2011年01月31日

日曜日

 今日は晴れてますが、風が強く肌寒さを感じます。

 昨日の10時ごろに親戚のおじさんから電話があり、「ひでやん(のぶちゃんの父さん)が亡
くなったので香典用意しときない」と連絡がありました。

僕の家の前にはセレモと虹のホールやナカガワの看板が立つのでいつもはチェックをしてま
すが、事故などがありその日はしてませんでした。

やせたせいでカッターの首が42cmだとゆるゆるになってしまったのでジャスコ阿児店で白カッ
ターを買いにいきました。

ジャスコでは照明の具合で白に見えたのですが、家に帰って見るとわずかに水色であったので
あわててわたせいに買いにいきました。

 
 セレモでの通夜(午後5時)にはなんとか間に合い焼香をさせていただきました。
ご冥福をお祈りします。


 その後、すき家で牛丼並と健康セットを頼み、磯部のサニー床屋さんに行きました。

「近いうちに“しらき”に警察署が移転するで少しは早くなる」とおやじさんが言われましたが、
志摩と鳥羽の中間地点の磯部にあれば一番いいとの話でした。

床屋さんは地元のいろいろな情報を持っているので、悪いことはできないと思いました。


posted by さっとん at 12:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

一寸先はハプニング

 昨晩8時過ぎ頃にゲオで、NHKの大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』に主演している上野 樹里
が出演している『スウィングガールズ』を借りました。

マイルス・デイビス 『Doo-Bop』を借りたかったのですが、残念ながら置いてませんでした。



 店を出て、横山口で信号待ちをしているとズドンと鉄がびしゃけたような音がして
後ろの車がぶつかってきました。

とりあえず車を駐車場に移すと、相手の人が「大丈夫ですか? えらいすみません、横のシ
ャツがすべって落ちてしまったのを拾おうとして」と降りてきました。

「とりあえず警察に連絡します」と僕が言うと、免許書と連絡先を言ってくれました。


志摩市の場合は警察署が鳥羽から来るため45分ほど待ちました。
その間に保険屋さんと友達に連絡を入れました。

トヨタカローラの社員の方も偶然お客さんから聞きつけ、かけつけてくれました。



もし御座で事故をしたら1時間半近くじっとしてないといけません。
やはり警察署は志摩市にも置くべきだとその時実感しました。


 相手の方が病院の手配もしてくれたので、今日の朝8時30分に志摩病院の横山先生に
診察をしていただきました。

今のところどこも体に支障はないのですが、3,4日ほど様子を見て悪かったら来てくれとの
ことでした。

3時には予約していた和穂歯科に行き、奥歯がしみるのを治療してもらいました。

その後、事故車をトヨタカローラに持っていきました。
保険屋さんが気をきかして?カローラの新しいのを出してくれたとのこと。

このままずっとこの代車に乗っていたい気持ちになりました。



☆阿児ライブラリーは特別整理期間のため2月1日から11日まで休館です。


 

<最近聴いてる歌コーナー>

 僕のカラオケの数少ないナンバーです。
 今の心境に近いものがあります。
 
 美川憲一 幸せになりたい 

 
posted by さっとん at 18:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

電子記録

 ブログという言葉は「ネット上の電子記録」を表す「ウェブログ」から来ています。

「ブロガー」というブログの作成用ソフトを開発したのはネブラスカ州出身の当時20代後半
のエバン・ウィリアムズ氏。

ホームページを作るにはそれまでHTML言語を覚えなければならなかったのですが、使え
る人はパソコンマニアのような一部の人だけでした。

予想どおりツールは人気を呼んだのですが、資金は底をついてました。
     (ネットバブル)

資金は底をついてもアクセスは伸び続けることに目をつけたのが米グーグルです。

「ブロガー」を買収し、個人のブログとネット広告を連動させることで、商業用サイトでなく
ても、ネットで情報を発信し続ける仕組みを作りあげました。


 
 僕自身も今回の投稿で546回になりますが、ブログに関してはうまく書くことよりも、
事実を具体的に書くことに気を配ってます。

日記や自分の感想を書くよりも記録を残すという意識の方が長く続くような気がします。

ただブログは不特定多数の人が閲覧するので、自分の本音の部分は書けません。

 正確な記録を残すためのツールとして「KING JIM ポメラ」が欲しいなと思ってます。

 (参考)日経新聞 2011年1月23日号 19面 読書 sunday nikkei ブログ誕生



今年から安旨ワインを飲むことにしました。(^_^)


【安旨ワイン】

Artur Metz Pinot Gris (アーサーメッツ ピノ・グリ)

購入場所 ジャスコ阿児店
購入日  2011 0117
終了日  2011 0127

味    ソフト/中辛口

特徴   柑橘系果実やフローラルな香りがあり、繊細な味わいの白ワイン。
     食前酒として、また魚料理によくあう。

原産国  フランス
アルコール分 12.5%

  

posted by さっとん at 21:14| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

韓国にできて、日本にできない恥辱

 昨晩は賢島ハーバーで2011アジアカップの日本対韓国の試合を見てました。

非常に緊迫した試合でしたが、前半を1対1で終了した時点で急に睡魔に襲われたのと、
チャンピーが気になり家に帰りました。



「(大麻)が依存症になるから危険だと司法当局は主張しているけど、ほとんどこじつけ
だね。そんなこと言ったらパチンコの方がよほど危険だ」
   村上春樹 『IQ84』3 (新潮社)


 僕の知人にもはパチンコにまっている方がいるのですが、以前もこのブログで書いたよう
にまじめな人がいろいろと悩みを抱えている中でパチンコで解消しようとすることではまって
しまうようです。

とくに農村や漁村では娯楽が少ないのでその傾向が顕著で、人口が3万人の田舎にパチンコ店
が3店もあるというのもめずらしくありません。


 2009年に21兆円の売上(同年の日本の税収が41兆円)。

数千人の利益のために数百万人の人々(家族や友人などを含めればその何倍も)を苦しめて
いる事実を僕自身もつい最近まで気づきませんでした。

パチンコ批判は日本のマスコミのタブーとなっているのも一つの原因だと思います。

 エコ、エコといいながら自動販売機の数は世界一なのも、お金のある業界は批判せず
弱いターゲットをたたくだけたたく報道が多いのが日本のマスメディアの特徴です。


 パチンコ利権に群がる政治家たちとして、パチンコチェーン店協会のアドバイザーとして
民主党36名、自民党10名、公明党3名、無所属2名が名を連ねてます。

有名な議員として、民主党 山田政彦 元農林水産大臣
             赤松広隆 元農林水産大臣
             海江田万里 経済産業大臣
             鹿野 道彦 農林水産大臣

         無所属 鳩山邦夫 元法務大臣

 “コンクリートから人へ”ではなく“コンクリートからパチンコへ”と言っても過言では
ありません。


 (参考書籍 なぜ韓国はパチンコを全廃できたのか 若宮健 著 祥伝社)

 【若宮健】パチンコに溺れる日本、全廃した韓国[桜H23/1/20]   



posted by さっとん at 19:04| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

ノマドワーカー じゅん君(^_^)

 昨晩(午後9時30分頃)はイーストポイントでコーヒーを飲んだ後、ギャオにビートルズの
「プリーズ・プリーズ・ミー」と「サージェント・ペパーズ・ロンリーハート・クラブバンド」の返却
をしてたら、純くんが入ってきて驚きました。


「これでも今日はいつもより早い」とのことで、「明日の東京日帰り出張のため、新幹線で
見る映画を借りにきた」と言いました。


「あんたは何か借りるんか」と尋ねられたのですが、「最近、映画を観る気力が減退している」
と答えました。

勉強家の純くんがこの頃好きなのは、中国映画の歴史時代もののようで、「だいたいほとんど
観た」と言いました。

「あんたのおすすめは何や?」と質問されたので、「少し前に孫文がよかった」と答えました。



以前さっこちゃんから推奨された“春のワルツ”も感動すると言って棚を見たらDVDは、すべて
貸出中になってました。

やはりおもしろいのはみんな知ってるものだなあと思いました。


 僕の個人的に韓流ドラマで一番よかったのは、ヒョンビン主演の“雪の女王”です。


 
 「純君は、ノマドワーカーみたいやなあ」と言おうと思ったのですが、「ド」だけしか出て
こず、ど忘れしてしまいました。

結局5本1000円で借りたようです。



ノマドワーカーとは、カフェや電車など職場以外でもどこでも仕事ができる人を指します。


新しい言葉を普段使う機会が少ないので、できるだけ独り言でも言うようにしようと思い
ました。



 ノマドワーキング




posted by さっとん at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雇用喪失

「国内の生産や雇用が日本から「流出」している。製造業がアジアなど海外に生産をシフ
トしたことから2008年度は国内生産額が35兆円減、雇用は96万人ほど下押しされたも
よう。
09年度以降も流れは変わらない。

日本企業にとってグローバル化は避けられない道。
国内に見切りをつけるような脱ニッポンに歯止めをかけ、内外企業の国内投資を促すには、
高すぎる税制や昔ながらの規制の見しが重要になる」
(2010年5月31日 日経新聞)



 2008年で日本の企業が海外に出ていくことで売上で35兆円、失われた雇用が約100万人。
                  (GDP(国内総生産)7%減)
円高が続き、政治が迷走する中で企業は海外に出てしまい、一般人の雇用がとても厳しくなっ
てます。

その一番のしわよせが若年層というのでは本末転倒です。

与謝野さんには、経済をしっかり立て直すために必要なことはどんどん進めてほしいと思います。

posted by さっとん at 12:48| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

僕はビートルズ1.2

3時過ぎぐらいから冷え込みが厳しいように思います。
ただ、僕の住んでいる志摩市は雪かきなどをしなくてもいいので、これぐらいは辛抱しなけれ
ばいけません。


 “僕はビートルズ”(漫画 かわぐちかいじ  原作 藤井哲夫)を読んでます。

60年代の日本の時代風景も盛り込まれていて、引き付けられる漫画です。


 日本一のビートルズのコピーバンドFAB4(ファブ・フォー:いかした4人組)のメンバーは
「翔(ジョージ担当)、真琴(ポール)、コンタ(リンゴ)、礼(ジョン)」という20代の若者で
結成から5年目にライブハウスとの契約を結びます。

しかし、真琴(ポール)と礼(ジョン)の音楽性、方向性の違いから亀裂が生じます。

六本木駅のホームでもつれあった翔(ジョージ)と真琴(ポール)は、50年前の1961年に
タイムスリップしてしまいます。


 そこで偶然あった流しのおじさんに“イエスタディー”を歌い、二人の才能に非常に
興味を持ち居候となります。

そのあと音楽プロダクションの女社長「卯月マキ」に見初められた二人は知恵をしぼって
“抱きしめたい”をラジオのオンエアまでもっていきます。

今まで聞いたこともないリズム、サウンド、メロディーにリクエストは殺到。

レコードも50万枚を超える勢い。


 しかし、今は1961年で(ビートルズがデビューしたのは1962年)、ビートルズの歴史を
自分たちが塗り替えてしまうことを畏れる真琴(ポール)。

礼(ジョン)やコンタ(リンゴ)がいないのでライブができない苦悩。
 (当時のミュージシャンではビートルズの音を出せる人は日本ではいなかった)



久しぶりに読み応えのある漫画に出会えた(普段あまり読みませんが)感じです。(*^_^*)


 僕はビートルズ

posted by さっとん at 18:27| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。