2010年12月15日

里海が私たちにもたらすもの〜環境調和と生物の多様性

 今日(15日)の午後7時より志摩市阿児アリーナにて、「三重大学・志摩市 文化フォーラム2010」の最終回でした。

「里海が私たちにもたらすもの〜環境調和と生物の多様性」というテーマで人文学部の朴 恵叔教授と生物学研究科の吉松隆夫教授の講演会と志摩市水産業振興部水産課 浦中 秀人さんの司会でのパネルディスカッションでした。


 最初に朴先生が1980年代と2000年代の地球の夜景の写真を見せてくれました。

この20年前はアジアでは日本ぐらいしか明るくなかったのですが、現在は中国、東南アジア、インド、アメリカの広域が明るくなってます。


 また地球上の生き物が年に4万種が絶滅していると言われ、多くの生き物が生存できない危機に直面しています。

約6500万年前の恐竜時代には1000年に1種、100年前の1900年代には年に1種の絶滅であったことからも今がいかに異様な状態であるかを再認識する必要があるようです。


 では我々は何をすればよいのか?

 まず「自分の地域の環境は自分たちで守る」という強い気持ちと発信と行動。

小さいエリアを考える時は地球規模で、グローバルに考える時は地域の視点に立つことや環境はお金を生み出す時代になっている発想の転換も大事なのだと思いました。

英虞湾(あごわん)の消失干潟は185ha、現存干潟84haで約70%の干潟が消失、またアマモ場も減少しています。

 
 また子供たちの環境教育として10年以上続いている立神(たてがみ)小学校の真珠養殖の現場プログラムを盛り込んだ授業は世界に誇れるものなのだそうです。

水産高校の「あおさアイスクリーム」も大変おいしいので、志摩市が製品化、アピールなどをして環境ビジネスとしてどんどん売りだしていくべき。

志摩市は低炭素、自然共生、循環型社会となる21世紀環境立国日本のトップランナーとなる! 

そのための知恵を見える化させるためにも、地域の連携を進めるべきとのことでした。



 吉松先生は、「環境にやさしい水産養殖技術」というテーマで養殖が環境に与える影響について話してくれました。

僕自身も真珠養殖などを見てて、養殖は環境によくないと思ってましたが、クロノリ(アマノリ類)やアオノリ(ヒトエグサ)の養殖は、人間活動により海に放出されるリンや窒素の回収と海の浄化に役立っていることがわかりました。

 今年の春に南伊勢町の養殖研究所でうなぎの完全養殖に初めて成功、エサとして天然資源を使うことが多いのが養殖ですが、その問題の第一段階をクリアしたようです。


漁業先進国のオランダでは閉鎖循環型飼育システムを導入してますが、日本は規制が緩く真珠いかだなど環境負荷の大きいものを使っているとのことです。

地球人口の増大と食糧増産といった課題に、世界が求める持続的な養殖業の発展は志摩市でも可能なのだそうです。


 
posted by さっとん at 23:01| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

極楽ごくらく

まだ寒さは序の口といった感じです。

昭和堂のおじさんから「あんたが食うのも困っとるといかんで」と魚と卵を持ってきてくれました。


 ネコを見ているとリラックスして生きてるなあとつくづく感心しています。

僕は緊張すると余分な所に力が入ってしまう傾向がありますが、ネコにリラックス&頑張るツボを教えてもらってます。

101214_082505.jpg
(寒さが苦手なチャンピーですが、ここは極楽です猫)
posted by さっとん at 18:57| Comment(0) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

志摩の旅館業に衝撃




 今日は寒さはそれほどでもなかったですが、日中は雨が降り続いてました。

 
 今、宿泊業を営んでいる人のほとんどに大変な問題が発生しています。

じゃらんを運営するリクルートが掲載宿泊施設に対し手数料2%を要求。

友人のホテル経営者によると、どんなに小さなホテルでも年間1千万円の売上があり、そこから新しい冷蔵庫やテレビ、内装、外装の塗り替えなどをねん出していかなければなりません。

リクルート側は、ポイントへの還元と言うことでメリットを強調していますが、恩恵を受ける施設は本当にごく少数と思われます。


 旅館業界とのコミュニケーションもなく、売上も不況で右肩下がりの中、一方的に突きつけられれば誰でも反発は必至です。


そしてそれを報道する大手新聞社が産経しかないのもとても残念です。



 リクルートはもともとは人間同士のコミニケーションで成り立っていた会社のはずです。

もしかしたら社内内部での意思のコミュニケーションがとられないまま発表したのではとも思われます。

個人においても自分とのコミニケーションをきちんと取らないと、他人とのコミニケーションを取るのは難しいように、リクルートは旅館業の現場の人たちと向き合って話をしないと、うわべだけの理論では当然反発されて当たり前です。


共存共栄など夢物語のようです。

弱肉強食リクルートのおごりを感じずにはいられません。

posted by さっとん at 18:56| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

男の隠れ家

101209_190903.jpg
   (鵜方駅前のイルミネーション)


 毎晩、チャンピーが布団に入ってきますが、少しずつ賢くなってきたのか、以前のように布団の中でツメを立てることもなくなってきました。

 昨晩はY君と一杯会でしたが、ビール大ジョッキ2&小ジョッキ1で自分の許容量だったので気持ち良く話ができました。

会社というとこはある程度の年齢になったら、それ相当の役職につかないとおりずらいことや来年の見込み客の取り囲みなどに不安があるといった話をしてました。



Y君は初めて、僕が隠れ家として使っている店でいつもはお客さんでいっぱいなのに、この日はなぜかほとんど貸し切り状態でした。


閉店した飲食店もあり、いつも以上に厳しさを感じる師走ですが、今日届いたHIPHOPのダンスステップのDVDで体を柔軟にして、しなやかに年の瀬を迎えたいものです。 

 
posted by さっとん at 17:36| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

英虞湾・三重の海洋と水産資源の活用

賢島大学第8回講座


【題 目】英虞湾・三重の海洋と水産資源の活用

【講 師】松林 清剛
        (前・水産高校校長)

【日 時】2010年12月16日(木)午後7時〜9時

【場 所】代々木高校ホール
        (志摩市阿児町賢島)

【会 費】500円

【駐車場】代々木高校前及び近鉄独身寮前

【問合せ】代々木高校内・賢島大学事務局 西尾
      ☎ 0599-43-6177



〜テーマ〜

・三重の水産資源の現状を知ることから

・英虞湾・真珠のふるさとの今日

・海は志摩地域の人々の生活を支えてきた

・志摩の海洋や英虞湾を利用する価値を語る


posted by さっとん at 15:24| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

辛そうで辛くない 少し辛い

 11時ごろ今年初めに家の塗装をしてくれたペンキ屋さんから「ナカジマさん、ふとんほしてるけど雨降ってきそうですよ」と電話連絡をもらいました。

急いでふとんを中にしまってしばらくするとまた晴れてきました。


 tarzan12/9号「ビギナーこそ、栄養面でプロ級のケアが必要」に毎日の食事についての賢い摂り方についての記事がありました。

鍛えている人と鍛えてない人では、鍛え始めた人の方が体への負担が大きいことを考慮に入れ、栄養バランス、摂取のタイミングなどを考えるべきとのことです。

自分がなりたい理想の体をデザインするにはトレーニングが必要ですが、それを具現化させるためには食事の質が大きく関わってきます。

食べた魚がいつの間にか自分の体の一部になるのは、ビタミンB群(鮭、カツオ、マグロなどの魚介類の他、鶏肉、牛レバー。 アボカド、小松菜、バナナなどの植物性食品にも含まれる)のおかげです。




 昨晩(8日)は、サンライフ阿児の3F多目的ホールで8時から「田中亮の辛そうで辛くない 少し辛い スロートレーニング」に参加しました。

女性が20人、男性は2人だけでした。

腕立て、腹筋、スクワットなどを少しやり方を変えるのですが、たとえば腹筋では2秒で頭をもちあげて10秒で下げるのを10回など、確かにそれほど辛くはないですが、少し辛かったです。犬
posted by さっとん at 14:36| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

ダキニ尊大祭の御祈祷会

 鵜方の棲鳳寺(せいほうじ)にてダキニ尊大祭の御祈祷会があり、平成22年分の陪堂料を払いに行ってきました。

引き換えに平成23年曹洞宗宝暦をいただきました。

その小冊子の中に「仏教から出た言葉とりびあ」があり、たとえば“葛藤”とは、「かずら」と「ふじ」のこと。

どちらもつる草で、からみあったり、まとわりついたりするので、一般に悶着、抗争の意味に使用されます。

仏教では、つるが樹にまとわりついて、ついには枯死させてしまうように、人が欲望におぼれて自滅すること、煩悩のたとえとして用いられます。


 一方禅では、仏道修行上、自己はいつでも自己の事実とからみ合って、はなれることはないと言います。

自己から逃避しない、証の世界にいる自己を明らかにしようとするからです。


 また棲鳳寺だよりには、本堂正面入り口の扉が開放されたままになっていることが多くて困ってます。

季節によってハチなどの有害昆虫や鳥、小動物が入り込み、供え物をはじめ堂内を荒らされて、その対処に多くの時間を取られるとのことです。

 最初に本堂に入る方が気を使って大解放にし、最後に帰る方は最初から開いていたのだと考えて閉めていかれないのではと考えられてます。

帰る際にはこまめに扉を閉めてほしいとのことです。


101207_151848.jpg
     <棲鳳寺(せいほうじ)にてダキニ尊大祭>
 
posted by さっとん at 19:24| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

車に格安のカーステをつける

 朝は冷え込みますがまだ1月の底冷えして背筋が縮むほどではありません。

 朝から池田ファミリークリニックでインフルエンザの予防接種を受けました。

体温計で二回計りましたがどちらも35.3℃しかなく、“おまえはもう死んでいる”のかとあまりの低さに少し心配になりました。


 その後、隣のカー君の自動車修理工場に寄り、新しいカーステを付けてもらおうと5分ほど待ってましたが戻ってこないので志摩の衆でかつおすしとプリン、チーズケーキ、クッキーを買って10時過ぎに家に戻りました。

 かっつに電話をすると伊勢のブックオフで100円ぐらいで結構おいてあるとのことですが、ソケットが車とあわないと使えないとのことで、やはりカー君頼みにしようと思いました。

2時半過ぎにカー君に電話をして「格安でカーステをつけてほしいんやけど今からいってもいいかいな?」と言うと快く受けてくれました。


 僕の車のカーステはトヨタの純正品なので、一般のではなかなかあわないようです。

来週ぐらいには新しいのが入り、車の中で音楽やFMを聴くという一般人には当たり前のことができるようになります。



<最近聴いてる歌コーナー>

 年配者の方の前で鳥羽一郎の「兄弟船」の“なみの谷間に命の花が〜  ふたつならんで咲いている〜”とさびだけ歌ったら「あんたすごいうまいなあ」ととても喜んでもらいました。

こんな芸で受けるとは夢にも思わず、これは歌詞も覚えなくてはと思ってました。

鳥羽一郎には「志摩半島」という歌もあり、とてもいい歌です。

今夜もしみるねえ。

http://www.youtube.com/watch?v=G01K-onp6NI
                「志摩半島」  鳥羽一郎

posted by さっとん at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

私たちにできる里海づくり〜暮らしと環境の調和を求めて〜

 三重大学・志摩市 文化フォーラム2010の第二回目「私たちにできる里海づくり〜暮らしと環境の調和を求めて〜」が志摩市阿児アリーナ・ベイホールで午後7時より講演会&パネルディスカッションがありました。

今回も200人以上の方が来られてました。


 最初に生物資源学研究科教授の高山 進 先生の「生物多様性条約の視点から志摩市里海事業を考える」をテーマにCOP10に参加された経験から、どのように会議が進められて合意形成がなされていくかという説明がありました。

生物多様性を維持する目的は3つあり、

1.生物多様性の保全

2.その構成要素の持続的な利用

3.その利用から生じる利益の公平かつ均衡な分配


そしてそのベースに置かれるのは「保全」ということです。


 志摩市の里海構想に通じる点があります。


 
 次に生物資源学研究科教授の吉岡 基 先生の「志摩市の海への期待〜東京から三重大に赴任した水産系一教員から〜」というテーマで、自分のおいたちから三重大に赴任してまでの話、専門であるイルカやクジラの話も盛り込みながら地域や環境に興味を持つためにはどうしていけばよいのかといったことを独自の視点の話をしてくれました。


 パネルディスカッションでは横山ビジターセンター事務局長の伊藤 芳正氏が司会で会場からの一般質問などに答えてくれました。

 
高山先生は、この地に住んでいる人がこの地のよさを再発見することが大切で、そこでの暮らし、文化、伝統をアピールし次代につなげていくことが私たち一人一人ができることではないか。

地元の人が海の状態を随時記録(モニタリング)し、日々毎日変化をおいかけ、研究機関である三重大学がデータ解析をしていくコラボができれば新たな発見があるかもしれないとのことです。


 吉岡先生も地元では当たり前でもよその人には新鮮なことがたくさんあるので、たとえば地元の方に愛される郷土料理やB級グルメを発信していけばおもしろいといった話をしてくれました。


伊雑ノ浦でもアマモがあったころは海苔の生産も多かったのですが、アマモがなくなって海苔の生産は大幅に減少しました。

僕自身は初日の出の時ぐらいしか海に行かないのでえらそうなことは言えませんが、里海を取り戻すことが志摩を再生させるのに不可欠なのではと思います。

posted by さっとん at 22:04| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索