2011年04月05日

やってはいけない

 つい先ほどまで自治会の年会費の集金に回ってました。
この地域の方たちは民度が高いのか、寄付金や神社維持費など全額支払ってくれました。

夜、玄関に明かりがない家は、足下が暗く非常にあぶないなと思いました。

 以前、スペイン菓子ポルボロンを作っていたスペイン人のエルネスト・バローソ・カラ
スコさんに「ウガタは夜とても暗いね」と言われてたのを思い出しました。

無駄な電気は消すのは当然ですが、街灯は節電してはいけないと思います。


 集金の後、蓮(れん)でしょうゆラーメンを食べたら体に活力が出てきた感じです。


 僕の親戚のおじさんが「ここだけの話やけどの、アパート経営だけはするもんやない」
とつぶやかれました。

「どうしてですか?」と尋ねると

「建てた当初は人も入ったが、25年を超えてくると建物が傷み始めてきて修理に金がかか
ってくる。
満室ならなんとかなるが、この不景気でなかなか入居者がおらんわ」とこぼしてました。



 少子高齢化の影響で住宅の供給過剰が問題視されているようで、将来的には全国での空
室率が40%を超えることが予想されてます。

それでも「サラリーマンが大家さんに」ということでアパート経営を勧める広告をよく見
ます。

マスターの話によると「最初の10年間は社員などが入って埋めてくれるが、その後はロー
ンを追ってくことになり悲惨」とのことです。

 自分の頭で考えて儲けられんもんはフランチャイズですが、商売で店を出すには人口が
最低10万人はほしいとのことでそれもバツ。 
 
コンビニなどは複数店経営するように勧められて、業績の悪い店をあてがわれると経営者
は大変なのだということを教えてくれました。

 この時代においしい話や感動する話は疑ってかかるのが定石なのかもしれません。


我が国の賃貸住宅市場における空室率に関する基礎的考察
posted by さっとん at 20:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

期日前投票に行く

 午後3時過ぎに防災行政用無線の個別受信機を取りに志摩庁舎の5階まで行きました。
地域防災課の職員の方が使い方や注意事項を説明された後、受信機を受け取りました。

その後1階で三重県知事選挙の期日前投票をしてきました。

 民主党推薦    松田直久
 共産党推薦    岡野恵美
 自民
 みんなの党推薦  鈴木英敬                (敬称略)


 近年まれにみる接戦ということで不在者投票でもたくさん来ているかと思ったので
すが、4人ほどでした。(^_^;)

中嶋、さっとん、ナンバーワンホストさとしなどは無効票になるので、大切な一票を
よく考えて入れましょう。


 昨日はコメリでA4サイズのファイルを購入したのですが、どうも留め具がきついの
でサービスカウンターに行き、「これすごく止めにくいんですが」とクレームを言う
と、社員の方が来てファイルの留め具を逆方向で入れ変えるとスムーズに入りました。

1ラウンド7秒ノックアウト負けのボクサーのような恥ずかしい思いで店を出ました。

その帰りに大田屋のたい焼きを2個買いましたが、アンと皮のコンビネーションが非
常に秀逸であり、僕自身もランニングでカロリーを消費しているためか体にたい焼き
がしみこむように入っていきました。ベリー デリシャスです。


 これからの2年間で日本の運命が変わります。
選挙は絶対に行きましょう!とAKB48宮澤佐江ちゃんも訴えてます。


AKB宮澤佐江 期日前投票を初体験
 まもなくAKBの総選挙もありますが、とてもしっかりしたコメントを残してます。(^_^)



posted by さっとん at 17:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

生活設計の立て直し(“家計と個人消費の現状”)

 お客さんで「志摩市の固定資産税が高すぎる」とこぼしている方がいました。

大きな会社がないこの地域の税源として固定資産税の割合が増えるのは致し方ないような気
もしますが、持たざる者には浦山歯科です。


 15分ほど見ただけですが、大前研一の“家計と個人消費の現状”は、日本という国が所有に
対して世界で一番高いペナルティーを課す国であることを説明してくれてます。

日本はこの20年間で不動産資産が45%ダウンしました。



たとえば4000万円のマンションを購入して、次の日に売却すると資産価値が1000万円下がり
ます。

600万円の高級車を翌日売却すると資産価値が200万円下がります。

 
 若者は消費、貯蓄ができない状態。

少し前まで逃げ切り世代と言われた団塊世代の退職金が減り、支払う年金額が増えてきて、
試算によると75歳からの支給にしないと厳しいとのことです。


 35歳35年ローンなど成長期の感覚意識を捨てなければいけません。

会社に運命を委ねていては稼ぐ力はつかない。


子供への投資も自分が稼げるようになってからにすべきと大前氏は主張しています。

日本の企業で売り上げの0.1%を教育費にあてているところは皆無なのだそうです。


 今までの延長戦上での考え方は捨てなければいけないのだと肝に銘じてます。



 日本経済メルトダウンの危機!大前研一 家計と個人消費の現状

posted by さっとん at 18:32| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。