2011年01月25日

ノマドワーカー じゅん君(^_^)

 昨晩(午後9時30分頃)はイーストポイントでコーヒーを飲んだ後、ギャオにビートルズの
「プリーズ・プリーズ・ミー」と「サージェント・ペパーズ・ロンリーハート・クラブバンド」の返却
をしてたら、純くんが入ってきて驚きました。


「これでも今日はいつもより早い」とのことで、「明日の東京日帰り出張のため、新幹線で
見る映画を借りにきた」と言いました。


「あんたは何か借りるんか」と尋ねられたのですが、「最近、映画を観る気力が減退している」
と答えました。

勉強家の純くんがこの頃好きなのは、中国映画の歴史時代もののようで、「だいたいほとんど
観た」と言いました。

「あんたのおすすめは何や?」と質問されたので、「少し前に孫文がよかった」と答えました。



以前さっこちゃんから推奨された“春のワルツ”も感動すると言って棚を見たらDVDは、すべて
貸出中になってました。

やはりおもしろいのはみんな知ってるものだなあと思いました。


 僕の個人的に韓流ドラマで一番よかったのは、ヒョンビン主演の“雪の女王”です。


 
 「純君は、ノマドワーカーみたいやなあ」と言おうと思ったのですが、「ド」だけしか出て
こず、ど忘れしてしまいました。

結局5本1000円で借りたようです。



ノマドワーカーとは、カフェや電車など職場以外でもどこでも仕事ができる人を指します。


新しい言葉を普段使う機会が少ないので、できるだけ独り言でも言うようにしようと思い
ました。



 ノマドワーキング




posted by さっとん at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雇用喪失

「国内の生産や雇用が日本から「流出」している。製造業がアジアなど海外に生産をシフ
トしたことから2008年度は国内生産額が35兆円減、雇用は96万人ほど下押しされたも
よう。
09年度以降も流れは変わらない。

日本企業にとってグローバル化は避けられない道。
国内に見切りをつけるような脱ニッポンに歯止めをかけ、内外企業の国内投資を促すには、
高すぎる税制や昔ながらの規制の見しが重要になる」
(2010年5月31日 日経新聞)



 2008年で日本の企業が海外に出ていくことで売上で35兆円、失われた雇用が約100万人。
                  (GDP(国内総生産)7%減)
円高が続き、政治が迷走する中で企業は海外に出てしまい、一般人の雇用がとても厳しくなっ
てます。

その一番のしわよせが若年層というのでは本末転倒です。

与謝野さんには、経済をしっかり立て直すために必要なことはどんどん進めてほしいと思います。

posted by さっとん at 12:48| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。