2011年10月21日

しょうがくせい(^_^)

 12時前に昭和堂のおじさんから「かめ吉いこや」と電話がありました。

かめ吉お勧めの「豚なんばうどんとちくわ丼」(1000円)を注文。

生姜(しょうが)は体を温め、新陳代謝を高め、疲労回復や食欲増進に効果があると雑誌
などによく書かれてます。

漢方薬の7割に生姜が使われているそうです。


生姜がくどくなく、ちょうどいい塩梅に豚なんばとあわせているので健康によくうれし
いメニューでした。


<最近聴いてる曲コーナー> 

 
Colonel Bogey March(ボギー大佐/カーネル・ボギー・マーチ

映画“戦場に架ける橋”で有名な曲です。
小学生の行進などでよく使われる曲です。
ダドリー・ムーアのピアノ演奏。

ダドリー・ムーアは30年ほど前に「ミスターアーサー」を観た時に、こんな風に生きれたら
人生めちゃ楽しいだろうなと思った役者です。

posted by さっとん at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

志摩の文学と音楽

 本日の賢島大学は、「志摩の文化を語る」というテーマで、前半の“文学”を尾崎亥之生
先生、後半の“音楽”を以前ヤマハに勤めらてた門原頌先生が受け持ちました。


 鳥羽志摩の文学としてまず日本最古の和歌である万葉集の句

鳴呼見(あみ)の浦に船乗すらむ娘子等(おとめら)が珠裳(たまも)の裾に潮滿つらむか


を紹介してくれました。

鳴呼見(あみ)の浦が誤って英虞の浦になったようです?

持統天皇や柿本人麻呂が関与したと昔習った記憶がありますが、尾崎先生が子供の頃は、
初代から124代の昭和天皇まで暗唱させられたようです。

すらすらすらと歴代天皇の名前が出てくるのには驚かされました。

 
 また内田康夫の不等辺三角形には、日本一のタンス職人として“尾崎亥之生”の名前が
使われてます。

文学仲間の組織の中で、自分の名前を使ってもよいと登録するところがあり、そこに
登録されていた尾崎先生の名前が使われたのでした。

 他にも鳥羽志摩の文学を興味深くユーモアを交えて紹介していただきました。




 次に「音楽」として、「ニューミュージック発祥の地は合歓の郷」を門原頌先生に語っ
ていただきました。


 1969年7月25日に合歓ポピュラーフェスティバル'69には、伊藤ゆかり、弘田三枝子、
奥村チヨ、トワ・エ・モア、中尾ミエ。

作詞家で有名な安井かずみ、なかにし礼、山下路夫、岩谷時子など

作曲家で宮川泰、中村八大、渡辺貞夫、鈴木邦彦、三木たかし、川口、かまやつひろしなど
そうそうたるメンバーです。

合歓で行われた第1回ポピュラーソングコンテスト(1969年11月23日)では、黛ジュン、
オフコースも参加。

グランプリ曲の「からだの中に風が吹く」は水原弘が歌ってます。

 

 それまではプロが作った曲をレッスンを受けた歌手が歌うのが主流だったのですが、社長
の「自分が作った音楽が素晴らしい」「伴奏が大きくて詩が聞こえないと歌心が伝わらない」
などとてもこだわりのあった方のようです。

いただいた資料を見ていると日本のミュージシャンはほとんど合歓で育ったと言っても過言
ではないのだなと思います。(拓郎、陽水、チューリップ、長淵、チャゲアス他)




posted by さっとん at 23:00| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

〜大震災から学ぶこと〜

 朝8時半に足を骨折した純クンが来て、「三重大学文化フォーラム2011〜大震災から学ぶ
こと〜 (参加無料)
」のポスターを貼らせてくれとの依頼があり、店頭に一枚と店に一枚
貼っておきました。!(^^)!

 三重大学と志摩市は2005年より毎年、文化フォーラムを開催しており、今年は現在問題に
なっている「防災」「放射線」について、また震災後の避難生活のストレスから来る「うつ」
に関して、三重大学の専門家が様々な角度から語ってくれます。


【問合せ先】三重大学社会連携研究センター 電話 059-231-9763
      志摩市企画部政策課      電話 0599-44-0205




 日曜日に吉野家の牛丼を食べたので、報道の中立性を守るため、エビングハウスの忘却曲
線が大きく下がらない月曜日の晩にすき家の牛丼を食べて違いを再確認したかったので行っ
てきました。

肉はすき家の方が柔らかく、吉野家よりもつゆだくのような気がします。



40a92721-c95c-4a54-bcde-30c5e80a8f51.jpg
(牛丼並と健康セット)

67499375-5e03-488a-877b-eeb096cc4096.jpg
(レシートには本当にたくさんの情報が書かれていることを思い知らされます。)

 
 
posted by さっとん at 18:05| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

お客さんも話をしたがっている。

 今、チャームクリーンは半額セール中なのでたくさんお客さんが来店してくれてます。

 工作機械の上場会社の保養所の管理人のおばさんが、包布をたくさん持ってきてくれま
した。

「これは私のとこのやで配達してもらわんでもいいで、私が取りにくるわな」と言われま
した。

「社長は元気ですか?」と尋ねると

「この前亡くなってな。 パチンコ屋で倒れてそのまま救急車に運ばれたんやけども意識
が戻らなかってな。
糖尿は怖いなあ。 私が作った料理も“鳥の餌みたいなもん食わすな”って叱られたけど
社長の健康考えて野菜を中心に作ってたんやけどな」

「この前、伊勢の“ひな野”でバイキング食べにいったら、人がいっぱいで並んでたけど
野菜も有機栽培のもの出してくれとるもんですごくおいしかったわ。
かめ吉のカレーうどんもこの前、娘と食べにいったらおいしかったわ。
あんた近くでどこかうまい店知っとるかな?」


「サークルKの横の“連”のラーメンもおいしいです。カレーライスは“イーストポイント”
がおいしいです」と答えると

「本当にいい情報ありがとう。社長みたいにうまいもん我慢して死んでくのも辛いし、た
まにうまいもの食べてもバチあたらんわな」


 残念なニュースがあります。

居酒屋の「帆」が閉店するようです。

お寿司やミニキムチ鍋などとてもメニューが多くて手頃な値段だったのでちょくちょく行って
ました。

気さくな奥さんで世間話をいろいろしてました。

チェーン店ばかりで話ができる店が少なくなってきたのは残念です。

お金のある人はできるだけ外食してお金を循環させるように心がけてください。


 
 心配なニュースとして、向井内科の先生が体調を崩されて休診が続いているとのこと。

今日来られた60代後半ぐらいの女性のお客さんが「私は心臓が悪くて先生に診てもらってた
けど、先生のおかげで今まで生きられた。とても心配やわ」と言われてました。

向井先生の「どうされました〜」「それは大変でしたねえ〜」が復活してほしいです。


posted by さっとん at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

いしの力

午後5時過ぎ頃、チャンピーが母屋の網戸の戸を開いて走って店に入ってきました。

捕まえようとしたらぱっとよけられて、駐車場の方へ逃げていきました。

車の下が気にいったのか、あちこちの車の下を回ってなかなか捕まえれることができ
ません。

「チャンピー」と呼び続けていたので、猫も察してくれたのか庭の方に戻ってきました。

今日は昼にやる餌が少なかったので腹が減って腹が立ったのかもしれません。


 今、ギャオでウルトラマンをやっているのですが、11話の「宇宙から来た暴れん坊」
を見てました。

空から大きな石が落ちてきたのですが、見つけた子供がピアノが欲しいと想像すると、
石がピアノに変わります。

意思を持った石で人間とテレパシーが通じるのでした。

 悪い心を持った男がそれを盗み、悪用して巨大な怪獣に変わりました。

ウルトラマンは地上では3分しか戦えないため、巨大な怪獣に襲われて意識を失った男の
回復が待たれました。

医師の懸命の治療で意識を回復した男は、心を改めると巨大な怪獣は石に変わったので
した。

 便利なものも悪用すると多くの人に迷惑がかかるという教訓のような話でした。

posted by さっとん at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

イノベーター・ナカジマが一年以上ぶりに吉野家の牛丼を食べる。

 今日(10/16)の日経新聞の「日曜に考える」で、なぜ「世界のソニー」が輝きを失ったか
を日本人に通底する問題点として週一の連載が始まりました。

 アップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏が心から尊敬していたのが、ソニーの創業者で
ある盛田昭夫氏でした。

トランジスタラジオ、トリニトロンテレビ、ビデオ、ウォークマン。

ところが最近のソニーはヒット商品の不在に苦しみ、株価は低迷し、株価純資産率は0.7倍
を割り込みました。

過去の遺産を食いつぶしている状態で明るい未来が見えません。

 その理由の一つが「イノベーター(革新者)のジレンマ」を挙げています。

ウォークマン成功のこだわりが社内に慢心を生み、数字による統治が将来の柱になる
技術(金食い虫)への投資を怠り、組織が脆弱化し、競争力を低下させたようです。

以前のソニーには「この技術で世界を変えたい」「誰も挑戦しないことに挑戦したい」と
いう人が多かったのですが、今は必ずしも多くないとのことです。

 輝きを取り戻すためには何が必要か?

アップルが「デジタル娯楽を担う会社」を経営の軸にしてたのですが、ソニーは「製造は
差異化のツール」として生産技術を磨き上げる創業の哲学を失くしてしまいました。

世界最高レベルの技術者を揃えるソニーはよみがえるのか?

連載が楽しみです。 




 今日は伊勢の吉野家で牛丼とけんちん汁を食べました。

何か心がほっとした昼食になりました。

5f72fff9-9c70-4273-a6ca-a959907bc59f.jpg


 レシートをもらったらiPod touchで写真を撮ると自動的にevernoteに送られます。
家計簿を書くのは面倒ですが、これなら簡単です。
デジタルが生活を変えることを実感します。

180cf596-ecf5-4d35-805d-baecc85eaed6.jpg


posted by さっとん at 20:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

志摩の文化を語る  〜文学と音楽〜

<賢島大学平成23年度 第5回講座のご案内>


【日 時】2011年10月20日(木) 午後7時〜9時

【場 所】代々木高校ホール(志摩市阿児町賢島)

【題 目】

   1.「鳥羽志摩に見る文学」

   2.「ニューミュージック発祥の地は合歓の郷」


【講 師】

   1.尾崎 亥之生(前・公立中学校長)

   2.門原 頌(前・ヤマハ)


【会 費】500円(半年会費1500円の方が割安)

※駐車場は、代々木高校前及び近鉄独身寮の前


//今回のテーマ//

   1.「鳥羽志摩に見る文学」

     鳥羽は三島由紀夫の「潮騒」、坂手の江戸川乱歩、日和山は石坂洋二郎の「若い
    人等々。
    志摩的矢は坪井栄。賢島は山崎豊子、大衆文学では菊田一夫の「君の名は」。
    安乗では「安乗の稚児」等々。
    現代でも多くの作品がある。 俳句づくりでも有名。

   2.「ニューミュージック発祥の地は合歓の郷」

     志摩・大崎半島にあるミュージックキャンプ合歓の郷は、かってヤマハが経営し
    ており、一大リゾートの地であった。
    そればかりではなくかってのニューミュージックのミュージシャンが集まって歌っ
    て、歌いまくった。
    今、思い出してみると合歓から、日本国中に発信していたのである。
     当時を知る門原さんは合歓で音楽関係の仕事をしていた。
    そのころを振り返り、話をしていただく。神明に在。



【問合せ】 代々木高校内・賢島大学事務局 西尾
      ☎ 0599-43-6177




posted by さっとん at 15:34| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。