2013年06月21日

働き方がひどくなっている。

 おととい喫茶店で話をしてた時に「息子が九州に日帰り出張に行った」
とのことで、朝4時半に出て家に帰ってきたのが翌日の午前1時。
その日の朝6時に出勤とのことで、
「もしかしたらそこは今はやりの“ブラック企業”かも」とポロっと余計
なことを言ってしまいました。

 しかし、つい先ほどNHKラジオの私も一言夕方ニュースで関西大学教授 
森岡孝二さんの話を聴いてて非常にショックを受けました。

「過労死防止基本法」を制定しなければならないほど、長時間勤務によ
る過労、上司からのDV、いやがらせなどでうつなど精神疾患に陥る方が
急増しています。

この20年間で日本の労働環境は非常に悪くなっています。

その原因として、

・グローバル化による中国など新興国との競争に労働者がさらされている。
・コンビニやファミレスのように経済のサービス化により、消費者が便利
になった分労働がきつくなっている。
・消費の変化で末端まで完璧を求められる。
・メールやネットの急速な発達でオンとオフの区別がなく仕事が続く。

などが挙げられてました。

 厚生労働省では週80時間以上働くと病気になるリスクが高まると警鐘を
鳴らしてます。

一応、労働基準法という法律で、週40時間以上働かせてはならないことに
なってます。

ところが、『36協定』で労働、使用者の同意があればいくらでも労働時間
を増やせるのだそうです。
ここがざる法と言われる所以です。

 残業をした分をきちんと支払ってもらえればよいのですが、サービス残
業を強要されるなど悪化の一途をたどっているのが現状です。

外食やコンビニ、SEなど急成長の企業ほど組合がないため、長時間勤務が
常態化してしまっていると指摘。

 日本はILO(国際労働機関)に批准していません。
国連も日本に過重労働対策の法を作れと勧告しています。
政府も雇用政策に関して企業よりになっているため、特に若年層のしわよ
せが顕著になっているようです。

EUでは残業も含めて48時間を超えてはならず、次の仕事までインターバル
を11時間以上取らなければなりません。

グローバル化と言うのは労働条件も含めたものであってほしいものです。


「いずれかの国が人道的な労働条件を採用しないことは、自国における労働
条件の改善を希望する他の国の障害となる」(ILO憲章)


http://www.zephyr.dti.ne.jp/~kmorioka/
          森岡孝二先生のホームページ

 
posted by さっとん at 19:27| Comment(0) | ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひぃ〜君ありがとう。

 先週の7日(金)に中日ビル横の“漁場”で、ひぃ〜君とY君で飲んで
ました。
「うちの庭の草がまた伸びてきて困っとる」と話すと、
「また刈りに行ったるわ」と答えてくれた15時間後に機材を持って家に
来てくれました。

 約1時間少しで庭のほとんどの草を刈ると、ぷーんと気持ちのよい香
りに包まれて幸せな気持ちになりました。

猫hiikun.jpg
(15年後にマートとともに人材センターのツートップを争うだろうチー
ムS・キャプテンのひぃ〜君)
posted by さっとん at 18:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

自分を好きになれない原因

アオキーズピザが8、9日と半額になる。
都会ではピザが牛丼のように安くなってきていると聞いたので、ピザが半額と
言って喜んでいると都会人から田舎者扱いされるかもしれない。

 前回youtubeに上げた自分の動画を見て衝撃を受ける。
・口をしっかりあけて話してないのでこもったように聞こえてしまう。
・「え〜」とかの口癖がある。
・声が小さい。

 アーロン・ベッグという医者によれば、自分が好きになれない原因は、
・わるい方に「拡大解釈」
・「自己関連ずけ」
・「結論の飛躍」

とあるが、客観的に自分を見るのは冷静さと勇気が必要だ。
今後はより改善していこうと誓うが、睡魔が襲ってきたので今日はこのへん
で。
posted by さっとん at 23:11| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

結局、さっとんは儲かっているのか? ⇒もう○がない(;_;)

 今日から「1分間プレゼンテーション」の練習をしようとyoutubeを利用することに
した。
読んだ本や聞いた話などを1分にそぎ落として発信していく予定だ。
撮影はビデオカメラを持ってないのでiPhoneで取り、撮って出しの編集なしだ。

 朝8時にNHKラジオ第一の藤井あやこアナウンサーの「すっぴん」で、板越ジョージ
氏の「結局、日本のアニメは儲かっているのか?」の紹介があった。

外国では日本のアニメがとても人気があり、政府もコンテンツビジネスに力を入れ始
めている。

 だが、実際のところ日本のアニメは儲かってないようだ。
その原因のひとつに“著作権”の問題がある。

アメリカやイギリスは著作権を管理する組織が一元化されているが、日本の場合は、
実演家やレコード会社に著作隣接権としての権利が煩雑で手間と時間がかかりすぎ
る弱点があるようだ。

 また今はCDやDVDなどのパッケージで売る時代ではなくなっているとのこと。
世の中の変化が早いなと感じる今日この頃である。

【恥聡論】

http://www.youtube.com/watch?v=bGyjMyAI_80
posted by さっとん at 23:35| Comment(0) | ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。