2012年07月05日

レガシーコスト

 モリ京より「LPガス輸入価格の値下がりに伴うガス料金の改定のお知らせ」
がありました。

 今年5月よりLPガス輸入価格に伴う値上げをされてましたが、ユーロ問題に
始まった金融危機の影響で、深刻な景気後退を招き原油価格が2ヶ月連続して値
下がりしています。
 日本国内のガソリン、軽油など石油製品価格も需要の低迷を受け、値下がり
しています。

中東諸国で原油とともに採掘されるLPガスの輸入価格も7月到着分から値下
げになります。
(平成24年(2012)8月検針分より使用量1立方メートルにつき20円(税別)の値
下げ)



過去20年近くデフレに陥ってますが、それによって雇用が失われて失業やリ
ストラが当たり前になってしまいました。

過去20年間デフレに陥らずに2%の成長を実現していたら、現在のGDP(国内総生
産)は900兆円となり、財政危機も増税もなかったはずだと6月30日の日経新聞
「大機小機」に日銀の金融政策の失敗と「現状維持の壁(レガシーコスト)」
が日本の長期低迷の根本原因であると指摘しています。

 レガシーコストとは負の遺産、過去に設計され温存されている制度に従って
継続的に発生する金銭的負担。
狭義には、企業が退職者に対して払い続けなければならない年金や医療費など
を指します。
大企業や大きな組織ほどレガシーコストゆえに現状の変更は厳しくなります。

かってのサムソンやアップルのように破滅一歩前まで来た時に選択と集中を
進めたことで生き返ったように、自分自身においても今やるべきことを見極
めていきたいです。


(参 照)
※レガシーコストがビッグ3を追い詰めた。

  http://www.newsweekjapan.jp/stories/2010/04/post-1152.php

 レガシーコストとは
  http://kotobank.jp/word/%E3%83%AC%E3%82%AC%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%88
posted by さっとん at 17:21| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

珈琲舎 ゆーな

 最近、イオンやモスバーガーは朝7時から営業しているようですが、
それより1時間早く開いている喫茶店が近くにできました。

「珈琲舎 ゆーな」です。
場所はJA鳥羽志摩本店の横、花一さんと同じテナントです。

4月にオープンしたばかりです。

yuna2.jpg
 はーい!ローラじゃないよ。“ゆーな”だよ。犬

yuna1.jpg
(モーニング 400円)
posted by さっとん at 07:07| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。