2011年08月24日

「虫のいい考え」のとりこになってないか

 人間は何がしか「自分を鍛える!」ことが好きな動物だと思います。

限界への挑戦は自分をワクワクさせるし、今までできなかったことができるように
なると自信も芽生えてくるでしょう。

「自分を鍛える!」の著者であるジョン・トッドは、今から200年前、アメリカの
ニューイングランドで生まれ、そこで青年の修養書として最も多く読まれ、かつ
高い評価を得た本を書いた人です。

読み継がれる古典というのは、時代を超越しているように思いました。




 忙しそうにせっせと動き回っているのだが、実際は勤勉ならざる人が少なからず
いることを、私は知っている。

というのは、勤勉さとはほど遠い人たちに限って、あたふたとせわしく動き回って
いることが往々にしてあるからである。

 よく観察すればその違いは簡単に見抜ける。然るべき義務や本来の仕事をおろそ
かにしている人間は、なんとか自分の愚かさを忘れさせてくれることで頭をいっぱ
いにし、やらなければならない仕事はそっちのけで自分の得になることだけに一生
懸命になっているものである。

(自分を鍛える ジョン・トッド著  渡部昇一 訳 P43)


 自分を戒める言葉として、しっかりと物事に取り組んでいきたいと再認識させ
られました。

posted by さっとん at 17:16| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

さっとんは女王様がお好き

 暑いですがお変わりございませんか。

『帯に短し、たすきに長し』のさっとんです。


 今、韓流に対する批判が大きく膨れ上がってます。

韓流は、「はんりゅう」と読むか「かんりゅう」と読むかで議論があるようですが、
「はんりゅう」と言うのは中国からの外来語で、韓国語で"韓"と"流"をひとつづつ
読むと「ハン」と「リュ(ー)」になるそうです。

ただ韓国では韓流と言う言葉は普及していないのだそうです。
                 (日本語俗語辞書


 第一次ブームが“冬のソナタ”でおばさんのハートをわしづかみにしました。

第二次ブームは、チャングムやチュモンなどの時代劇歴史物でおじさん層に裾野を
広げます。

今は第三次ブーム(ネオ韓流)で、“華麗なる遺産”や東方神起、少女時代、KARAな
どのKポップから若い世代が入ってるのだそうです。


☆さっとんが観たドラマ

・春のワルツ  ・冬のソナタ  ・雪の女王  ・美しき日々  ・宮(クン)

・チャングムの誓い  ・ラブストリーインハーバード  ・チュモン

・星を射る  ・ありがとうございます  ・恋人  ・復活

・魔王  ・春の日 ・プラハの恋人

★映画

・四月の雪  ・誰にでも秘密がある  ・私の頭の中の消しゴム


*さっとんベストスリー

第三位 美しき日々  薄幸、複雑な親子関係、交通事故、不知の病などテンコ盛りです

第二位 春のワルツ  天才ピアニストの隠された秘密 菜の花畑がきれいです。

第一位 雪の女王   ストーリー、音楽、キャスティングともとてもいいです。




posted by さっとん at 17:21| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

明日から早起きを実践する

 眠いので今日はもう寝ます。(ツイッターのようになっていくのか)

4時半に起きれるか。
posted by さっとん at 21:48| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

B5ノートで情報を一元化する

 土日と連日トレーニングをしたら体調はかなりよくなりました。

やはり人間の体は動かさなければ劣化してしまうのを身を持って感じてます。


 阿児ライブラリーでアメリカの公認会計士 午堂登紀雄(ごどうときお)氏の
「脳を見える化」する思考ノートを借りました。


記録をするツールとしてブログ、日記帳、ポストイット、ノート、思考ソフト
メモ帳、SNS(ソーシャルネットサービス)などがありますが、著者はB5ノート
を推奨しています。

その理由として

・発想を自由に書き込める
・書き込みしやすい
・持ち運びに適している
・アイディアを出す、問題解決を考えるなどの思考作業に適している


弱点としては
・検索性でデジタル機器に劣る


大事なことは続けることで、誰かが提唱する方法を参照にしながらも、自分に
ベストフィットする方法を模索すべきと唱えてます。


1.B5ノートに仕事もプライベートも英語の勉強もすべての情報を書き込む。

2.アイディア、発想、読書メモ、愚痴、打ち合わせメモ、目標、TODOリストな
どあらゆる発想を書きとめる。
(書くと言うことはものすごく大切なことなのです)

3.キーワードや線や矢印でつないで関連性を持たせる

4.後から何度も見直し、加筆し発展させる


二週間続ければ、ノートがそばにないと気持ち悪くなるそうです。


このブログを行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。
踏み出せばその投稿が記事となり、その文章が道となる。
迷わず書けよ。書けばわかるさ。

                 アントニオ さっとん



脳を「見える化」する思考ノート  午堂登紀雄 著 





posted by さっとん at 20:33| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

たたみを入れ替えた

 昨日は畳屋さんに来ていただき、20枚ほど畳を入れ替えました。

部屋全体が明るくなり、い草の香がぷーんとして、とてもリラックスできます。

なぜこんなに簡単に幸せな気持ちになれることに気づかなったのかと今更ながら、
自分の感性がマヒしていたことを感じます。

 今日は急に涼しくなって雨が降ってますが、また必ず熱波はやってくることを
心に留めて油断しないで生活していきます。



posted by さっとん at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

規則正しく並べる

 昨日に続いて今日も蒸し暑い一日でした。

 3時過ぎにカーペット2枚を取りに来てくれたお客さんが来られました。

毛布類などはかさ張るので2階に上げてますが40度以上あるので、盆明けから並び変え
を怠ってました。

1枚は店に入ってるのですがどうしても見つかりません。

お客さんも気を遣ってくれて「急ぐものでもないし、また取りにきます」と帰られました。

 
 仕事は規則正しく整然と整理されていると、自動的にきちんと処理が進みます。

わかっていてもできない。

暑いのを言い訳に怠惰の清盛になってしまった自分を反省しておりました。

posted by さっとん at 21:05| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

兄が帰ってくる。

 朝9時半頃に兄から「墓参りに行くで。今、鳥羽やでもうすぐつくで」と電話があ
りました。

倹約家の兄は特急は使わない人なので、岐阜から朝5時過ぎの鈍行だったとのこと。

いろいろお互い近況を報告して10時半過ぎに帰っていきました。



 午後6時半過ぎに墓の掃除に行ってきました。

ほとんどの家は除草剤を使っているので草っこ一つ生えてませんが、どうも人工的な
感じがして使ってませんでした。

そのため夏場は草があっというまに伸びてくるので、一度親戚に「墓はきれいにせな
いかん」とおしかりを受けたことがありました。

墓もきれいにしておくと、ちょっと自分の心もさっぱりして、「できるだけ定期的に
墓もそうじしよう」という気持ちになりました。



オリビア・ニュートン・ジョン/カントリー・ロードTake Me Home, Country  中学の時に初めて外国のアーティストのレコードを買った曲です。
オリビアの柔道着にジーンズがすごくかっこいいと思ってました。


posted by さっとん at 19:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。