2010年12月19日

ガロ「学生街の喫茶店」を重要無形文化財としてユネスコに登録しよう!

 朝、tanita体重計のメモリが68.4s、体脂肪率17%、体内年齢は30歳を指してました。

別にアンチエイジングを目指しているつもりは全くないのですが、サンライフ阿児での筋トレが

結果的にいい方向を示してくれてる感じです。(^O^)/

亀田大毅は短期間で12sの減量を強いられてますが、この試合を最後に階級を上のバンタ

ム級にあげるようです。

無理をすると必ず後でしっぺ返しがくるので、マイペースが大事かなと思います。



 阿児ライブラリーで借りた「脳がヨロコブ生き方 茂木健一郎 著」にガロ「学生街の喫茶店」

を重要文化財としてユネスコ登録しよう・・・・その理由は


茂木さんが学生たちとカラオケに行った時に、あるおじさん(茂木さんではない)が、「学生街の

喫茶店」を歌ったら、そこにいた学生たちが「これ、はじめて聴きました」と言ったので、「これ

はまずいのではないか、どこか間違っているのではないか、そんなことでは根本的なところで

人生をあやまるのではないか」と危機感にかられたそうです。



「学生街の喫茶店」のような雰囲気は、重要無形文化財としてユネスコに登録して代々受け

継いでいかなくてはならないのではないか。


「いちご白書」を見て学生たちが「今の社会のあり方は違う、もっとよい社会があるのではない

か」と思った、その予感と希望だけは受け継いでいかなければならないのではないかと。



 僕が個人的にユネスコに残したい曲は浅香唯の「セシル」です。

“人は大人になるたび弱くなるよね  ふっと自信をなくして迷ってしまう〜”

浅香唯はこの曲だけで次代に受け継がれるべきアーティストだと勝手に思いこんでます。


posted by さっとん at 21:45| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。