2012年02月08日

TPPは知っててもそれだけじゃ困ります♫♫♪

 ついさきほどNHKラジオで日本総合研究所理事長・田中均 氏と第一生命経済研究所
主席エコノミストの熊野英生 氏によるTPPについて日本は参加した方がよいという話
でした。

本当は国民としてしっかり理解してないといけないのですが、内容が複雑多岐に渡る
のであいまいな判断をしてしまいがちです。

 基本的には製造業であっても守るだけではなく攻めていかなければならないとのこと
です。

電電公社による既得権益の多い電気通信事業をNTTに民営化したことで15兆円の収益を
あげる会社に成長させました。

これをアメリカの圧力だと言うのは間違いで、自由化の恩恵であると言えます。


 農業においては8.1兆円の生産高になりますが、輸出は3%です。
今、中国人は、一個1000円以上する秋田りんごを喜んで買ってくれますが、重い荷物に
なってます。


 これから先人口が3割減る中で、貿易のパートナーとして中国はとても大切です。

TPPによって東アジアで主導権を取れれば、需要を拡大できる可能性が増えます。

10年以内には中国が入るのは確実なので、その時に中国にルールに従って行動させる
指針として大きなメリットがあります。
(知的所有権・医療介護など)

外からの圧力で内側を改革していくという発想です。

交渉に参加しないと日本はますます孤立化の道に入っていくのかもしれません。


http://www.globalrichlist.com/
   グローバルリッチリスト(年収を入れると世界ランキングでどの層にあたるか
 がわかります。グローバルな視野をあなたに!目


posted by さっとん at 18:48| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。