2014年02月28日

嫌われる勇気  岸見一郎、古賀史健 著 ダイヤモンド社

先週の土曜日(22日)のニュースで、被災地の子供の4人に一人
が問題行動を起こすことを問題視してました。
家族の死、避難所の生活、いじめなど環境の激変で、心理的に傷
(トラウマ)を負った子供が学校の教育に適応できなくなるおそれ
があるとのこと。

『嫌われる勇気』

多分僕が2011年11月8日からブログを始めて、読んできた本に
ベストテンをつけるとしたら“第一位”です。

フロイト、ユング、アドラーを「心理学の三大巨頭」と言うそう
ですが、本書は「アドラー」の思想を哲学者と青年の対話形式で
議論していきます。

・なぜ人は変われないのか?

青年は、学歴、容姿、出自などさまざまなコンプレックスを持っ
ており、自分の今が幸せだとはとても感じることができません。

それは自分の過去の心の傷(トラウマ)によってもたらされたもの
であると青年は主張します。

しかし、哲学者は「トラウマ」というものは存在しないと否定しま
す。フロイトとは一線を画してます。

人は、「目的」にそって生きるものだというのがその根本思想にあ
るようです。

たとえば、ひきこもりの子供は、親の虐待、周囲のいじめ、無理解
によって今の状態に陥ったという考えを否定してます。

スタッフに無礼な態度をとられたと大声でどなった人が、自分の
感情を抑え切れなかったと言う理由を否定しています。

“人は「目的」を達成させるために行動する”
この本では、なぜ今まで自分は変われなかったのか?
どうすれば自分が幸せになれるのかを示してくれてます。
シンプルですが厳しいです。

今どんな境遇でも、年を取っていても、容姿にコンプレックスがあ
っても誰でも幸せに生きることができると言うことです。

心が覚醒するような衝撃を受けるかもしれません。犬



posted by さっとん at 18:15| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

震災があった日に、岡田斗司夫の「スマートノート」を読んでいた。

 身の回りのものを50個捨てると、次々にいいことが起こりだすと
のことで取り組んでます。
去年の2月28日のブログでも、「50個捨てなさい」を書いてたので
すが、なぜか“もったいない”が脳裏を支配し始めて、捨てる意識が
遠のいていきました。

今回は心を鬼にして、“捨て”に徹したいと思います。

 家の中を整理していると、高校時代の世界史のノートと311の震災
の当時書いてたノートが出てきました。

 岡田斗志夫の「スマートノート」で“天才”になろうとしてたのを
思い出しました。犬

 “天才”とは「見識」が非常に高い人のことを言います。
「見識」とは、「発想力」「表現力」「論理力」が一般人をはるか
に凌駕(りょうが)している状態です。


そしてここで言う「見識(知性)」とは、「知識」「人格」「教養」で成り
立ちます。
「知識」とは、情報を個人のフィルターで包んだもの。
「人格」とは、取り組んだ「知識」をどう解釈するかのスタンス。
「教養」とは、アカデミックな場所で研究され、確立されている
知識体系を指します。

 自分の知性が足りないと思われてる方は、毎日2ページノートに書く習
慣をつけることを推奨されてます。
ノートは、思考を高める装置なのです!

こんな本を読んでたのかと記憶がよみがえってきました。

岡田斗志夫.jpg

  
posted by さっとん at 18:39| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

ソチオリンピック後のロシア、日本

 NHKの「私も一言!夕方ニュース」でソチオリンピック後の国際情勢に
ついての解説がありました。
ソチオリンピックで日本が8つのメダルを取ったことは、大きな成果があ
ったと捉えてます。

一つの時代を作った集大成のジャンプの葛西紀明。
若き天才・スピードスケートの平野歩夢。
才能あるエリート フィギャースケートの羽生結弦。

 今回のソチオリンピックでプーチン政権は、
・ロシアのイメージを変える
・スポーツ大国の復活
・多民族国家の融和
・ロシアの芸術(開会式、閉会式など)の披露
・テロ対策

などで大きな成果をあげました。

 また若者を中心とした草の根ボランティア(1万8千人)も、ソーシャル
メディアなどでも賞賛されています。
今後クレムリンも多くの欧米の人たちと接した若者たちの経験を無視で
きなくなるだろうとのことです。

 懸念材料は、“ウクライナ危機”についてです。
・合法的政権ができるか?
・財政破綻を救えるか?

 ウクライナは、1986年4月26日にチェルノブイリ原発事故がありました
が、原発、核ミサイルなど軍事的拠点であり、国家が崩壊することは安全
保障面でも問題があるとのことです。


ラジオ時論公論「ソチ五輪はロシアに何を残したのか」
http://www.nhk.or.jp/hitokoto/sound140226.html

posted by さっとん at 18:44| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

新憲法で日本人の「気風」を変えよ!

2月25日の日経で、「コーヒー豆の先物市場に資金流入」が気になりま
した。
ブラジルが干ばつ気味の気候になり、減産懸念が広がったとのことで、
取引価格も高値をつけたそうです。
大のコーヒー好きの僕にとっては、今後が気になるところです。

コーヒー豆価格の推移 - 世界経済のネタ帳


「40歳以上はもういらない」田原総一朗 著で、対談した東 浩紀(あずま・
ひろき)さんの“新憲法で日本人の「気風」を変えよ”を読んでました。
東さんは、出版社「ゲンロン」を設立し、その代表をされてます。

福澤諭吉の「学問のすすめ」に「論語読みの論語知らず」がありますが、
経験の少ない僕が知識人の論理だけ学んでも、実践に生かしにくいという
ことを痛感する日々です。

明治維新において、福澤諭吉は日本人に必要なのは「気風の変化」と言って
ます。
福澤が一番重要だと考えたのは、市民の気持ちを変えることでした。

中国や韓国との領土問題が起きて以降、日本全体がナショナリズムに覆わ
れている。
ナショナリズムには「知らないものを知ろう、理解しよう」という好奇心が
ありません。

僕のような「インテリ」の今後の役割は、福澤がやろうとした「気風」を
変えることです。犬

自分のことを「インテリ」ということで、責任逃れをしない「思い」や「
偏り」をブログで発信していきます。

posted by さっとん at 23:09| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

ゴミ問題は難しい。

 どこの地域でも問題になっている「ごみ問題」で、“奥志摩タイムズ”に
よると、鳥羽市と広域連合による可燃ゴミ焼却場「やまだエコセンター」が
4月から稼動を始めるのですが、ゴミ3200トンの処理を伊賀市の民間業者に
委託することでもめているとのこと。

志摩市合併以前から進められてきたゴミ処理一元化のため、志摩町の志摩清
掃センターが稼動停止になることの撤回要求が出ているとの記事。

新しい処理場(やまだエコセンター)ができたことで、各地区の処分場は
閉鎖になります。

 ゴミの基礎知識として、「ゴミ」は、『産業廃棄物』と『一般廃棄物』に
分けられます。
『一般廃棄物』は、「家庭用廃棄物」と「事業系廃棄物」に分けられます。
 
「事業系廃棄物」の処理は、“廃棄法11条”で“事業者はその廃棄物を自ら処
理しなければならない”と法律で定められています。

大口市長のフェイスブックで調べてみると、志摩町4800軒のうち平日持ち込
み1%未満、盆正月前後で7%であり、志摩清掃センターを稼動させるとなる
と、1億2千万円/年間かかるのだそうです。
「家庭用廃棄物」に関しては、志摩清掃センターが稼働しなくてもきちんと
行政が処理をしてくれるので心配無用とのことです。


 まだまだ市民のゴミ分別は十分とはいいがたいところですが、「できると
ころから一歩ずつ」西川きよし師匠の言葉をかみしめて、ごみ問題にも関心
を持つことも市民の責務です。
高度成長時代の時のような無関心、人任せにしてては、立ち行かなくなって
いることに市民もそろそろ気づかなければなりません。犬

posted by さっとん at 17:06| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

ヒーローは疲労しているのだ。

昨晩は午後7時半過ぎに2月10日にオープンした「はますし」に行っ
てみると入口のところに20人ほど並んでたので、プラントで半額のすし
を買ったら一皿30円ぐらいでした。犬

 今日はジムで80分間エアロバイク&トレッドミルで汗を流しました。
ジムを出た後は体もしゃきっとしてましたが、3時間後の今非常に疲労
物質がたまってる状態です。

30代の頃はトレーニングをした後に疲れがありましたが、今は時間を
おいて疲れがおしよせてくる感じです。

 ちなみに、僕は自分に激しいトレーニングを課しているわけではあり
ません。

走ることが苦しいって?
それはひとえにあなたが自分が思っている以上のスピードで走ってい
るからです。
もしくは、学生時代に部活でやっていたイメージで走ろうとするからで
す。
「走っていてすぐ苦しくなると言う人、これは結論を急ぐ男性に多いで
す。
誰かに並ばれたらすぐに前に出るというように、今このときしか見えて
ないんですね」(齋藤さん)
 ハーハーゼーゼーいいながら走っても辛いばかりで楽しくありません。
ファンランに必要なのは、自分の心肺能力と常に相談すること。

(tarzan643 p32 ランニングのリアルな悩みをアンケートで集計、
 一挙解決! )

 更衣室でいっしょにトレッドミルで走ってた人から「ナカジマさん、
あんたちょっと肥えたんと違う?」とのするどい指摘にたじろぐ。
見てる人はきちんと見てる。
ビジネスにつながるものがランニング(マラソン)にあるのを実感します。
posted by さっとん at 21:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

40歳以上はもういらない    田原総一朗 著

NHKラジオでは1時間おきにニュースを5分間放送しているので、
世の中の動きに疎くならないよう「らじるらじる」で予約して聴い
てます。

EU(ヨーロッパ連合)が、日本からの食料品の輸入規制を4月1日よ
り見直すそうです。
しかし、福島は規制を継続、その他は緩和とのことで残念です。

またイタリアでは、25歳未満の失業率が40%で不満が高まって
いるのですが、新しい首相に民主党のマッテオ・レンツイ代表が
指名されました。
39歳です。(国政での当選回数は1回、安部首相は7回です)


バブルを知らず「失われた20年」の中で育った30歳前後。
この停滞した日本を動かす原動力として台頭しつつあります。

80年代まで日本が作った製品はずば抜けて品質が高かったのですが、
90年代に韓国、中国など人件費の安い国の台頭で競争力は落ちてい
きます。(1位から27位)

その原因として著者は、「日本的経営」をあげています。
・家族的経営による異分子の排除
・若手社員の抜擢をしない
・賃金横並び
・終身雇用⇒個性のない人間の集まり⇒社長にNOと言えない
・転職市場が脆弱

古い世代が作ってきた仕組みが支障をきたしているのをわかりなが
ら、バブルの時代に戻りたい根拠のない妄想が支配する。
この支配からの卒業が復活の第一歩かもしれません。
(お先豊かじゃないよ犬)

40歳以上.jpg
40歳以上はもういらない  田原総一朗 著
posted by さっとん at 22:41| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。