2014年01月24日

〜「ほめる」「励ます」が日本を変える〜 賞賛文化を根付かせよう

youtubeに登録しているトップユーチューバーのmegwinさんの動
画を見ていたら、「言葉の暴力」に大変つらい気持ちになったことを話
してました。

「よかったよ」「おもしろかった」「明日もがんばってください」など
ポジティブなコメントを書かれることはとてもうれしい。
逆に「こんなのおもしろくない」「帰れ」「アップするな」などネガテ
ィブな言葉は、自分自身をとても苦しめられることを訴えてました。

毎日ブログを書くのもしんどいのに、"動画"を毎日アップして会社まで
起こして社員を雇って、夢も大きく自分を強く持っている方です。

「誹謗」「中傷」で自分の動画をポジティブに楽しんでいる人の邪魔をし
てほしくないのが理由です。

「一人の例外もなく、全女性に決定的に作用するものです。この手段とは、
誰でも知っている・・・・・・例のお世辞という奴ですよ」
    ドストエフスキー「罪と罰」 悪役 スヴィドリガイロフの台詞

 人をほめるには洞察力や直観力が必要ということでもある。
誰の目にも明らかな成果や実績に対して客観的な評価を下すのは、褒める
こととは違う。
これも仕事上は必要だが、一種のフィードバッグ機能にすぎないのである。
  
一分間で伝える技術 齋藤 孝 著P188

 これからは減点主義ではなく、「賞賛」の文化により人を褒めて、励まし、
その気にさせることの方がmegwinさんのようなクリエイターだけでなく、
一般の人にも効果的なような気がしました。

posted by さっとん at 23:57| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。