2011年08月21日

B5ノートで情報を一元化する

 土日と連日トレーニングをしたら体調はかなりよくなりました。

やはり人間の体は動かさなければ劣化してしまうのを身を持って感じてます。


 阿児ライブラリーでアメリカの公認会計士 午堂登紀雄(ごどうときお)氏の
「脳を見える化」する思考ノートを借りました。


記録をするツールとしてブログ、日記帳、ポストイット、ノート、思考ソフト
メモ帳、SNS(ソーシャルネットサービス)などがありますが、著者はB5ノート
を推奨しています。

その理由として

・発想を自由に書き込める
・書き込みしやすい
・持ち運びに適している
・アイディアを出す、問題解決を考えるなどの思考作業に適している


弱点としては
・検索性でデジタル機器に劣る


大事なことは続けることで、誰かが提唱する方法を参照にしながらも、自分に
ベストフィットする方法を模索すべきと唱えてます。


1.B5ノートに仕事もプライベートも英語の勉強もすべての情報を書き込む。

2.アイディア、発想、読書メモ、愚痴、打ち合わせメモ、目標、TODOリストな
どあらゆる発想を書きとめる。
(書くと言うことはものすごく大切なことなのです)

3.キーワードや線や矢印でつないで関連性を持たせる

4.後から何度も見直し、加筆し発展させる


二週間続ければ、ノートがそばにないと気持ち悪くなるそうです。


このブログを行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。
踏み出せばその投稿が記事となり、その文章が道となる。
迷わず書けよ。書けばわかるさ。

                 アントニオ さっとん



脳を「見える化」する思考ノート  午堂登紀雄 著 





posted by さっとん at 20:33| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

たたみを入れ替えた

 昨日は畳屋さんに来ていただき、20枚ほど畳を入れ替えました。

部屋全体が明るくなり、い草の香がぷーんとして、とてもリラックスできます。

なぜこんなに簡単に幸せな気持ちになれることに気づかなったのかと今更ながら、
自分の感性がマヒしていたことを感じます。

 今日は急に涼しくなって雨が降ってますが、また必ず熱波はやってくることを
心に留めて油断しないで生活していきます。



posted by さっとん at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

規則正しく並べる

 昨日に続いて今日も蒸し暑い一日でした。

 3時過ぎにカーペット2枚を取りに来てくれたお客さんが来られました。

毛布類などはかさ張るので2階に上げてますが40度以上あるので、盆明けから並び変え
を怠ってました。

1枚は店に入ってるのですがどうしても見つかりません。

お客さんも気を遣ってくれて「急ぐものでもないし、また取りにきます」と帰られました。

 
 仕事は規則正しく整然と整理されていると、自動的にきちんと処理が進みます。

わかっていてもできない。

暑いのを言い訳に怠惰の清盛になってしまった自分を反省しておりました。

posted by さっとん at 21:05| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

兄が帰ってくる。

 朝9時半頃に兄から「墓参りに行くで。今、鳥羽やでもうすぐつくで」と電話があ
りました。

倹約家の兄は特急は使わない人なので、岐阜から朝5時過ぎの鈍行だったとのこと。

いろいろお互い近況を報告して10時半過ぎに帰っていきました。



 午後6時半過ぎに墓の掃除に行ってきました。

ほとんどの家は除草剤を使っているので草っこ一つ生えてませんが、どうも人工的な
感じがして使ってませんでした。

そのため夏場は草があっというまに伸びてくるので、一度親戚に「墓はきれいにせな
いかん」とおしかりを受けたことがありました。

墓もきれいにしておくと、ちょっと自分の心もさっぱりして、「できるだけ定期的に
墓もそうじしよう」という気持ちになりました。



オリビア・ニュートン・ジョン/カントリー・ロードTake Me Home, Country  中学の時に初めて外国のアーティストのレコードを買った曲です。
オリビアの柔道着にジーンズがすごくかっこいいと思ってました。


posted by さっとん at 19:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

大学が行う地域自然の活用と製品開発支援

<平成23年度賢島大学第4回講座のご案内>


【題 目】大学が行う地域自然の活用と製品開発支援

【日 時】2011年9月15日(木)午後7時30分〜

【場 所】代々木高等学校

【講 師】松井 純(三重大学特任教授)

【会 費】500円


【問合せ】代々木高校内 伊勢志摩元気プロジェクト賢島大学(西尾)
                ☎ 0599-43-6177

//内容//

 独立法人三重大学で、松井先生は県下の「学」と「産」の結ぶことを研究されて、
実践化を地域の方に役に立つことを第一にして、地域へ三重大学を結びつくように
努力されている。

今回は三重大学が目指す地域貢献の研究、製品開発支援を話される。



posted by さっとん at 11:55| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

日本の食品ノーサンキュー

 7月30日に「イギリスがさむてさむて」と言われてたお客さんが洗濯物を取りに来て、
新たに出してくれました。(^_^)

「配送の人亡くなって1年になるんや、あんなに元気そうにしてた人やったのに人の運命
はわからんもんやね」と言われたので

「あまり愛想が良くなかったので少し嫌われてたようです。そんな悪い人ではないですけ
どね」と答えました。

「どこか体悪かったんかな?」

「たばこは一日2箱ぐらい吸ってたみたいです。ところで、アメリカでも日本の食品を売
ってるところは近くにあったんですか?」と尋ねると

「すぐ近くにあったんやけど、娘が日本の食品は放射線汚染されてるでということで、
絶対食べたらいかんいわれて、私ら志摩の人間やで魚が好きなんやけど肉ばかりやって
それがあまりおいしくないんでいつも3分の1ぐらいは残してたんさ」


 世界には日本の食品にナーバスになってる方もいるのだということの気づきがありま
した。



 
posted by さっとん at 19:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は「かめ吉デイ」です。

 毎月11日は、かめ吉の名物カレーうどんが500円で食べられる「かめ吉デイ」です。

さっそく11時40分に行くと、店はお客さんでいっぱいでした。

食後においしい珈琲もサービスしてもらい大満足で店に戻りました。!(^^)!

1時半ぐらいならまだ間に合うと思います。


110811_115045.jpg
(名物カレーうどん これはうまい!)
posted by さっとん at 12:13| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

不親切な志摩市のゴミ袋

 今朝は朝から立神に配達に行きました。

 その後、志摩病院に知人の見舞いに行くと救急口のところで季節クンに会いま
した。
足を骨折してまだ1ヶ月はかかるとのことで、「本当にここにおるとウツになり
そうやわ。中は落ち着かんので、外で本を読んでるけど、いびきや痛みのうなり声
ばかり聞いとるとおかしなりそうや。
人間何でも経験やと言うけど、こんな経験はする意味がない」とかなり落ち込んで
ました。

「大事にして」としか返す言葉はありませんでした。



 今日は盆前ということで断捨離を行い、部屋も心もすっきりさせました。

明日(8日)、SOSに全部持って行ってもらいます。

さて、良いことが起こるのでしょうか?

110807_161839.jpg
(盆前の断捨離)


 最近、僕の店で高齢の方が、「ビンはもやせないゴミ用に入れたらええんか
それとも資源ゴミに入れたらいいんか」と尋ねられました。

「一応資源ゴミですが、好きな袋に入れといていいですに」と答えました。


以前のピンク系の袋には、ビン、ガラス、陶器類用と絵柄も入ってました。

新しい袋は、もやせないゴミ用、資源ゴミ用とだけしか表示されてません。

 本当に頭の良い人は、誰にでも分かるように簡単な言葉を使って人に話をする
ものですが、どうしてこんな不親切な表示になってしまったのでしょうか。

頭が悪いのでしょうか? そんなことはないと思いたいです。

 それから、前の袋は「もえないゴミ」となってましたが、新しいのは「もやせ
ないゴミ」と若干違うのですが、これはあまり気にしなくても住民に不利益には
ならないのでしょうか?

僕は、ゴミ袋に何を入れるかをできるだけ詳細に絵柄を入れるべきだと思うし、
里海里山の表示も入れて住民に意識を持ってもらったらもっといい方向に動く
加茂の次は船津です。(今年志摩で流行る加茂の前は松尾)

110807_174736.jpg
(ゴミ袋 上が以前の下2枚が新しい形式です)
 
  
posted by さっとん at 18:46| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

「男の幸せ」がなくなる日

 朝の涼しさから一転して日中は焼けるような暑さです。

 このところ一番怖いのは「人」だなと痛感しています。
幸せそうな顔をしてることを恨まれる時代です。


 自分より年配のおっさんらと話をしていると、幸せそうな顔をしてない低収入の方
に限って「はよ嫁さんもらえよ」と言われます。

「あんたに言われたないわ」と間違っても口にできないので、「はい、すみません」と
丁重に謝ります。

もう自分でも将来の覚悟は決めなければという時期に来てますが、男の幸せが「結
婚」であるようにも思えません。

 女性の幸せが「結婚」「家庭」「育児」と言うのも今一しっくりきません。

一人もんは淋しいという固定概念がありますが、気の合わんおなごといる方がもっと苦
しいとも言えます。

苦しみを乗り越えて一人前なのかもしれませんが、幸せそうな顔をした人にアドバイス
をいただきたいなと思います。


 ※里海は来週からの予定です。お楽しみにはなりません。

posted by さっとん at 15:21| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

「里海」という言葉の問題点

 今月は、「里海」について考えることはまだ知識不足なので、まとめてみよう
と思います。

 「里海」と言う言葉が使われ始めてまだ5年も経ってないようですが、「海の
生き物を守るための国家戦略」(第三次生物多様性国家戦略)の中でよく使われる
ようになったようです。


 まず里海の定義は、

環境省では、「里地里山と同様に、人の暮らしと強いつながりのある地域」

国交省では、「都市に接し、人の暮らしと深くかかわって、人が適切に加えることで
良好な環境が維持されている。あるいは維持されるべき海域」

 となってます。


 では、国交省はどういうことを「里海」でやるのか?

・自然共生型の海岸作り
・養浜や潜堤や人口リーフで浸食対策をし、砂浜の保全を図る
・渚の創生事業としてサンドバイパス
・エココースト事業(施設の配置や工夫でウミガメやカブトガニ、アジサシ、チドリ
を守る
・自然豊かな海と森の整備対策事業(白砂青松の創出)
・砂浜浸食対策
・飛砂・塩害防止林の造成


「里海の再生」とは

・人が生き物が共存できる所を取り戻すこと
・生活、なりあいとかかわりの維持・向上ができるところを取り戻すこと
・水産業や生活への影響を最小限にすること
・多くの住民が水と楽しめる所を取り戻すこと
・自然が豊かで恵みを享受できる豊かな干潟(ひがた)
・宝の海を取り戻す


では「里海」という言葉の何が問題かは明日に続きます。





 里海の話を聞きに行くといつもパワーポイントでどんどん話が進んで行くので
大変疲れます。

僕はブログを書いてるのでいろんな講演会にもよく行くのですが、黒板を使っ
た話の方がとてもまとめやすく頭に入ります。

パワーポイントは、ほとんどひな形が同じなので目新しさがないことと、予備知
識のない話しをスライドと講師の話が同時進行で進むので、僕の脳の処理を超え
てしまい、ほとんど頭に残りません。

僕は今後パワーポイントを使う講演は講師の先生には申し訳ないですが、聞いて
ると家に帰ってからとても疲れるので途中で退出しようと思ってます。




海の生き物を守るための国家戦略 里海という言葉の問題点 海の生き物を守る会代表 北海道名誉教授 向井 宏
                              参照

posted by さっとん at 12:50| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索