2012年06月07日

負け犬現象

 昨晩は、AKB48の総選挙が実施され、大島優子が108837票と2位の渡辺麻友を
3万6千票もの差をつけての1位でした。

今回は、前田敦子の卒業で13万9千票がどこに流れるかが注目されてました。
ネットやメディアでは、大島優子に大量に流れるのではと予想されてました。


 マスメディアが選挙報道において、ある候補者の有利・不利を報道することに
よって候補者の得票を増減させてしまうことがあるが、こうした効果は「アナウ
ンス効果」と呼ばれる。
(行政書士試験 2010年問47 政治とマスメディア  ウの記述・・・・・・正)

アナウンス効果には、「アンダードッグ現象(負け犬現象)」と「バンドワゴン効果」
があります。

 小選挙区制度では、選挙期間中にマスメディアが不利と報道した候補者について
は、その潜在的な支持者が積極的に投票に行くようになり、得票を大きく伸ばす現
象が見られるが、これは「アンダードッグ効果」と呼ばれる。
(行政書士試験 2010年問47 政治とマスメディア  エの記述・・・・・・正)

 「バンドワゴン現象」とは、マスメディアが有利と報道した候補者が得票を伸ば
す現象を言う。
(出る順 行政書士 過去問P12)

 今回の大島優子の圧勝は、「バンドワゴン現象」により大きく票を伸ばしたもの
とみられます。

ちなみに僕の周囲(5人ぐらい)では圧倒的支持率の高いともちんは8位と残念な結果
に終わりました。
posted by さっとん at 17:39| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。