2014年01月05日

「恐怖」の記憶は遺伝する。

 今日(1/5)の日経の“ナゾ 謎 かがく”に、「恐怖」の記憶は
遺伝すると科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」が発表して
話題になってます。

 ネズミに化学物質のアセトフェノンの匂いと電気ショックを与え
ると、そのネズミの子供は、アセトフェノンの匂いを嗅いだだけで
反応するのだそうです。

また匂いを受ける細胞のレセプター(受容体)も、普通のネズミより
も大きくなります。

 フランスの生物学者のラマルクが、キリンが何世代も首を伸ばす
努力をして進化したと言う説は、現代の生物学では否定されてます。

進化は突然変異の中から生存や生殖に有利なものが自然に選択され
おこるというのが現在の通説です。

 僕が臆病なのは、両親が恐怖の記憶を持ってたからを証明する
のはまだ時間がかかりそうです。

 明日もがんばりましょう!(^_^)
posted by さっとん at 20:37| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。