2012年10月11日

出したらしまえないのは無能なのか?

 なぜか家の中に本や書類、カード、かばんなどが乱雑に広がっている
のを何とかしたいと思ってました。
一時に馬力をかけて整理整頓しても約10日ほどで崩れてしまい、元の木
阿弥になってしまうのはなぜか?

 「すぐに必要なものが取り出せる状態にすること」などといったテク
ニックは、非常に高度なものでした。
かたづけ上手になりたいが、どうしていつもリバウンドしてしまうのか?


 “出したらしまえない人へ 荒井有里 著


 まるで僕に問いかけてくれるようなタイトルに惹かれて購入。

テレビで実演している収納名人を真似ても、よけいにストレスがたまる
ことになります。
理由は、あったものをあった場所に返すと言うのがとても面倒なことだ
からです。

 
 「しまうことをやめる!」

 収納はおおざっぱで、ワンクッションでできるものでないと続かない
とのこと。
(ほとんどの人間は、楽な方に流れるから)

さっぱり気持ちいい状態をキープしていくにはどうすればよいのか?

 ・100円ショップは使わない。
 ・カラーボックスは使わない。
 ・雑貨ショップや雑貨カタログなどのおしゃれな収納家具を使う。


 まずはここからスタートしてみます。
posted by さっとん at 19:10| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。