2011年01月17日

志摩の風景と暮らし

<賢島大学第9回講座のご案内>


(第一部)

【題 目】志摩の風景と暮らし

【講 師】清崎 博(画家・国際交流協会長)

【テーマ】国立公園の中に暮らす人々と地域作りの大切さ
     伝統文化の伝承(安乗人形芝居)と人々の努力
     国際交流事業と志摩の活性化を語る


(第二部)

【題 目】伊勢志摩に住む野鳥たち

【講 師】広 辰司

【テーマ】伊勢志摩の魅力は、自然、海そして野鳥たち
     地域の魅力発見は、野鳥の観察から始まる
     今ある野鳥の生態を後世に残していくには



【日 時】2011年1月20日(木) 午後7時より

【場 所】代々木高校ホール
      駐車場は代々木高校前及び近鉄独身寮の前

【会 費】500円

【問合せ】代々木高校内・賢島大学事務局 西尾
     ☎ 0599-43-6177

posted by さっとん at 15:27| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

あいつがいるとうまくいかない

 今日は松坂シティーマラソンがありました。

今年は7月まで大会に出ないことにしてるのですが、ジョグノートを見ると冷たい風でゆっくり
走ることもつらく、ランナーたちも苦しめられてたようです。




 すべての物理現象は、その前後でエネルギーの総量が同じでなければいけません。
                    (エネルギー保存の法則)

原子は、正の電荷を帯びた原子核と、負の電荷を帯びた電子から構成されると考えられています。

原子核はさらに陽子と電気的に中性な中性子から構成されます。




エネルギー保存の法則が根底から覆されたのが、“中性子のベータ崩壊”です。

ベータ崩壊とは、、原子核の中にある中性子が電子を放出して陽子に変わる現象のことです。

中性子は電荷が±0で、陽子は+1ですから、中性子から電子(電荷−1)が1つ飛び出すと、

電荷が+1となって陽子になるわけです。
 (宇宙は何でできているか 村山 斉 著 P36 4〜7行)


炭素の同位元素である「炭素14」は、6個の陽子と8個の中性子を持っています。
(ふつうの炭素は陽子も中性子も6個)。
その中性子の一つがベータ崩壊を起こすと、陽子と中性子が7個ずつになる。
これはもう炭素の同位元素ではありません。
原子量7の窒素に変身してしまいます。
 (宇宙は何でできているか 村山 斉 著 P36  9〜12行)


 その粒子は質量が0、物質を通り過ぎてしまい観測できないほど小さい。

その物質を観測したのが2002年にノーベル物理学賞を小柴昌俊さんです。

その物質の名は、「ニュートリノ」。


超新星爆発で大量のニュートリノが生じたことは、その星が地球や太陽と同じ“原子”で
できているということです。


小柴さんがニュートリノを観測できた超新星は地球から16万光年離れてます。

爆発から16万年かけて観測された時が小柴さんが定年を迎える1か月前だったそうです。

そしてその時に「あいつがいると必ず実験が失敗する」という研究員が不在だった幸運が
重なったのだそうです。

 やはり偉大な業績を残す人は、恐ろしく強運の持ち主であることがわかりました。


posted by さっとん at 22:46| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

目標直前が一番つらい(-.-)

 おととい店を閉める直前にツヨポンがダウンジャケットを持ってきてくれました。

「ところであんたの68キロの目標は達成できたんかな?」との質問があり、

「68.4までいったが、そこから正月にもちを食べすぎて70キロの間をいったりきたり
してます」と答えました。

「“いいわけ人生”のあんたがどんな“いいわけ”をするかが楽しみ」であったようです。

 ゴール間近になると急にプレッシャーがかかり、ちりめん亭でラーメンを食べてしまいます。

精神麺のもろさが露呈。



勝負師であるツヨポン論では、「人は目標を言うて言いっぱなし、目標未達成だと、こ
の人はこれぐらいのレベルなんやなと評価する」そうです。

 
 “目標を人に話してはいけない”理由が少しわかってきた今日この頃です。犬


posted by さっとん at 18:14| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

こーら、おいしいってば!

110112_122208.jpg
  (手羽先のコーラ煮)


1.鶏肉に熱湯をかけてくさみを消す

2.2人前の場合は、コーラ1カップ(90CC)に、しょうゆ1/8カップ(約10C)としょうが1片

3.煮立ったら鶏肉を入れる

4.煮汁がなくなるまで煮込む

(おかずできた 上村泰子 著)→阿児ライブラリーで借りれます!(^^)! 
posted by さっとん at 18:04| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

LPガス、灯油、コーヒー豆が上がる

 モリ京から書面にて「LPガス輸入価格の高騰に伴うガス料金の改定についてのお願い」が
maruiムティとともに入ってました。

来月2月検針分より使用料1㎥につき30円の暫定値上げになります。



最近、原油価格が急激な高騰を続けており、朝鮮半島情勢の不安定などが原因です。



 昨晩はイーストポイントに珈琲を飲みに行くとテレビタックルをやってました。

テレビを見ているマスターに「コーヒー豆が上がるって聞いたんですが」と質問すると、

「中国が原因さ」と苦渋に満ちた顔で答えてくれました。

最近は中国人の富裕層もコーヒーを飲む人が増えてきて、買い付けで日本まで回りにくく
なっているために豆の価格が急騰しているとのこと。

もしコーヒーが一杯700円になれば飲む人も限らてきます。

 景気が悪いのに物価が上がるスタグフレーションの懸念も出てきていると似非(エセ)経済
評論家のナカジマが警鐘を鳴らしてます。



中国でコーヒーブーム、豆不足・価格高騰へ

posted by さっとん at 18:35| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

IME2010で一歩先行く日本語入力

 昨晩は大島すしで盛り合わせをたべました。

大将が今年が厄(やく)で、年末年始は仕事と神社で「超忙しかったです」とこぼしてま
した。

「鵜方の厄がこんなに大変だとは夢にも思いませんでした。お金払って(8万円)行事はすべて
厄年の人らでとは知りませんでした」と大将が言ったので

「でもこんな機会しか同級生に会えないやろ?」と尋ねると

「それもそうなんですけど、でも大変でした」と実感がこもってました。



 今マイクロソフトが無料公開しているIME2010は、変換も従来より非常に進化しています。

また「検索プロバイダー」という機能が新たにつき、変換中の言葉を用いて、webページを
検索したり、辞書で言葉の意味を調べることもできます。

http://www.microsoft.com/japan/office/2010/ime/default.mspx
  (マイクロソフト IME2010 )

 ダウンロードができたら、言語バーの「ツール」ボタンをクリック、「検索機能」→
「検索プロバイダーを追加」を選択

webページが開くので、案内に従って、利用したいサービスを追加してください。

(参照 日経パソコン2011 1/11号 P85〜86 IME2010で日本語入力)

posted by さっとん at 20:10| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

ものすごく小さくて大きな世界

 「宇宙は何でできているのか? 素粒子物理学で解く宇宙の謎」の序章を読みました。

宇宙はどうやって始まったのだろう?

なぜ僕はこの宇宙にいるのだろう?

と疑問を持つのは僕が暇人なのかもしれませんが、imagineを膨らますことも大事かなと思い
ます。


 この10年間で宇宙研究は、人工衛星、巨大な望遠鏡、実験施設の充実、粒子加速機などの
発達で今までの概念が大きく変わってきたそうです。

地動説を唱えたガリレオ・ガリレイが初めて空に天体望遠鏡を向けたのは1609年のことでした。

ガリレオは、「宇宙という書物は数学の言葉で書かれている」と言う言葉を残しました。


 たとえば、リンゴの直径が10p(0.1m)

人間の身長は桁が一つあがって1〜2m

ビルやマンションは桁が一つあがって約10m

東京タワーがもう一桁あがって(10の2乗×3)333m

富士山がもう一桁あがって(10の3乗×3)3776m

地球が太陽の回りを回る公転する軌道の大きさが富士山の一万倍の一万倍
            (10の11乗)

太陽系は10の20乗

今観測できる宇宙のサイズが10の27乗という天文学的な数字のスケールです。



 逆に素粒子の大きさを考えると

原子1個の直径は10mのマイナス10乗

今までは原子が一番小さいと考えられてました。

それが原子核の発見により、そこに「陽子」や「中性子」があり、その「陽子」や「中性子」も
クウォークという素粒子で形作られているそうです。

その大きさは10mのマイナス35乗

原子と比べても途方もなく小さいのです。


 最近の研究では素粒子と宇宙研究がとても密接につながっていることがわかってきました。

ものすごく小さな世界とものすごく大きな世界の関連を読んでいきたいと思ってます。



 宇宙は何でできているのか  村山 斉 著 幻冬舎新書

posted by さっとん at 20:44| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。