人材はどうやって育てるか。
・勝てる組織は、どうすれば作れるか。

 金平会長は、最近、職場で怒れない上司が増えてきていることに危惧を抱
いています。
下の人間が言うことを聞かない、成長できていない、さぼっている。
その責任は、ほとんどすべて上に立つものの責任と説いてます。
「ダメな人間」はいない。
その相手が本当にダメなら自分もダメになっている。
変わらなければならないのは、「自分」です。

そして、「自分自身を興行師として見る」視点が必要とのこと。

 ボクサーの場合は自分が頑張ればよいのですが、組織や企業では、部下や
後輩に活躍してもらわなければ困ります。
結果を出す組織にするのが「興行師」の仕事です。

 人が何かをするのを待つのではなく、自分がまっさきに動くことが大切だ
ということを教えてくれます。
金平会長140218.jpg


非エリートが世界を制す

posted by さっとん at 19:05| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

〔対談〕鈴木宗男×佐藤優   “鈴木宗男が考える日本”より

 2011年12月6日に栃木県の喜連川社会復帰センター(刑務所)から
仮釈放され、12月28日に「新党大地・真民主」を結成します。

きっかけは3・11の震災、原発事故での「政治の不在」を痛感した
こと。
政治主導を唱えながら、被災者の救援、被災地支援にスピードが全く
感じられなかったからです。

 一つの例として、原発事故の後、「計画的非難区域」「警戒区域」
など官僚用語ではなく、政治の言葉(「移住対象地域」)と言うべき
であったと述べてます。

「想定外」を政治家が使うことは、政治家が責任転嫁していると厳
しく批判しています。
「想定外」の状況に対応するのが政治家だからです。

 鈴木宗男氏が考える頭のよい政治家とは、人様の心をつかむこと
ができる人物、人の立場に立ってものが考えられる能力のある人で
す。

 日本人の勤勉さを奪ったのは、「政治」です。
がんばっても報われないシステム、新自由主義のハイエク型競争に
特化してしまったのが大きな原因と捉えてます。

 小泉さんは、ポピュリストとして非常に人気がありました。
靖国参拝を公約として実行し保守勢力から喝采を浴びましたが、
外交関係がいったん毀損されると回復が極めて困難になります。
小泉さんはぶれない政治家でしたが、ぶれないことで日中関係を
非常に難しくしてしまいました。
ポピュリズムでは「外交」はできません。

鈴木宗男が考える日本  洋泉社
 
http://wpb.shueisha.co.jp/2012/01/11/9023/
    (週刊プレnews)


posted by さっとん at 23:22| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

鈴木宗男が考える日本  まえがき

 60歳の時にフルマラソンを3時間57分11秒というすごい記録を
持つ「鈴木宗男」氏について、在ロシア連邦日本国大使館第一課
主任分析官であった知の巨匠「佐藤優」氏との対談です。

 二人の出会いは1991年6月モスクワで、当時、政務次官(外務
大臣に次ぐNo.2)であった鈴木氏が、現地に入り込んでいる佐藤
氏に興味を持ったところから始まります。

当時、佐藤氏は三等書記官で、上司から「鈴木はシンパを作ろう
としている危険人物だ」と警戒するように指示があったそうです。

 1991年8月クーデターが失敗に終わり、ソ連は崩壊します。
同年10月沿バルト三国(リトアニア・ラトビア・エストニア)との
関係樹立のため鈴木氏は、代表団の日本政府特使として交渉します。

 佐藤氏が政治家としての「鈴木宗男」と他の政治家との違いを3
点述べてます。

1.他人の気持ちになって(先読み)考えることができる。

2.行動に無駄がない。
 「明日できることは今日のうちにするな」と指示。
 やり直しが官僚のやる気をそぐことを熟知している。
 与えられた時間と環境で合格点を目指す姿勢。

3.他人の成功を妬まない。謙虚。

 著書は、「鈴木宗男入門」として難解な用語を避け、
わかりやすい表現で書かれてるので読みやすいです。

2002年 小泉政権(ポピュリズム政治と批判)下で、北
方領土交渉にて国益を裏切った容疑で、東京地方検察庁
特別捜査部に逮捕されます。

鈴木宗男140216.jpg
 
posted by さっとん at 18:19| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

サイバー戦線 異状あり トム・レイトン(Tom Leighton)  知の逆転

 20年後に人は、やったことよりやらなかったことを悔いるものだ。
だから、網を放ち港を出、帆を揚げ風をとらえて探検せよ、夢見よ、
発見せよ。
                  マーク・トウェイン

 トム・レイトン(Tom Leighton)は、マサチューセッツ工科大学
応用数学科の教授で、1998年に設立されたアカマイ・テクノロジー
社の取締役です。

・ネットワーク上のアルゴリズム(計算方法)
・暗号法
・分散コンピューティング「分散処理(Distributed Computing)
⇒複雑な情報処理をネットワークを通して複数のコンピューター上で
 行う。
・組み合わせ最適化

の論文を残してます。

誰も知らないインターネット上最大の会社で年商は1000億円にも
なります。
取引先は、グーグル、ヤフー、アップルなど主要な検索サイトのほ
とんどをカバーしています。


1999年3月「スターウォーズ」の予告編をリリースした際に、アク
セスが集中し、アップル社等のサーバーはダウンしてしまいますが、
アカマイ社のサーバーだけ唯一稼動し、スティーブ・ジョブズや世
界中のネット会社から注目されました。
大学と会社の連携の成功例です。

 あらゆるサービスがオンライン化、携帯化する中、ネットでは目
に見えない戦いが日夜繰り広げられ、「サイバー攻撃」は組織化し、
国家間の対立までエスカレートしています。

アカマイ社は、それらに対して「数学」「コード(ありとあらゆる
数字)」を武器に立ち向かって戦ってます。
基礎研究の積み重ねや研究を投資する体力は、他の会社では決して
まねができないのだそうです。

 知の逆転

 
posted by さっとん at 16:40| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。