2012年03月22日

日本でただ一人の現役GM(ゼネラルマネージャー)

 朝10時頃に来られた70代ぐらいの女性のお客さんに「○○さん、最近おじいさんが来
られませんが、どこか体調でも悪いのですか?」と尋ねると、

「兄さん、ありがとう! 兄さんぐらいやわ。あんながんこもんはおらんやろ?
そやで誰も気にかけてくれへん。父さんに言うたら喜ぶわ」と大変喜ばれました。

名前を覚えているというのは、老人にとってはとてもうれしいことなのだと一日一善
を完了できました。


 午後3時ごろに商工会の職員の方が「月刊 商工会」を持ってきてくれました。

 今月のスポーツアルカルトでは、日本でただ一人の現役GM(ゼネラルマネージャー)
横浜DeNAベイスターズの高田繁さんでした。

現役時代、張本の移籍で外野からサードにコンバートされ、その年はリーグ最多犠打
など大活躍をします。

自分がやめる時も「イメージと捕球位置との間が20cmほど誤差が出るようになった」
ことで妥協を許さない自分に厳しい高田氏の人柄を表してます。

長嶋さんがやめる原因は、「三塁線のゴロがボールひとつの差で取れなくなった」から
だそうです。

明治大学の後輩の星野仙一さんは、「怒らしたらこれほど怖い人はいなかった」と言わ
しめてます。

喫煙で謹慎中のダルビッシュに英才教育を施したのも高田さんの意図でした。

過去10年で8シーズン最下位のチームを浮上させられるか?




 午後7時過ぎにジムに行って、トレッドミルで1時間ほど走りましたが、まだ心肺機能
が長時間のランニングに適応できてないためウォーキングを取り入れないと厳しいです。

志摩ロードパーティーまで1ヶ月、仕上げのトレーニングの時期でないといけないのです
が、怠惰な性格から今少しあせり気味です。

syoukoukai.jpg

 
posted by さっとん at 23:50| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。