2011年12月03日

大福餅(まるけい製菓)

 ひとつだけ約束してください。 

これから買いに行く大福餅のことをむやみに人に紹介しないでください。

よろしいですか?

志摩市はイオン阿児店、入り口左の、和食惣菜・はな万の店頭に並ぶパック入りの大福餅。
常連客がまとめて買ってしまう隠れたベストセラー。
買い逃したくないばかりについつい足が向かってしまうんです。


marukei.jpg
(まるけい製菓 大福餅)

 あんがマイルドでくせがなく甘すぎないのでいっぺんに3個でも食べられます。
北海道の厳選したあずきを使ってます。







posted by さっとん at 15:41| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

ITから離れてアナログの時間を意図的にとる。

 午後6時半ごろ“らじるらじる”で、ドリーム・アーツ 代表取締役社長 山本孝昭さんの
話は、ITの便利さに埋没せず、アナログの時間を意識して取らないと無用な忙しさに振り回
されてしまうと述べられてました。


 ここ数年間であらゆる情報が爆発的に増え、いつでも安価で簡単に取れるようになりました。

情報収集やフェイスブックで人脈をたくさん持つことは食欲に近い行為(本能)で、より多くの
情報を得ようとしたり、SNSで仲間を増やそうとします。

ところがこのところ多くの方がITに時間を取られすぎたり、振舞わされていることの方が多
くなってきました。

携帯、スマートフォン、カーナビ、パソコン、テレビと関わる時間が増大して、物事を考える
ことから遠ざかってしまいがちです。

 
 資料を集めるのが仕事と勘違いしている方が多いと述べてますが、それを分析して考えて
自分の意見にまとめる作業(アウトプット)が本当の意味の仕事。

気にいった意見を“いいね”“いいね”では、自分の考えではなく、同様の意見の希薄なつ
ながりにかすかな安心感を得るだけかもしれません。


 サイバーテロにあるようにITでは、送り手より受け手の方がウィルスを阻むコストが必要
になります。

ITという怪物に飲み込まれない知恵が必要になってきているのだと思います。




IT企業の社長がなぜIT断食を勧めるのか
http://www.dreamarts.co.jp/solution/book.html

posted by さっとん at 22:23| Comment(0) | パソコン・WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

三重大学&志摩市 文化フォーラム2011 ストレスとうつ

 昨日は阿児アリーナベイホールにて「ストレスとうつ 〜生活環境の変化が与える影響
とは〜 」という題目で、教育学部教授の松浦 均 氏の“援助を求める力”と医学部医学
系研究科 小森 照久 氏の“ストレス、うつ病の理解と対処”の講演と志摩市健康推進課
総合保健センター保健師の小川奈都子さんの司会によるパネルディスカッションがありま
した。


 “援助を求める力”を育てるには、援助を求めるにもスキル(技術)がいるということを
いろいろな例を挙げながら説明してくれました。

たとえばパソコンが動かなくなったなど自分だけで解決できない問題に直面した場合、
誰かに応援を依頼したいのですが、『自尊心(プライド)』がじゃまをして助けを求めるこ
とを抑制している人も多いし、逆に、かなり依存的で厚かましい人もいます。

大切なことは援助することも援助されることも体験することで、コミュニケーション力を
育むことを学習できます。

良好な人間関係が大切なのだということを再認識できました。



 “ストレス、うつ病の理解と対処”では、災害によって親しい人を失ったり、街並みや
思い出の喪失、プライバシーのない避難所生活やライフライン(電気、水、ガス)のストッ
プや生活レベルの低下(風呂・トイレ)などにより、急性ストレス障害にかかる方も多か
ったようです。


一部の方はうつ病や心的外傷後ストレス障害(PTSD)に数週から数ヶ月の潜伏期間を経て
発症し、深刻な状態に陥った方もいます。


 眠れない、何を食べてもおいしくない、だるいなどのうつ病の身体症状や周囲の人の
対応、抗うつ薬に対する一般人の誤解、治療などについて説明していただきました。

 フラッシュバックの話を聞いて、自分の心の苦しみを上手に表現できない子供のメンタ
ルケアがとても気になりました。

精神疾患に対する周囲の理解が進むことは、相互援助的な良好な人間関係を構築しやすい
社会につながるように思います。


matsui.jpg
(総合司会 三重大学特任教授 松井 純 氏)
posted by さっとん at 17:00| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。