2011年03月17日

文岡方式(課題学習)がすぐれていたことに気づく

 以前にも書きましたが僕が35年前に通っていた文岡(ふみおか)中学では、生徒自らが
課題(問題意識)を持ち、生徒たちで問題を解決していくという当時脚光を浴びた「課題
学習」が行われてました。


まずクラスを5~6人の班に分け、班長・副班長を決め、教科委員が司会進行をし、先生は
生徒に与えていた課題を発表させた後に説明に入ります。


教科の先生が執筆された「学習の手引き」には、この教科で何を学ぶのか? 
予習、復習の方法、ノートの利用の仕方、まとめ方、どういう方法で学ぶのか?
などが詳しく書かれてました。

たとえば英語の暗唱ノートでは、教科書の本文を、右側に日本語、左側に英語を書き、
先生にあてられてつまると「はい、つぎ」と次の人が暗唱しなくてはいけませんでし
た。

学習の手引きをうまく活用してた人は僕の推測では10%ぐらいではないかと思います。

 能力の高い人も低い人も同じ負荷(学習内容)を与えられることが辛かったはずです。

サンライフ阿児のように筋力に応じてコーチがプログラムを立てるシステムを確立できて
いれば、文岡中学はラサールや開成に匹敵する学校に成長していたかもしれません。



 僕はギターを以前熱心に弾いてたのですが、人前で演奏するには暗譜をしないと自信が
もてず、うまく弾けません。

今でこそ丸暗記こそ骨太な知識となることがわかりますが、圧倒的な学習量を要求される
ことに当時非常に要領の悪かった(今もですが(-_-))僕は脱落していきました。
(僕の勉強不足でした、どうもすみません⇒社会のS本先生の口癖)


暗記こそ創造性や知性が育つエネルギーになるのです。
中年は自信を取り戻すには、暗記だと肝に銘じなければいけません。

posted by さっとん at 17:22| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

なぜナカジマのブログはアクセス数がのびないのか?

 今日は真冬並みの寒さに戻り、夕方4時頃に雪もちらつきました。

 9時にトヨタカローラで一年の定期点検を受けている間、おいしいお茶を女の子が入れて
くれました。

10時過ぎに戻ると昭和堂のおじさんが「あおさ」と「煮魚」を持ってきてくれました。

朝、鯛のアラの煮魚を食べたのですが、昼も煮魚でも味付けがよいのでおいしくいただけ
ました。



 以前、政治評論家の田原総一郎さんが「視聴率をものすごく気になるので、番組が終わ
るとスタッフにどれだけいったかを必ず尋ねる」と言ってのたのですが、僕も朝起きると
前日に何人のアクセスがあったかとどのような検索ワードでこのブログに漂流したかを確
認します。


だいたいこのブログで一日あたりの訪問者数は、80~200人ぐらいの間を上下してますが、
それからあまり増えないのはなぜか?

・基本的に僕のギャグがさむく、文章がおもしろくない、笑えない

・題材がだいたい見える

・新聞や週刊誌のような一般的なネタを持ってくる

・ためになる情報がない、時間の無駄を感じる

・登場人物がイメージしにくい

・ナカジマの人間性にいやみを感じる

・エロや萌えが少ない

・さあ明日もがんばろうという気持ちが湧き起らない


 ネガティブな考えを書き出すとポジティブな自分がやってくることを期待しながら、
今日もブログを涙こらえて書いています。
posted by さっとん at 19:18| Comment(3) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

スマートノートで「西山慕情が丘の由来」につっこみを入れる

 B5の大学ノートを両開きの右から使うのがスマートノートの基本です。

情報、思ったこと、アイディア、自分の心理状況、感想、夢など、とにかく書いてみます。

そして左に右側で書いたことに対して突っ込みや批判、賞賛、イラスト、らくがき、客観的
な視点で好きなことを書きます。

この逆転の発想が僕にはとても衝撃的でした。



 この拙ブログも書き続けていると、自分の中で文章がどんどん出てくる時と、全く脳が停
止状態の時があります。

狩猟民族のアメリカ流の効率主義(スマートフォン)だと目標に対しては明確なのですが、
獲物(目標)は一度捕らえるとまた新たに目標が必要です。

農耕民族である日本流の農耕主義(スマートノート)は、枯れ地を腐葉土の豊富な土壌に変え
て四季を通じていろんな作物を収穫をできるようにする発想です。


 たとえば3月13日の「西山慕情ヶ丘の由来」をノートの右側に、突っ込みを左側に書いてみ
ました。


・若い女性は新しい彼氏はできなかったのか?
 不細工だったのか
 デブだったのか
 美人で仕事ができすぎか

・好奇心だけですぐに行動に移す青年は、感情面、性格面に問題はなかったのか?

・青年に小舟を貸した人はいくらで貸したのか? 免許はいらなかったのか?

・青年は何の仕事をしていたのか?

・もし事故が起こったら彼女が悲しむとは思わなかったのか?

・彼女は香典をいくら包んだのか?

・両親の元で過ごしている時にお見合い話はなかったのか?



ストーリーを利用したマーケティングは観光にも応用できるのではと、一人でほく
そ笑むナカジマであった。
    ↑
   ばっかじゃなかろかルンパ!
posted by さっとん at 20:02| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

チャンピー避妊手術

 昨晩の9時から餌も水を与えないようにとの指示があったのですが、朝いつもなら
あるはずの餌がないことで強く自己主張をしてきたため、武士の情けで少しだけあげ
てしまいました。

今日の朝9時溝口動物病院に行くのに逃げないように洗濯ネットに入れて運転してい
ると「ギャー、ギャー」と普段品のいいチャンピーがすごい剣幕でわめき出しました。

診察を受ける時に先生から「何も食べさせてないか?」と質問があったのですが、
「もしかしたら台所の水を飲んでいたかもしれません」と答えると、
「麻酔中に消化器に食べ物や水がつまって死ぬこともある。本当に危険な時もある」
と言われました。


避妊手術が19500円、任意の心電図などの各種検査が11000円で30500円かかりました
が、大好きなチャンピーなのでそれほど苦になりませんでした。

スナックの女の子やあまり好きでない女性に酒を一杯サービスするのは少し苦になる
ものですが、好きな女性に金の糸目はないのと同じかもしれませぬ。

今晩一日入院で明日の朝に引き取りに行きます。




 なぜ避妊させることが必要か?

生後半年ぐらいで日が長くなる季節になると猫は発情してきます。

猫の場合は、何度も妊娠して5、6匹ほど生みます。
それを世話していくのは、経済的にも体力的にも非常に大変です。

また人間は一般的に理性があり、“誰の子でもいい”人は少ない?のですが、猫は
恋愛感情などはなく、食欲、排せつ欲、睡眠欲と同様で、妊娠しないとストレスとなり、
非常に苦しく病気になりやすいのだそうです。


卵巣や精巣があることで将来起こる可能性のある病気もあり、猫が幸せに一生を送るた
めにも避妊は不可欠なのです。




 3月11日に「東北地方太平洋沖地震」が発生し、多大な被害がもたらされ現在も多数の
被害が報告されております。
被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。



posted by さっとん at 22:31| Comment(0) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

西山慕情ヶ丘の由来(日本の夕陽100選)

 日本の夕陽100選に認定されている立神(たてがみ)の西山慕情ヶ丘に行くと、西山慕情ヶ丘
の由来が看板に記されてました。



 ある年の春、若い男女が真珠の故里「多徳島」を訪れた。

男は婚約中の若い女性に真珠の首飾りを贈るつもりであったが、始めて見る英虞湾(あごわん)
の見事な造形美に都会育ちの二人には想像を絶するばかりで、殊(こと)に対岸の西山は霞(
かすみ)に棚引いて目を奪うばかりであった。

 この景観に魅了された青年は好奇心も手伝ってか対岸に渡りたいと言い出し、一人小舟を
借りて西山向かって漕ぎ出して行ったが、変わりやすい春の嵐に巻き込まれ舟は助けを求め
る暇もなく転覆し、遂に帰らぬ人となってしまった。

 この悪夢のような出来事に最愛の人を失った女は、傷心の身を両親のもとで過ごしていた
が、翌年の春想い出の地西山に桜を植えて、恋しい人の面影を慕った。


 毎年春になるとこの桜のもとに乙女の祈る姿を見て哀れと思い「慕情ヶ丘」と名付け、
日ごとに映える荘厳(そうごん)な夕焼けをせめてもの若い二人への神の餞け(はなむけ)と
した。

          
                             故  松葉清香


110313_095622.jpg


<最近聴いてる歌コーナー>

       岸田智史  夕陽の中で 
posted by さっとん at 11:56| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

未払い残業代を取り戻せ!

 昨晩は、らんぷの泡立ったコーヒーが飲みたくなり、そこで週刊誌の「プレイボーイ」
を久しぶりに読んでいると「未払い残業代を取り戻せ!」という記事が目につきました。

月収20万円のサラリーマンの場合、毎日1時間残業すると年間約36万円の収入アップに
なります。

ところが、この不況下で長時間ただ働きか、わずかな手当だけのブラック企業が急増中
なのだそうです。

 ある大手ホテルチェーンに働いていた女性は、フロントを25時間連続勤務(4時間15
分休憩)の一人体制であったのですが、夜間の休憩中も宿泊客は出入りするので、労働
組合に入り、労働条件の改善を求めたそうです。

裁判での会社側の言い分は、「トイレ1回5分、6回行けば30分は労働時間ではなくなる」
という論理でした。

また、タイムカードを撤廃させたり、勤務表に「残業」の記入を禁止させたり、営業職
などによくある裁量労働制にして一定の手当でどれだけでも残業を強いられる方法にし
ているところが増えているとのこと。


 IT企業では月200時間超で残業手当なしの例もあるそうです。

確かに日本の経済は中小企業のサービス残業で成り立っている部分が大きいのですが、
それが不況による経費削減を言い訳に度を越えています。

経験の少ない若者は逃げ場がなく、政治も頼りにならない状態です。

ただ働きは絶対にしない強い気持ちを労働者側も持ち、タイムカードのコピーや時間の
証拠を残すようにすることで自分を守ってほしいとのことです。 




 
posted by さっとん at 12:19| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

ネットビジネスをするなら勝間和代に学べ!

 誰でも好きなアーティストや作家なり持っていると思いますが、僕の場合も例外では
ありません。

僕の場合は、以前“いつまでもデブと思うなよ”でダイエットを始めるきっかけを作って
くれたオタキングex社長、オタク評論家の岡田斗司夫の本は、とてもたくさんの気づきを
もらえます。


 最近、出版された毎日2ページ書くだけで人生が変わる「スマートノート」が届き、
ざっとななめ読みをしました。

今、将来に全く不安のない人というのはごく限られた人しかいないと思いますが、
もし、自分が天才になれば周囲はほっとけないキーパーソンとして迎え入れてくれる
でしょう。

天才は、発想力、表現力、論理力が他者より飛ぶ抜けて優れています。

 北野武やダビンチのような天才とまではいかなくても、岡田斗司夫レベルまで自分を
引き上げる方法が見開き2ページのノートに書くという作業を百姓が米を育てるように
地道に積み重ねることです。


「見識」を持つ人になるには、「知識」「人格」「教養」が必要です。

「知識」 情報を個人のフィルターで包んだもの

「人格」 取り組んだ知識をどう解釈するかとういうスタンス

「教養」 アカデミックな場所で研究され、確立されている知識体系
       (アニメ、映画、オタクなどのポップカルチャーも含む→くだらいない
        という人は知性が足りない人)


 著者は、ネットビジネスに関心があり、経済評論家の勝間和代さんを勝手に師匠と
してメルマガ、著書、手帳などあらゆるものをノートに書き、それが大変役に立った
と述べてます。


ブログでも日常のさりげない話をユーモアを交えてほのぼの伝えてくれるものに知性
を感じることがあります。

地道に弛まぬ努力を続けることが大切なのは、あらゆることに言えると思います。



 僕も以前、パソコンの先生やギターの先生の師匠を持ってましたが、辛抱が足らず、
今に至っています。もうやだ〜(悲しい顔)

反面教師のブログとして活用していただければ、この上なき喜びとはなりませんが
今後ともよろしくお願いします。 
 

posted by さっとん at 18:02| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。