2013年04月18日

ナカジマは洗脳されてしまったのか?

 3月26日からアマゾンのkindle paperwhiteを購入して、本を読むのが
苦痛でなくなった。
文字が大きくなることで、本を読む抵抗感がかなり解消される。
kindle storeでワンクリックでダウンロードできるのも楽だ。

 今読んでいるのが、京セラの名誉会長・稲盛和夫氏の「生き方」だ。
新聞広告では100万部を超えたと出てたので読まれた方もいるかもしれない。

 なぜ自分の人生を思うように生きれないのか?

ひとつに「思い」の強さがないからだという。
寝ても覚めても強烈に思い続けなけること。
心を磨き、努力し、真面目に愚直に仕事、勉強に取り組む。

 早起きするには早く寝ることが大切だというような当たり前のこと
だが日常の慌しさで忘れていることを気づかせてくれる。
kindle読書習慣をつけるに格好の一冊だ。
posted by さっとん at 00:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。