2013年11月28日

伊勢志摩里海学舎構想について

 本日の賢島大学の講師は、三重大学特任教授の松井 純 氏でした。
現在、(株)ときのえの経営に携わり、東紀州のみかん、ジャム、野菜、ひもの
などをMAXバリュー四日市店の特産物コーナーに置いてます。

 志摩市の65歳以上の高齢化率は35%で、南伊勢高校は廃校になるそうです。
人口の流出を抑えて少子化を止めるためには、高校(水産高校、志摩高校など)を
守ることが大切です。

水がない志摩地域では、大きな工場を誘致することはできません。

 松井教授の提案する“ウィークデイに宿泊施設のお客さんをうめる作戦”として、

・食、景観だけでない売り方
・大型宿泊施設以外の利用促進
・志摩市全体の施設、フィールドの利用促進
・起業促進、法人化の勧め
・兼業の勧め

をあげられました。
実際に東京でアコヤガイの解剖実習を授業料1万円で行ったりしたそうです。

 また立命館と志摩市が提携したことをビジネスチャンスとして捉えてほしいとの
ことです。
立命館には47,355名、三重大学には9195名の学生や教職員がいます。

水産高校の施設を三重大学の学生に利用させるなど、大学生が行き来できる環境を
整備できないか?

また、小中学校の宿泊、臨海、環境の学習の場の提供を具体的に提案。
私立学校では海の学び舎として臨海学校のニーズが高く、

・それらの学校側の要求を窓口として受け入れるワンストップサービスサービスの
設置。

・里海学舎内の移動手段の確保
・長期滞在できる宿泊施設の提供
・家族体験型・学習プログラム
・リピーターの充実と確保

などの話をしてくれました。

 従来、志摩の人々は、自然、景観、温暖な気候を利用して、真珠や農業や観光の
仕事で生計を立ててました。

里海里山をなぜ志摩市が力を入れているのかと言えば、「地元の子供たちが志摩で
仕事をして生計を立てるプロジェクト」であり、「僕らの老後を豊かにさせるため
のプロジェクト」なのです。

 残念ながら市民にその意識が高いとは言えませんが、無関心が自分たちの将来を
暗くすることは間違いありません。

<松井教授から志摩市民の方に考えてほしい5つの質問>

1.学べる 遊べる 稼げるの流れについてどう考えますか?

2.里海学舎はどうあるべきだと思いますか?

3.学校法人立命館や三重大学の連携をどのように進めるべきだと思いますか?

4.地域に「人を残す」「人を受け入れる」ことについて何が必要だと思いますか?

5.地域で「人、企業、市役所、学校」の役割を発展させ、連携させる手立てはある
か、何をするか、何ができるか?

matsui jyun.jpg

志摩市里海読本(PDF)
satoumidokuhon.pdf
posted by さっとん at 22:48| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1分で大切なことを伝える技術  齋藤 孝 著  PHP

 著者は明治大学の文学部の教授で、テレビ、書籍などもたくさん出てい
ます。

 なぜ1分間なのか?

感覚的に、はじめと終わりが比較的見やすい長さだからです。

 よく商工会やアリーナで説明会などに行くと、年配の方が手をあげて発表者
に対して質問をしますが、あいさつから始まって自分の所属や役職などのプロ
フィール、「本日はお忙しいところ」といった慣用句が入っていつ質問になる
のかといらいらさせられることがよくあります。

これは「簡潔にまとめて話す」というトレーニングができてないからです。

 また答える方も、まず結論から話してくれると聞いてて理解が進むのですが、
そういった機会に遭遇することもまれです。

基本的に福沢諭吉の時代までスピーチという概念が日本にはまったくなかった
そうです。

飲み会のような家族的な文脈の中での情緒的な共感がコミュニケーションの中
心でした。
ところが今は、短い時間で意味のある話をしないと評価されにくくなってます。

 技術的なチェックポイントとして
・具体例がったか
・わかりやすいか
・簡潔か
・キーコンセプトは入れたか
・デメリットを含めたか
・1分以内に説明したか

をあげています。

1分で大切なことを伝える技術  齋藤 孝 著  PHP

1pundetaisetsu.jpg

posted by さっとん at 17:19| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

8割捨てればうまくいく  竹内清文 著  PHP

 著者は元JICA(ジャイカ)の職員で、現在は「ガラクタ整理師」として
主にセミナーなどの講演活動をされてます。

 「ガラクタ」の定義として、

・使わないもの
・整理されてないもの
・未完成なもの
・押し込んだもの
・好きでないもの
・乱雑なもの

などをあげています。

その悪影響として、
1.自分を恥じる
2.先延ばしにする
3.お金がかかる
4.人から尊敬されない

という悲惨な状況が待っているとのこと。

その逆に好影響として
1.新しいスペースの確保
2.心の安定
3.流れがよくなり、チャンス増大
4.新しいスタート
5.「足し算」から「引き算」の生き方へ

ということで、わくわく感が人生を変えるかもとのことです。

一番捨てたいのが“奥さん”“だんな”“恋人”の方は別の本を読んでください。犬

心と部屋のおおそうじ(今年の2月にも同じような本を読んでました)
 http://sutekinasatton.seesaa.net/article/334031120.html

8warisutereba.jpg

posted by さっとん at 17:42| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

クビでも年収1億円  小玉歩 著 富士見書房

 「鶏口となるも牛後となるなかれ(鶏口牛後=けいこうぎゅうご)」
 
 著者は新潟大学を卒業後、大企業であるキャノンマーケティングジャパンに入社。
トップセールスになり、社長賞を受賞するも昇給が同僚と月3千円しか変わらない
大企業の仕組みに直面。
働かない先輩、年功序列システム、上がつまっている垂直硬直的な組織の欠陥、“頑
張った努力はいずれ報わる”ことがないことを確信した著者は会社を退社。

 今後、知的労働者(ナレッジワーカー)の仕事、すなわち反復性、再現性の高い
ルーティンワークはネットやアジア新興国の低賃金ワーカーにアウトソーシングさ
れます。
数値や事象を管理する仕事(プログラマーなど)や知識を伝達する仕事(教師など)
を例にあげています。

 著者はヤオフクに活路を見出し、仕入れを繰り返してネットでのノウハウを高め、
その経験ノウハウを情報商材として売ことで短期間に収入を増やしていきます。

・空気を読まず帰る。
・携帯の電源を切る。
・飲み会は無視する。
・資格は取らない。
・名刺は捨てる。
・同僚とランチに行かない。
・決断、行動を早くする。

 自分にとって今一番大事なことは何か?
それに自分の時間をつぎ込むことが不透明な明日の活路を見出してくれること
を再認識しました。

 
                    阿児ライブラリーで借りれます。犬


posted by さっとん at 10:48| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

ゴミ行政はどこが間違っているのか。(その1)   熊本一規 著 合同出版  第4章 家庭ごみは誰が処理すべきか?

第4章 家庭ゴミは誰が処理すべきか?

 著者は明治学院大学の教授で、「海の守り人論」「ゴミを斬る」「木曾川を
守る」などの多数の著作があります。

 一般廃棄物のゴミの処理は、地方自治法2条により“自治体の固有の事務”と
定められてます。
それは家庭ゴミが主にみんなが出す生ゴミであった時代の制度に制定されたも
のです。

 最近は消費財としての生産費は低いが、処理費用が高いペットボトルなどポリ
エチレンなどのゴミが増えてます。
(一本あたりの処理費が約60円)

逆に消費財としての生産費は高いが、処理費用が安いリターナル瓶とのトータ
ルコストを考慮に入れるべきと述べてます。

 また処理費は生産者負担、消費者負担にさせるべきだと主張されてます。
その理由として、塩ビ系のゴミは環境ホルモンやダイオキシンなどの問題も含
み、環境によくない、塩ビのゴミ処理コストが増大しているとの理由から買わ
ない人も増えてます。
現在の住民負担では、非常に不平等になってしまうからです。

 「有料化」によって不法投棄が増えたり、1〜2年後に増加傾向になる地域も
非常に多いようです。

 水道や電気は、「正の財」
 廃棄物は、「負の財」であり、下水と同じで、分別がいいかけんでも本人は
全然困りません。
(電気の場合は電気代がかかる)


ゴミ行政はどこが間違っているのか


                     (阿児ライブラリーで借りてます。)
posted by さっとん at 12:42| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

伊勢志摩里海学舎構想について

【11月の教養講座案内】賢島大学 里海・海洋学部事業

「伊勢志摩里海学舎の構想について」

〔期 日〕2013年11月28日(木)19:00〜

〔場 所〕代々木高等学校ホール

〔講 師〕松井 純 先生(三重大学特任教授)

〔会 費〕500円(半年会費1500円がお得です。)

〔お問い合せ等〕賢島 代々木高校内 賢島大学事務局 西尾
                     電話 0599-43-6177


・賢島からの発信
kashikojima20131115.pdf
・立神秋物語2013
tategami20131124.pdf

 
posted by さっとん at 17:38| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

ギターコンサートの後に大島すしに行く。

 先週の土曜日(11/9)の“ギターを楽しむ会”の後に「大島すし」に行きまし
た。
ここは、志摩市が売り出している安乗(あのり)ふぐもメニューにあり、僕は時々
すしの盛り合わせを食べます。

餅は餅屋、すしはすし屋で食べるものだと実感します。
ooshimasushi.jpeg
(大島すし)

ooshimasuhi2.jpg
(盛り合わせ)

oohsimasushi3.jpg
(まぐろ)
posted by さっとん at 22:58| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

河崎商人館

 10月24日の賢島大学では、河崎商人館学芸員の西城利夫さんの話もありました。

 昭和49年7月7日に伊勢地方は水害により中心部が水に浸る事態になりました。
その対策として川幅を広げました。
また地域資源を活用して町づくりをしていこうと平成11年11月にNPO法人 伊勢
河崎町づくり衆が設立されました。

平成14年8月に公設民営&独立採算制の河崎商人館が開館されて、平成18年には
指定管理者制度を導入して、昔の町並みを再現させながら各種の展示、イベント
などが催されています。

 多くの人が自分が住んでいる町を誇りに思い、住んでよかった町でありたい
と思いながら、日常の忙しさから町の歴史や文化などにふれあう余裕がありま
せん。

また町おこしの中心メンバーも高齢化などで次世代にどうバトンタッチをして
いくか模索されているようです。

平成16年に景観法が施行され、町並みを保存、維持していくことは、自分が
住んでいる町の付加価値を上げることにつながるという意識を持っていきた
いものです。

河崎かわら版
kawakaki1.pdf

賢島大学レジュメ
kawasaki2.pdf

僕のメモ書き
kawasaki syounin1.jpg
posted by さっとん at 23:17| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

10月14日に志摩市の景観法について賢島大学でひぃ〜君が説明をしてくれた。

先月(10月)の24日(木)に賢島大学で、「志摩市の景観について考える」と
いうことで市役所の方たちによる説明が1時間ほどありました。

美しい自然環境や歴史的な町並みを守っていくために、建物の高さや色や豊か
な自然資産を守るためにさまざまな規制を適用していきます。

興味のある方は、以下の資料を読んでみてください。
shimashikeikan.pdfshimashikeikan.pdf

shimashikeikan2.pdf



(賢島大学で景観法について説明をするひぃ〜君)

posted by さっとん at 19:58| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

志摩ギターを楽しむ会のコンサート

 9日の土曜日の午後7時より阿児アリーナミーティングルームにて、志摩ギター
を楽しむ会のコンサートがありました。
今回で14回目で春と秋の年2回開催されます。

 トップバッターの小林さんの“アルハンブラ宮殿の想い出”という非常に有名
な曲からスタートしました。
イスラム教徒の宮殿であったアルハンブラ宮殿は、キリスト教徒の迫害により、
宮殿を出て行きますが、非常にすばらしい宮殿に感銘したキリスト教徒は、壊す
ことなくその城に入ります。
もし、キリスト教徒により壊されていたらこの名曲は生まれなかったのだそうで
す。

 次に吉川さんの“放課後の音楽室(ゴンチチ)”“君がほしい(サティー)”。
誰でもどこかで聞いたメロディーラインの曲です。
“放課後の音楽室”は、高校の教科書にも掲載されているとのこと。

小林さん、吉川さんの演奏が非常によかったのでここちよい眠気に襲われまし
た。

 次に伊勢でギター教室を開きながら、演奏活動も精力的にされている広垣さ
んの小胎剛編曲による童謡、民謡、バッハ、ジュリアーニなどを演奏されました。
11弦ギターの“禁じられた遊び”も印象に残りました。

最後に広垣さん&吉川さんの二重奏によるメキシコ、スペインなどラテン系の
曲を弾いてくれました。

 これだけの演奏を500円で聴けるというのは非常にお得感があるせいか、今
回は聞きに来られている方も多かったです。

次回は春(5月ぐらい)にある予定です。

志摩ギターを楽しむ会のホームページ
 http://shimaguitar.web.fc2.com/

guiter.jpg

guiter2.pdf

posted by さっとん at 23:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索