2011年12月31日

さらば2011

tyanpii.jpg
(ありがとうございました。    byチャンピー)

 
 ブログを見直してみると今年はいろいろなことをしているなと記憶が飛んでたところが
よみがえってきます。

 今日はすき家で牛丼並と健康セット&コーヒー(480円)を食べた後、昼前にマックスバ
リューに行くと、駐車場で同じ場所に停めようとしてた車が2台がもう少しでぶつかりそう
になる現場に遭遇。

一台の中年の男がいきり立ったようにクラクションをならしてました。

少しでも店から近いところに停めたい気持ちはわかりますが、後方確認をしっかりしても
らいたいものだと思いながらきむち鍋の材料とコーヒー豆を購入。

 昨年の大晦日は強い寒波で宇賀多神社に参拝に行かなかったのですが、今晩は「もうそろ
そろ幸せになってもよいのではないか?」と神社の神さんに尋ねてみます。

posted by さっとん at 17:59| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

高校を存続させるために

 今日は6時からマツイ教授とささやで飲んでました。

ツヨポンもこの会を大変楽しみにしてたようですが、おばあさんが急逝され、朝店に来て
「行けなくなり申し訳ないです」と残念そうに話しました。

 
 志摩市の問題のひとつに生徒数の減少による県立高校の統合合併により、鳥羽高校と
志摩高校の存続や、水産高校に普通科がないなどの問題について話をしてました。

もし志摩高校が分校→廃校となれば、鳥羽まで通学しなくてはならず、志摩町など遠方から
通う生徒は通学時間や交通費の負担などが増えてしまいます。

公立学校に不合格となると伊勢の私立高校ということになり、より負担が増えます。

 高校を廃校にせずに存続させるためにはどうすればよいのかを考えてました。


・志摩病院のように指定管理者を募集して運営してもらう。

・優秀な指導者を招いて相可高校のように特色のある学校にする。

・授業料を私立に近い額にする。

・学校教育予算を上げ、無駄を徹底的に排除する。

・外国人を入れる。

・夜間の社会人の職業訓練と併用する。


 マツイ教授にヒントをいただき、いろいろなことを考えてました。

母校(志摩高等学校)には苦い思い出が多いですが、存続させるための手当ては早ければ
早い方がよいという当たり前のことがわかりました。
posted by さっとん at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

志摩市を格安生活圏にする

 午後3時半に和穂歯科で歯の治療。

「今回はお薬を塗って年明けに仮の歯をいれるようにしましょう」とのことでした。
時間にしておよそ10分ほどでした。

会計で次回の予約(1/14)で先月からブログの一日一発信と一日一ギャグを心がけてるので、
「後ろの歯が一本抜けると、ただでさえ今一のなのにもっと今一になります」と苦し紛れ
のギャグを飛ばすと、受付の歯科衛生士さんが「ふっ」愛想笑いをしてくれました。

やはりまだ往年のキレを取り戻してはないと感じた瞬間でした。



「自分がお金に変換できない情報やアイディア(僕の場合はギャグが多い)は、溜めこむよ
りも無料放出することで大きな利益が得られる」ということに尽きる。

己の能力がそのままプレゼンテーションとして機能する。

金も人脈も後ろ盾のない人間が手に入れる唯一の手段が、情報発信なのだという梅田望夫著
「web進化論」に影響を受けブログを始めて3年。

ログ(記録)を残すことの重要性に目覚めさせてくれた恩恵がブログにはあります。



 さきほどまで、ちきりんさんの「自分の頭で考よう」を読んでました。

 今、日本では100人に一人以上が生活保護で暮らしており、支給額の総額は3兆円を超えま
す。

受給者の半数以上は高齢者で、今後受給する方が増えると言われてます。


 大事なことは、考えもれを作らない工夫と言うことで、

・経済を成長させる
・このまま停滞する
・より衰退する

というシナリオで対策を考えるべきと唱えてます。


 生活保護予算を増やさないためにはどうすればよいか?

・自活させる
・不正受給を減らす
・現物支給にする
・生活保護制度を廃止する



 この方法では考えにモレが生じやすいので、考えるための工夫のヒントを与えて
くれてます。


 そしてちきりんさんが、あらゆる可能性を考えると「生活格安圏構想」に到達した
ようです。

僕の友達も「固定資産税が高くて、生活が非常に苦しい」と漏らされてる方もいました。

 高い賃貸住宅、光熱費、教育費、食費など「健康で文化的な生活を営む生活費」が高
すぎるのではと訴えてます。

先日イオンできれいに並べられたいちごが1パック698円で売ってましたが、不揃いで不
細工でもいいので200円ぐらいで売ってくれたらどんなにうれしいだろうと思ってたら
ちきりんさんも同じように、手間代などが上乗せされているからだろうと指摘していま
す。


 どうせ格差が生じるのだから、逆に「格安生活圏」を作るというのは非常に共感でき
ました。

今までの延長線上で考えてたら、問題はますます大きく複雑になる。

あらゆる可能性を探ってみることの大切さを教えてくれます。






(格安格安生活圏”ビジネス   ちきりんさんのブログ)
   http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20081121

posted by さっとん at 19:09| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

時代はスマホか?

 今日は商工会から毎年恒例のビジネスノートと年間計画表をもらいました。

やはりアナログノートとevernoteなどのデジタルを融合させたものが、一番使いがっ
てがよいように感じた一年でした。


 昨晩は今年最後の営業ということでジムでトレッドミルと柔軟体操を中心に、これ
からの課題である「ころんでもけがをしない」体作りに取り組んでます。

たまたま二十歳ぐらいの女の子が「明日スマホデビューなんです」という話になり、
「ナカジマさんは、スマートフォンを持ってるのですか?」と質問されて、

「iPhoneから電話機能を引いたiPod touchを持ってます。エッヘン!」と答えると

「私はドコモのスマホなんです。メーカーは〇〇で、でも、こういうのに疎いから、
友達に教えてもらおうと思ってます」

「この前、名古屋に行ったら若い子はほとんどスマホもっててびっくりしたわ。スマホ
で何をしたいの?」

「みんなが持ってて、友達もスマホにしたらってくどいぐらい言われるので」

「iPhoneは、最初、説明書が入ってないのでびっくりしたけど、説明書なくてもなん
とか繋がったけど、同期がちょっと難しかったな」

「そうなんです。友達も同期が問題やと」

「息切れせんようにね!」

「?」

「動悸・息切れになると大変でしょう」

 (三重県は志摩市、中嶋 聡の作品 やや受け)


来年は欽ドン賞を狙いたいと思ってます。

syoukoukai.jpg
(商工会のビジネスノート)


posted by さっとん at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

年賀状を書く

 昨晩は、ワンダーグー横の森山薬局でチャンピーのトイレの砂とハンドクリームを
購入。

手の表面が白くあれた感じだったのが、塗ることで少しなめらかさを取り戻しました。


 “マツイ先生と語るつどい”を開催することになり、30日にツヨポンがささやに予
約を入れてくれてました。
今年は震災や放射能汚染など厄年でしたが、来年はきっといい年にしたいと思います。

 今日は年賀状を書いてました。

メールやSNSが盛んになっても、新年の初日にはがきでもらうとなぜかうれしいもの
です。


 僕がいつも購読している三重大学の児玉教授のブログに、2012年度の政府予算案は、
一般会計の総額90.3兆円のうち借金が占める割合が49%と過去最悪。

予算をみると、税収が42.3兆円に対し、新しく発行する国債は44.2兆円。

累積国債の額が増えれば増えるほど返済は難しくなり、国債の金利が5%になると、
とてもやばくなるそうです。


先送りができない中、手羽先のようなうまい方法はないのでしょうか?


参照)児玉克哉のブログ「希望開発」 http://blog.livedoor.jp/cdim/
    
posted by さっとん at 18:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

クリスマスに寿司を食べる

oosimasushi.jpg 


昼食は大島寿司の盛り合わせを食べました。

体に酢がよいのと寿司はダイエット食と言えるからです。
この1ヶ月寒さのために体重計に乗る機会が減ってます。

寿司屋の味噌汁は、ダシが市販のものとは全然ちがうことを再認識します。

 
 四月ぐらいに同窓会を開こうという声がポツポツあるようで、昔の名簿を拾いだして
エクセルで名簿を作ってます。

名簿は96年のものなので大きく変わっていると思うのですが、少しずつ修正できたらよ
いなと思います。


posted by さっとん at 16:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

地元の商品を地元のもんが食べる

 このところ朝7時前で温度計が室内でも1℃と、歯ぎしりしながら布団から脱出しています。

僕の寝相はそれほど悪くないのか、猫(チャンピー)が毎晩布団に入ってきます。
猫はコタツで丸くなるというイメージがありますが、それほど寒がりでもありません。

外に出ようといつも構えてます。


 今月はじめに賢島大学の西尾校長が、チラシを持ってきてくれた時に「マツイ先生の話し
てたように地元の人が地元のものを消費するようにしなければいかんわな」と話されました。

できるだけ地元の物を食べたいのですが、やはり値段の壁が高く、たとえば神島のもずくと
トップバリューのもずく(沖縄産)では、4パックで100円ほど差があると、毎日のことなの
でトップバリューがかごに入ってしまいます。

 できるだけ地元産の商品を購入するように心がけてます。

kinko.jpg
(きんこ芋)はな万

aosa.jpg
(あおさせんべい)たばね庵
posted by さっとん at 17:51| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。