2014年01月13日

猫はねをあげない。

 モリ京が毎月届けてくれるコミュニケーション情報誌“Maruiムティ”
といっしょに「LPガス輸入価格の高騰に伴うガス料金の改定(暫定)につ
いてのおねがい」の紙が一枚ついてました。

 LPガスの輸入価格が5ヶ月連続で値上がりが続いており今後も急激に
下がる見通しがないそうです。
来月2月の検針分より暫定値上げ(1㎥につき30円 税別)になります。

平成26年1月13日午後18時29分現在103円46銭なので、もし円高に動い
ても暫定価格ままの場合は、僕が灯油を買いにいくついでに聞いてくる予定
です。

 
 冬至が過ぎて日照時間が長くなるにつれて、若いメスはちょっとずつソ
ワソワし始め、気の早いメスは、正月過ぎに発情期を迎えるものもいる
そうです。

うちのチャンピー(めす)も朝なぜかニャーと切なそうに鳴いてます。
「猫のなるほど不思議学 岩崎るりは 著 小山修一 監修」を読んでると、
猫のメスは交尾をして初めて排卵するそうです。
4回以上の交尾刺激を受けてほぼ100%の排卵率となります。
メス猫が多情なのは、排卵を確実にするための必然的行為なのです。

 またオス猫の精液は非常に濃厚で人の8倍の濃さになります。
20分間に8回も交尾したという報告もあります。
交尾をすると一発命中を狙うオスも、さかりの強いメスの欲求に振り回され、
あしたのジョーのように燃え尽きて白い灰になってしまうものもいるそうで
す。

猫も人間もみんなみんな生きているんだ友達なんだ〜(^_^)
チャンピー140113.jpg

posted by さっとん at 19:03| Comment(0) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。