2012年01月14日

代非時

 朝10時半ごろ、ツヨポンがおばあさんの葬式で使った礼服と缶コーヒーを持ってき
てくれました。

喪主を務めたので、代非時(☆伊勢地方では、香典返しを「代非時(だいひじ)」と
いい通夜の会場で渡される。 
伊勢地方はお茶の産地でもある事からお茶をもらう事が多い。ウィキペディア⇒香典
返し  ※鵜方では砂糖が使われ、代非時をもらうと香典を持って葬式に列席するよ
うにと言う請求書的意味合いを持つ)

をどこに配るか、親戚の誰を呼ぶか、葬儀社との打ち合わせなどかなり神経を使う重労
働であったようです。

 従来なら念仏も毎週親戚が集まって故人をしのぶ時間を作りましたが、今はサラリー
マンで忙しくなってきたり、高齢の方が増えてきたなどで初七日と四十九日に簡素化さ
れてきてます。

昔からの儀式が廃れていくのと比例するように、親戚付き合いも希薄になることは果た
して個人としていいことであるのか、デメリットが社会や個人に生じるのでは?

と言ったあまり得意でない堅い話をしてました。
         
 葬式にしてもこのごろは自宅でする家は皆無で、セレモか虹のホールになりますが、
毎回毎回同じような式であるところから形骸化も指摘されてます。

三重県で最も貧しい地域になってしまった志摩は、虚礼は廃止するべきだし、新しい
故人の送り方も保険同様そろそろ見直してほしいものです。

ルターのような方が現れないかと他力本願で祈っております。


pantsu.jpg
(今年は勝負パンツで望みます。BROS 1890円 はきごこちはベリーグッドです)
 

posted by さっとん at 21:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。