2012年08月18日

日刊 限界

  一週間ほどブログをさぼってしまいましたが、また本日より再開し、
毎日続けることで、より自分を見つめれる習慣をつけていきたいです。

 今日の日経新聞“知求見聞”は、作家の黒木亮さんの「人間の限界は自
分が思っている10倍ぐらいのところにある」というコラムは、自分の経験
を通しての価値観を披露されていて、苦しい時の清涼飲料のようなさわや
かな気持ちにさせてくれました。


黒木さんは、早稲田大学で競走部に所属しており、箱根駅伝の選考の20
キロのトライアルで1時間8分台から成績は伸びませんでした。

福岡国際マラソンでチームメイトの瀬古政彦選手が5位に入賞したのに
刺激を受け、たとえ成果が出なくても悔いのないように力の限り猛練習
に励みました。

その甲斐あって、大学4年の時には1時間1分台で北海道新記録を出しま
す。

 人から「あなたには無理」と言われても「自分の可能性は無限大」と
信じきることが大事なのだと実感したとのことです。


The sky is the limit.

可能性を見てない・・・
気持ちが状況に押し潰され、僅かだけど、
まだ皆に残っている勝ちへの道を閉ざしている。
      (賭博黙示録カイジ)
posted by さっとん at 23:38| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。