2011年03月28日

うちわもめ

 昨日の宝塚記念は、キンシャサノキセキが昨年に続き勝ちましたが、今日の新聞に引退
と出てたので競馬好きな配送の方に「故障でも起こったんですか?」と尋ねてみました。

キンシャサノキセキは典型的な短距離を得意としている馬で、宝塚記念は短距離(芝1200)
なのですが、次の大きな短距離のレースが秋までないため、種牡馬(しゅぼば)として
種付けをした方が下手にけがをされるよりも儲かるからだそうです。

馬の8歳は人間でいえば30歳過ぎぐらいなので、短距離ランナーの潮時なのかもしれません。


 
 キンシャサの奇跡と言えばボクシングを思い出す人は、多分40代以上の人かもしれません。
当時30歳を超え、ボクサーとして下り坂と思われてたモハメド・アリが、当時最強と謳われ
ていた無敗のジョージ・フォアマンをKOした試合を見て、小学生だった僕は身震いをしまし
た。

ボクシングファンだった僕はそれ以降、日本の世界タイトルマッチはほとんど見ていたと
思います。


 今日はツヨポンの弟で最近保険を始めたK君がやってきて、アンケートを書いてほしいとの
ことで世間話をしてました。

なんで関西と関東では電気のワット数が違うのか? と言う話になり、

K君によると、発電所を立てる時に関東と関西では違う国から技術導入をしたため、そのなご
りでずっとこの形態が続いていたそうです。

電気代を3倍以上にすればこの夏停電を回避できるかもしれないとネットでちょっと読んだ話
をしました。

 
 昨日も床屋さんで、「もし熱帯夜でクーラーも扇風機もダメだったらうちわで扇ぐビジネス
が生まれるかもしれません」と言うと

「うちはダメです」と返されて、お後もよろしかったようです?


 

    
          電気料金は現在の3倍以上が望ましい 井上晃宏
posted by さっとん at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。