2014年01月17日

NHKラジオで「今の時代にふさわしい消防団のあり方」を聴く。

 つい先ほどNHKラジオで大相撲中継の後に"私も一言 夕方ニュース"でNHK
山崎登解説員による「消防団の現状」についての話がありました。

昭和40年代は130万人(20代が半数以上)の消防団員がいましたが、現在は80万
人(20代は17%)となっており、今後、消防団活動を維持できない地域も増えて
くるようです。

 消防団員の謝礼は年2〜3万円で、1回出ると数千円ぐらいとのことです。

 「平成24年の調査で消防団に入らないか?」との質問に対し、"入らない"が
『70%以上』でした。

その理由として、就業構造の変化で70%以上がサラリーマンで、農業や自営など
比較的時間の融通が利きやすい人が減ってます。

そのため、火災が出ても出られないし、訓練にも出にくいなど障害があり、企業の
理解も必要です。

 東日本大震災では250人の消防団員が命を落としました。
地震や洪水、行方不明者の捜索、火事の消火、祭りの警備など危険ととなりあわ
せで代替が効かない役割なのに地域の人の理解がいまいち少ない。

 ある地域では、消防団員には商品の割引をしたりするところもあるそうです。
消防団員のあり方についても再考が必要なのかもしれません。
 
posted by さっとん at 18:48| Comment(0) | ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

イオンやコメリなどの小売が専門家を育成

 昨日(1/15)の日経新聞にイオンやコメリなどの小売が"専門知識を持った
専門家"を育成するそうです。

★イオン  自転車技士⇒年40人
      酒類(ワイン、日本酒)などの「リカーアドバイザー」430人⇒600人
      グリナリーマスター(フラワーアレンジメントの専門家)
                              500人⇒700人

★コメリ  農業アドバイザー 250人

★ニトリ  システムキッチンの専門家 470人

★ヤマダ電機  宅建取得者 400人

 消費者が生活スタイル全般を楽しむようになってきたことから、幅広い提案ができ
る人材を増やす必要が出ているため。

 ブロガーの専門家も育成してほしいところです。犬

      
posted by さっとん at 21:20| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

「努力でも解決できないことがある」と知る。

 曽野綾子さんの「人間にとって成熟とは何か」の第2話 "「努力で
も解決できないことがある」と知る"を読んでました。

小見出しとして
1.祈ったことがない人間は存在するか
2.「安心して暮らしていける社会」は幻想
3.人生は想定外そのもの

とあり、1ではクリスチャンという立場から、2011年3月11日に東日本
大震災において人間の存在を超えた存在の前では無力であることを痛感
されたことを記されてます。

2では、曽我さんが働いていた海外法人宣教者活動援助後援会(JOMAS)
がアフリカのマダガスカルの小さな都市に手術ができる費用を贈ったこ
とから、設備も医者の技術も低く、薬や電気も健康保険も交通もない地
域であることを知ります。

 口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)⇒生まれた時から唇が裂けたり、
裂けた部分がこぶのようになったりする。
口唇口蓋裂の赤ちゃんは、500人に一人の率で生まれるのだそうです。

日本では幼児期にお医者さんが治療するためほとんどいません。
この病気をほっておくと、発音ができにくく、聞き取りにくいので、仕
事にもつきにくく、いじめられたりすることが多く、大きなハンディキ
ャップになってしまいます。

そういった子供を救うプロジェクトを行っているのですが、大変な障害
がこれでもかと曽我さんを待ち受けているのです。

3は、努力は大切だが、それだけでは大人として一人前とは言えないこと
を肝に銘じたいです。
posted by さっとん at 22:32| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

180年前はもっと大変だった。

日曜日の午後3時半頃に阿児ライブラリーで5冊借りました。阿児ライブラリー140114.jpg

 石ノ森章太郎の「マンガ 日本の歴史40」の"内憂外患と天保の改革"
を読んでます。
今から180年ほど前の1833年(天保4年)から始まった慢性的な大飢饉は、
深刻な影響を全国に及ぼしていきました。
異常気象により稲の出穂期(しゅっすいき)に大風雨や大霜が襲い大凶作
で、東北の津軽藩では天保8年に4万5千人の餓死者を出しました。

 原因は凶作だけではなく、商人たちの買占めも原因で、庄屋邸の打ち
こわしに端を発し、酒屋、穀商、村役人宅を襲いました。
(加茂一揆)

儒学者 大塩平八郎は民の苦しみを見て大坂町奉行所にその救済を建言し
たが容れられず、ついに蜂起します。

飛田刑場(とびたけいじょう)で大塩の"遺体の処刑"が行われますが、
人々の心に「反権力」「世直し」の気運が生じる一方、飢饉による一揆な
どの多発で幕府や諸藩の財政を圧迫していくのでした。

阿児ライブラリー2 140114.jpg
(阿児ライブラリー 2月は特別整理月間で休みが多いので注意してください)


posted by さっとん at 20:12| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

里海と海女ちゃん

<賢島大学平成25年度 第9回講座の案内>

【題 名】里海と海女ちゃん

【講 師】川口 裕二(三重大学特任教授)

【日 時】2014年1月23日(木)午後7時〜9時

【場 所】志摩市阿児町賢島 代々木高校ホール

【駐車場】代々木高校前および近鉄独身寮前

【研修のテーマ】
    ・歴史ある伊勢志摩、そして海女ちゃんの活躍
    ・農村を守り、地域を守り続けてきた人々
    ・漁業は、体力と知恵の勝負
    ・漁村に生き明日に向かってはばたく人々を語る

【会 費】500円

【問合せ】代々木高校内・賢島大学事務局 西尾哲明
              電話:0599-43-6177

賢島物語第110号140114.pdf
(賢島物語110号 PDF)


posted by さっとん at 12:19| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

猫はねをあげない。

 モリ京が毎月届けてくれるコミュニケーション情報誌“Maruiムティ”
といっしょに「LPガス輸入価格の高騰に伴うガス料金の改定(暫定)につ
いてのおねがい」の紙が一枚ついてました。

 LPガスの輸入価格が5ヶ月連続で値上がりが続いており今後も急激に
下がる見通しがないそうです。
来月2月の検針分より暫定値上げ(1㎥につき30円 税別)になります。

平成26年1月13日午後18時29分現在103円46銭なので、もし円高に動い
ても暫定価格ままの場合は、僕が灯油を買いにいくついでに聞いてくる予定
です。

 
 冬至が過ぎて日照時間が長くなるにつれて、若いメスはちょっとずつソ
ワソワし始め、気の早いメスは、正月過ぎに発情期を迎えるものもいる
そうです。

うちのチャンピー(めす)も朝なぜかニャーと切なそうに鳴いてます。
「猫のなるほど不思議学 岩崎るりは 著 小山修一 監修」を読んでると、
猫のメスは交尾をして初めて排卵するそうです。
4回以上の交尾刺激を受けてほぼ100%の排卵率となります。
メス猫が多情なのは、排卵を確実にするための必然的行為なのです。

 またオス猫の精液は非常に濃厚で人の8倍の濃さになります。
20分間に8回も交尾したという報告もあります。
交尾をすると一発命中を狙うオスも、さかりの強いメスの欲求に振り回され、
あしたのジョーのように燃え尽きて白い灰になってしまうものもいるそうで
す。

猫も人間もみんなみんな生きているんだ友達なんだ〜(^_^)
チャンピー140113.jpg

posted by さっとん at 19:03| Comment(0) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

1分で大切なことを伝える技術   齋藤 孝 著

朝10時過ぎに喫茶店オリゾンにコーヒーを飲みに行くと、お客さんは
12,3人ほどいましたが皆僕より年上の方でした。
客観的に聞いてもそれほどおもしろくない話でも笑いがあり、人はいく
つになっても気兼ねない話ができる空間は必要なのだなと思いながらおい
しいコーヒーをいただいてました。犬


1分間で大切なことを伝える技術  齋藤 孝 著

 著者が1分で伝えることにこだわるのは、話が感覚的に、はじめと終わ
りが比較的見えやすい長さであるからと理由を述べてます。

またいつもストップウォッチで時間感覚を研ぎ澄ませれば仕事も確実に
早くできるとのこと。

時間は誰にとっても取り返しのつかない資源であり、数人で場を共有す
るということは、貴重な資源である時間を互いに供出し、プールしあう
と言うことである。
だとすれば、時間を守らないのは、その共有資源を一人で持ち逃げする
行為に等しい。
これがお金であれば、誰もが文句を言うところだろう。

結局、多くの人にとっておもしろいひとではなく、本人がおもしろいと
思っている立場の強い人が、より多く話してしまう状態になりやすいの
である。

(1分で大切なことを伝える技術P18〜19引用)

 テレビのコマーシャルは15秒〜20秒で視聴者に商品のイメージを伝
えるように1分と言う時間は決して短い時間ではありません。

 また仕事においても優秀な上司ほど結論を急ぐので、パワポなどでく
どくどと説明されるのを嫌います。
・「今何をすべきか」
・「そのためにどう行動すべきか」
・「そのために何を決定すべきか」

ポイントを的確に話せるかが評価の分かれ目になるとのことです。
説明に関してはパソコンよりも、仕事の本質に時間を割くためにも、説
明は1分以内にすべきと説いてます。

 読者を飽きさせない文章で、具体例やこのケースの場合はこうしたら
より効果的ではないかといった提案を示してあり非常に参考になります。
 
posted by さっとん at 21:50| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。