2012年10月12日

玉串奉奠(タマグシホウテン)

午前11時よりセレモ会館にて、小中の同級生のえっちゃんのお父さん
の葬儀に行ってきました。
えっちゃんは、ニュージーランドに在住していますが、4,5年ほど前に
帰国した際にイーストポイントで会って以来です。

 僕の地域では、葬儀はほとんど仏式が多いのですが、えっちゃんの家
は神式でいつもとかってがかなり違いました。

隣の席に昭和堂のおじさんが座り、「○○さんは、わしの同級やったが、
同級のもんは来てないのう」とつぶやかれてました。

仏式の告別式にあたる儀式を、神式葬儀では、「葬場祭」といいます。

玉串奉奠(タマグシホウテン)という儀式では、ほとんどなじみがない
ので、前の方の動作を食い入るように見よう見真似で榊(さかき)の小
枝を供えました。
玉串奉奠(タマグシホウテン)は、仏式の焼香にあたります。

2回礼をして、2回音をたてず拍手をして、一礼をする。

 式が終わり帰り際に「いつまでこちらに滞在してるの?」と尋ねたら
「28日まで」と答えてくれました。

ご冥福をお祈りします。

神式葬儀のマナー
http://www.e-sogi.com/sanretsu/saho_s.html
posted by さっとん at 21:14| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。