2013年07月18日

高校生の考える里海

 伊勢志摩元気プロジェクト賢島大学 里海・海洋学部 7月教養講座
「高校生が考える里海」が代々木高校ホールで午後7時から行われまし
た。

司会は西尾哲明先生、助言を志摩市里海推進室 橋本勝弘さんと浦中秀
人さん、ゲストに地元の高校3年生5名で行われました。

 まず高校生がイメージする「海」は、
・身近なもの 大橋の景観
・リアス式海岸
・真珠
・夏泳ぐ場所
・きれい

 水産業などで気になることとして
・ゴミが多い
・真珠のあこや貝が育ちにくい、売りにくい
・海がよごれて魚などが取れなくなってきてる

 伊勢えび、あわび、あのりふぐ、車えび、カツオなど志摩には豊富な資
源があり、今後、地元に残る人も進学や就職で都会に出る人も志摩のPRを
してくれる大使として活躍してほしいとの希望を述べられる方もいました。

「知人や友人に故郷のことを伝えたい気持ちを大事にしてほしい」という
メッセージもありました。

 しかしながら「里海」についての質問は、5人とも回答に窮してました。
・たくさんのお金を投入しているのに若い人に全く浸透していない。
・里海のイベントも一部の業者や人の利益にしかならないのではないか。
・漁獲高がどれだけ上がったなどの具体的な数字が見えてこない。
・学校で地元を知るという取り組みはされてないのか?

などの意見がありました。

 日本は世界で6番目に広い海(排他的経済水域)を持つ国です。
今後、工場の誘致などができない志摩市が生きていくためには、海や山の
環境をよくしていくことは避けて通れない課題です。

もう一昔前のような開発を進めていくという考え方から脱皮しないと、町
は衰退していくという危機感の共有が欲しいところです。
posted by さっとん at 21:36| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

里海についてまとめてみた。

 今晩(18日)午後7時に賢島大学で「高校生の考える里海」というテーマで
ディスカッションがあるので、僕が賢島大学で学んだ「里海」についてまと
めてみた。

このブログの下のところに検索窓があり、『里海』を復習してみました。


 1946年に伊勢志摩国立公園が制定されました。
市(鳥羽市・志摩市)全体が国立公園という全国的にもめずらしい地域になり
ます。

・沿岸環境を賢く利用すること
・生物の多様性維持、保全
・将来にわたって利用し続けられること

が「里海」の目的になります。

 英虞湾(あごわん)は、湾口が狭く浅いため、海水の交換が悪いため、
・赤潮
・貧酸素
・漁業生産の低下

埋め立てによる干潟(ひがた)、浅場、藻場(もば)が減少し、自然浄化
力も低下しています。

 英虞湾では、従来185haの干潟が現在84haと70%も消失してしまいまし
た。

現在、アマモ場を再生させたり、クロノリ(アマノリ類)、アオノリ(ヒトエ
グサ)などによるリン・チッ素の回収などの取り組みも行われています。

 賢島大学では、

・どうしたら楽しく住めるか?
・どれだけの雇用が作れるのか?
・志摩ブランドを定着させるには?
・文化、伝統、郷土料理、B級グルメ、あおさクリーム(水産高校)をいかに
発信していくか?

などの意見交換も活発に行われてます。
 
posted by さっとん at 17:00| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

テレビの金持ち目線  和田秀樹 著   ベスト新書

 著者は有名な精神科医ですが、うつ病など心の病気を患った方と接して
いる中で、テレビにおける「生活保護バッシング」に大変心を痛めてます。

お笑いタレントの親が不正受給をしていたということで、生活保護を大幅
削減、廃止すべきだという論調が毎日のようにテレビで放送されました。

とても大きな影響力のあるテレビが、制作サイドも現場を知らないで作ら
れていることを、著者の広い知見で論理的に批判を展開しています。

 そのことにより本当に生活保護の申請が必要な人が申請しにくい雰囲気
がかもしだされました。
病気を悪化させた方もいるでしょう。

今の日本では、病気、離婚、失業、災害にあっても十分余裕がある人の方
が少ないのではないでしょうか?



 欧州では当然の権利である『生活保護』を現在日本で受けている人は、
2012年3月現在で約210万人。

財政難の中、社会保障費を圧迫するなどの理由で最後のセーフティーネッ
トである生活保護を削減しようという動きが出ています。

 ところがGDP(国内総生産)で見ると日本は0.3%でアメリカの3.7%より
も低く、欧州の5分の1から10分の1なのだそうです。

年間の生活保護費は、3兆7000億円で不正受給は2000億円ぐらいです。
そして生活保護費の4割は医療費に使われています。


 この20年間で賃金が17%減らされました。
企業経営者は、コスト削減、リストラに走り、消費はどんどん衰弱してい
きました。
生活保護費は、ほぼ100%消費に回ります。

民間の厳しい実態を全面に出しての実態とかけ離れた「公務員たたき」の番
組も多くありましたが、テレビ局の社員の平均年収は1500万円と言われてま
す。

今、パチンコ、酒などの広告をWHO(世界保健機関)から規制を設けるよう
にの勧告を無視しており、テレビで高給を批判する番組は皆無です。

弱い立場の人をたたけば、そのつけは自分に回ってくるということ忘れない
ようにしたいものです。

posted by さっとん at 15:42| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

ウルトラマンがいた時代  小谷野 敦 著  ベスト新書

 日本初めての特撮映画は、1954年の「ゴジラ」なのですが、その後も
モスラ、キングコング、キングキドラ、ガメラ(1966)と続きます。

当時の特撮ものは、ジャリ番“子供番組”と軽視され、俳優もまともな
俳優扱いをされてなかったようです。

1966年 ウルトラQシリーズとして「ウルトラマン」が登場。
    マグマ大使
1967年 ジャイアント・ロボ
1968年 ウルトラセブン

※マグマ大使は、ギリシャ彫刻を日本風にした顔立ち。
 ジャイアントロボは、スフィンクスをモデルにしている。
 著者はジャイアントロボの容貌を悲哀感をたたえた見事なもので、特
撮ヒーロー史上ベストと絶賛。

 ところが70年代になると人間の顔をした巨大ヒーローがいなくなります。

1970年にドラえもんが小学館の「小学一年生」に登場。
若い人から見ると、ドラえもんの登場をリアルタイムで見たという体験
は、僕の世代(1962年生)にとっては太平洋戦争の体験に匹敵します。


1971年 帰ってきたウルトラマン登場

71年のヒット曲は、小柳ルミ子「わたしの城下町」
         中条きよし「うそ」
         金井克子「他人の関係」
         尾崎紀世彦「また逢う日まで」
 カップヌードル、サッポロ一番、レトルトカレーが発売されました。

72年1月にガアム島の森の中から横井庄一さん発見。
  2月札幌オリンピック トワエモアの「虹と雪のバラード」
浅間山荘事件
  4月田中角栄が総理大臣
    日中国交回復 パンダ上野動物園

ウルトラマンや巨大ヒーロー、怪獣を通して、どのような時代であった
のか?
流行、人々の思い、政治、社会を振り返ってます。
「懐かしくて泣けてくる」看板に偽りなしです。

posted by さっとん at 15:17| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

「高校生の考える里海」 

<2013年7月の教養講座・賢島大学里海海洋学部>

「高校生の考える里海」


 真珠養殖を誇る英虞湾、五ヵ所湾、的矢湾、鳥羽湾もリアス式海岸と
して知られる絶景の海辺、真珠を育ててくれる故郷の自然は素晴らしい
ものです。

 戦後初の国立公園になった伊勢志摩には、私たちが住む志摩市があり、
鳥羽市、南伊勢町があります。
伊勢志摩は、戦後と現在の状況は大きな違いが出てきていますが、みん
なで今の将来の海のことについて考える必要がありそうです。

 今回は市内の高校生数人に集まっていただき、高校生の知らない昔の
海、高校生が見る、感じる今の海、そしてこれからの海について話し合
ってみたいと思います。

<期 日>2013年7月18日(木)午後7時〜

<場 所>代々木高等学校ホール

<司 会>西尾 哲明(賢島大学事務局)

<助言者>相談中(志摩市里海推進室)

<パネリスト>市内高校生数人

<会 費>500円(会費で講師の先生への謝礼や運営費に使わせて
         いただきます)

<問合せ>代々木高校内 賢島大学事務局 西尾
            電話 0599-43-6177
posted by さっとん at 13:35| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モテる。

 今日の日経新聞の「物価考」で、人口減がデフレの原因ではないことが、
“人口変動と物価の関係”の表からわかりました。
世界で日本だけが長期デフレに陥っており、人口の減ってるドイツやロシア
などはインフレで困っているようです。

今日は三重県関連の記事が多く、“海女文化継承PRを強化”では、海女存
続に危機感を覚えた三重県が、5月に「海女保存会」を設置、ユネスコの
無形文化遺産登録を最終目標と定めました。

「2013参院選」では、アベノミクスで“潤う観光”“苦境の漁業”という
記事があり、三重県県水産資源課によると、漁船に使うA重油は昨年末から
5%ほど上昇、魚の値段の低迷と漁獲量の減少、燃料費高が追い打ちをかけ
ているとのこと。
若者の漁業離れは深刻で、県漁協によると、組合員数は昨年12月時点で
約1万7千人とここ20年で4割以上減ったそうです。


 話しは変わり、先々週の日曜日(7日)にに野球で一緒にプレイしたやっち
ゃんのお父さんがなくなり虹のホールで葬儀が行われました。
 土曜日に洗濯した礼服を配達に行くと、小学校2年生の娘のいっちゃんが
以前僕が披露した“とど”のものまねがバカ受けで、いつ来るのか首を長く
して待ってくれていたそうです。
自分が知らないところで、僕を待ち続けていてくれる女の子がいたことに感
無量でした。
まだまだ僕はモテることを確信しました。
posted by さっとん at 12:37| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

なぜ食欲が落ちるのか    猫を見習おう。

つい先ほどNHK第一ラジオの“すっぴん”で、酵素についての話があ
りました。
その中で“夏はなぜ食欲が落ちるのか”という疑問に対してとてもわ
かりやすく説明されてたので、僕の解釈で書いてみます。

まず酵素とは、「細胞内で作られ、生体内のほとんどの化学反応の触
媒の働きをする、たんぱく質を主体とする高分子化合物」をいいます。

体内の主な酵素として、「消化酵素」と「代謝酵素」があります。

「消化酵素」とは、食べたものの消化・吸収を行うもので、
ごはん(でんぷん等)を分解するアミラーゼ
肉類(タンパク質)を分解するプロテマーゼ
脂肪を分解するリパーゼなどがあります。

「代謝酵素」とは、体全体の調整を行うもので、栄養をエネルギーに
変えます。

「消化酵素」「代謝酵素」とも体内で作られる量に限りがあります。
そのため夏に汗をたくさんかくと「代謝酵素」がたくさん生産され、
「消化酵素」
の生産が少なくなるため食欲が落ちるのだそうです。

また腸に未消化の不要なものが残るために体がだるくなるとのこと
です。

 
 この時期に一番よいのは、たくさん寝ることで、猫が暑い日はじ
っとして寝ているのは合理的な行動なのだと朝から気づかされまし
た。猫

neko34.jpg
(この時期はほとんど押入れの中です。)

posted by さっとん at 10:24| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。