2012年10月14日

図で考える

 今日は、つよポンとカクテル(パチンコ屋)隣の「蕾(つぼみ)」で近況報告会を
しました。

 僕が「マンダラート」とであったのは、阿児ライブラリで今泉浩晃 氏の「頭の使
い方が問題なんだ」という本を借りた時です。

普通のノートの罫線が僕の思考に大きな影響を与えていたという気づきがあり、
衝撃を受けました。

学校では「いかに正しい答えを導き出すか」が重要視されてましたが、マンダラの
ノートは、間違ってもよいからとにかく周囲の8つのセルを埋めてみようと唱えて
ます。

ノートの形式を変えることで発想や物の見方も変わることを教えられました。

僕の中では、マンダラートのアプリ「imandarart」は、iPhoneのキラーアプリ
になってます。

 斬新な発想やアイディアはいまだ皆無ですが、自分が思ったことを書くので、
頭の中がすっきりします。

自分の思っていることを図解やマインドマップにすると俯瞰(ふかん)的に全体
が見れるので今やらなければならないことを忘れることが少なくなりました。

僕のようなバブル崩壊後、何十年も行き詰っている者ほど図やイラストなどで状況
をしっかり見据え、状況を打破していく必要性を痛切に感じます。

cleaning.png
(imandarartのキーワードをマインドマップで表現)


posted by さっとん at 22:37| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。