2011年03月10日

円高の何が「悪」か

 円高のメリットとして海外旅行が安くいける、輸入業者が外国の商品を安く仕入れて、
消費者は安い値段で買えます。

しかし、日本の会社はほとんどが輸出を主体としているので、「円高」の状態を続ける
と企業が海外に移転してしまうリスクと超割高リスクが発生し、雇用を大きく失いまし
た。



 今日の夕方5時現在の円の為替相場は、一ドル82円76銭でした。

2007年の平均が約一ドル120円だったので、4年で約37円も円高です。

たとえば2007年に月給を30万もらっていた人は、ドルベースで2500ドル(30万÷120円)
でした。

ところが今日のルートで計算すると3624ドル(30万÷82.76)となり、ドルベースで見た
日本の労働者の給料は、44.9%(3624÷2500)も上昇したことになります。

これではどれだけコスト削減を行っても、まともに海外の企業と競争などできません。

もし僕が経営者なら労働者の給料を206900円(82.76×2500)に引き下げるでしょう。


 また、日銀総裁の速水さん(故人)は“円高は国益”と唱えてたし、2009年9月民主党
鳩山政権時の藤井裕久元財務大臣は円高容認発言をして市場がそれに反応して物議をか
もしました。

 2008年9月にリーマンショック後すぐに、日本以外の中央銀行は市場に大量のお金を
供給しましたが、日本がデフレ対策に本格的に腰をあげたのが2009年12月に10兆円規
模で成果はほとんどありませんでした。

お金の量を増やす努力を怠ったことが、世界で唯一10年以上デフレ・円高が続いている
原因とのことです。

 経歴とか権威と財政運営能力とは別の次元であることをつくづく感じます。




参考文献
   デフレと円高の何が「悪」か  上念司 著 光文社新書
   
   円高株安 藤井発言は『正しい』が

   ヤフーファイナンス
   
posted by さっとん at 17:40| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

アラ煮で飲んでます。

 国際化が進む中、今年からワインを飲むように習慣ずけてますが、あてはスーパーで魚の
「あら」を買ってます。

こんなことだけなぜか几帳面な僕は、煮魚の基本味付けの黄金律 
しょうゆ:みりん:酒:水=1:1:4:4 を忠実に守って煮込みます。

今は、ボーヴィヨン(白)(赤)を飲んでます。

フランスワインとチリワインの相違を経験し、文章にまとめる課題学習(文岡中学校方式で
35年前はマスコミでも話題になる)を自らに課してます。

まだ経験不足で何とも言えませんが、ワインも日本酒やビールとはまた違う味わいがあり、
舌にのせながらのど元を通り過ぎる瞬間は至福の一時です。




 今日は村上春樹の「羊をめぐる冒険(上)」の第一章1970/11/25を読みました。

70年初頭の大学生は、現在、団塊の世代と言われる方たちですが、学生運動が盛んで、本人
は勉学に情熱を持てず、宙ぶらりんの生活をしてました。

誰とでも寝ると思ってた少女との会話の退廃的な雰囲気が、当時の学生の雰囲気を醸し出し
ているような感じがしました。

「25歳で死ぬの」と言ってた彼女が数年後、交通事故で26歳の若さで亡くなったと新聞の
片隅に載っていた。

ここから話が始まるようです。


posted by さっとん at 19:12| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

マイルス・デイビス「Kind Of Blue」を聴く

 スペイン村のハーフマラソンをエントリーしたのに練習を3日ほどさぼってたので、
日曜日に2時間ほどサンライフでトレーニングをしました。

その後、夜の7時頃にゲオでビートルズの「With the beatles」とマイルス・デイ
ビスの「Kind Of Blue」を借りました。

カウンターにCDを持っていこうとしたら急に立ちくらみがしました。
この年になったら計画を立てた無理のないトレーニングをするべきだったと反省。

オーバーワークは怪我の元です。


 
 昨晩はツヨポンと恒例の鳥新会で、これからの伊勢志摩はどうすればよいか?など
を語りあいました。



 さて、ジャズの画期的事件という以上に、20世紀の音楽界における決定的瞬間であ
り、ミュージシャン、評論家、一般大衆、と誰からも高い評価を誇る稀有な傑作マイ
ルス・デイビス「Kind Of Blue」の丸川京子氏の解説。

もし、初めて「Kind Of Blue」を聴くのだとしたら、これからのあなたの人生に
とって欠くことのできない一枚になることを覚悟しておいた方がいいだろう。

「天国で作られたに違いない」という評価を得ているが、多くの人々は同意
せざるを得ない。





 音楽評論家のロバートパーマー氏の解説では、いかに普遍的な名作と呼ばれる作品
やアーティストに関してもそれぞれに自分の意見を持ち、議論を交わすのが好きなも
のだ。

世の中には冒すことのできない神聖な名作など存在しないと言わんばかりである。


 たとえばロックの愛好者が全員、ビートルズの「サージェントペパー」を高く評価
しているかと言えばそうではない。

好きでないものにとっては、統一感に欠け、未熟な楽曲を寄せ集めた、時代遅れの骨
董品にすぎない。


 ところが「Kind Of Blue」はそれを誹謗する者がいたとしても非常に少ない。
「Kind Of Blue」からは、口にしてはならないほど神聖な何かを感じざるを得ない
のである。




 時代を超越する最高峰の音楽を今聴いています。

 
posted by さっとん at 18:37| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

王将のこってりラーメン

 今日は朝方雨が降り、ごみを出せませんでした。
いまは曇り空でストーブをつけないと寒いぐらいです。


 昨日の日曜日は津方面に行ってました。

その帰りに寄った伊勢の王将で、こってり定食を頼みました。
以前たまたまこってりラーメンを食べた時に、僕が大阪にいたときに衝撃を受けた
天下一品ラーメンの味に少し似ていたからです。

サラリーマンの頃にさかいさんから「ナカジマ、うまいラーメン屋連れてったるわ」と
いうことで天下一品瓢箪山(ひょうたんやま)店に入りました。

コーンポタージュのようなスープに麺がからみつき、「なんだこれは?」とそれまでの
ラーメンという僕の固定概念を打ち破りました。

このラーメンではそのまま食べるよりも、テーブル備え付けのニラとからしみそ(でき
ればニンニク)を小さじ1杯ずつ入れて食べるのが通の食べ方です。


また、このラーメンは賛否両論があり、ツヨポンのような「このラーメンをおいしい
という人間を理解できない」という否定派と毎週土曜日に通っていた僕のような熱烈
支持派に二分されます。

 王将が天下一品を意識したのか、潰しにかかっているのかはわかりませんが、ラーメ
ン界の仁義なき戦いを思わずにいられませんでした。


110306_123109.jpg
(王将 こってり定食)


  「餃子の王将 新人研修」
  天下一品ラーメン
posted by さっとん at 12:55| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

チャンピー悪女伝説

 本日はお忙しい中、多数お集まりいただきありがとうございました。
それでは報道陣、一般の方にチャンピーから質問します。

みなさんは、聖女のチャンピーが好きですか? 拍手をお願いします。

それとも悪女のチャンピーが好きですか?

110304_195432.jpg


110304_195435.jpg
 (モデルとしての自覚も芽生え始めてきた。)


 フィリピンから帰国した直後に逮捕された小向さんは容疑を否認していますが、チャンピー
も今月14日に避妊手術を受けることになりました。

キャット界の沢尻エリカことチャンピーも風格と気品を兼ね備え、最近は玄関のくつ箱の下に
隠れて脱走の機会をうかがってます。猫


 
posted by さっとん at 16:42| Comment(0) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

第二世代チャーム(*^_^*)

 今日も昨日に引き続き寒かったです。


 物質が「何でできているか」を考えることが宇宙の神秘を解くかぎになるのが、
素粒子です。

 原子をバラバラにすると「電子」と「クォーク(アップクォークとダウンクォークの
2種類)」になります。

しかし、宇宙には「ニュートリノ」という素粒子もあります。

「電子」、「クォーク(アップクォークとダウンクォークの2種類)」、「ニュートリノ」
を素粒子の標準模型では、第一世代と呼びます。


 “なぜ原子核(陽子と中性子)はバラバラにならないのか”を解くかぎがノーベル賞を受賞し
た湯川秀樹博士が予言した「中間子」の存在です。

原子核の内部では、陽子と中性子がその粒子(中間子)をやりとりしているため、その力でひっ
ついているとのことです。


 高校時代に物理をとってましたが、中間試験の点数が悪く中間子どころではありません
でした。




 その後、ミューオンという第二世代の素粒子が見つかりました。

「クォークには第三世代まである」と予言したのが2008年にノーベル賞を受賞した小林誠
さんと益川敏英さんです。

 
 1974年にアップクォークに対応する「チャームクォーク」が見つかり、物理学者たちは
11月革命と呼ぶ大発見だったそうです。


 素粒子の標準模型


宇宙は何でできているのか 村山斉 著 幻冬舎」引用


posted by さっとん at 19:04| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

年よりは若者たたきばかり言うとらんと若いもんが住みよい町にするにはどうしたらよいか考えたらないかんと思う。

 今日も冬が戻ってきましたと冷え込む一日でした。

 2時頃、今年は自治会の班長が回ってきて係りの方から「ナカジマのシマは、“嶋”なんやな
あ。間違って印刷してしまいすみません」との電話がありました。

 3時前に60代前半ぐらいの男性のお客さんが「今年4回目ですわ。この前は重親戚で30万包
んだすぐにまた葬式で本当にいやになるわ」と礼服上下を出してくれました。

洗濯物を持ってきていただく僕の立場で、葬式にしか必要とされない現在の日本の形骸化した
仏教を批判する気は毛頭ありません。

最近はイオンも葬祭業に参入してきて仏教界と激しく対立しています。



 回覧板で回ってきた3月号の広報しまに“稼げる、学べる、遊べるあたらしい里海をめざし
て”と新しい時代のまちづくりとして志摩市が打ち出しています。

これも若者が定住しなければ絵に描いた餅になってしまうと思います。


大阪にある應典院(おうてんいん)は、市民の“学び、癒し、楽しみ”の場所として
お寺として、全国で最も若者が訪れる寺なのだそうです。

檀家さんがいない、お葬式をしない、そんな一風変わったお寺です。



一昨年の「棲鳳寺だより」の住職より、近年都市部においては「直葬(ちょくそう)という葬
送形態が増えてきて、通夜や葬式も行わなず、火葬と納骨だけで済ませることが増加してきて
いるのだそうです。

しかし、この形態では、この後も故人を「仏」として供養することができないので、様々な支
障が生じてきます。

愛する人の死というのは、突然訪れるので、「迷い」「惑う(まどう)」ことは当然ですが、
そこで故人にあらためて感謝し、「死」というものと向い合う機会を大事にしてほしいとの
ことが書かれてました。


 昔ながらの風習も尊びながらもそれに固執することなく、新しいものを創っていかなければ
3人に一人が高齢者となる十年後には檀家制度を維持していくのも困難になるかもしれません。


   應典院(おうてんいん)



posted by さっとん at 19:16| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。