2010年08月31日

絶対こうなる日本経済  榊原英資、竹中平蔵  田原総一朗 責任編集  アスコム

jibantinka-nihon.jpg
(経済産業省「日本の産業をめぐる現状と課題」、IMF World Economics Outlook Database)


 最近は日本の将来に対して悲観的な話ばかりの評論家が多い中、なぜ短期間でこれほど落ちてしまったのかを明確に素人でもすっきりわかるように説明してくれてる本は少ないのではないかと思います。


 竹中氏は、小泉内閣における経済・金融の責任者。

榊原氏は、民主党の最高経済ブレーン。

相撲でいえば、朝青龍×白鵬 エコノミストの結びの一番と言えるものです。

日本は昔大関だったが今場所、十両で相撲を取る雅山(みやびやま)状態です。


田原氏に言わせれば、二人が一致して批判する問題は、日本が解決しなければならない問題。

二人が対立する問題は、これこそ日本の論点であると指摘されてます。


 ここまで落ち込んだ原因として竹中氏は、国が当たり前な適切な政策をやってこなかったことをあげてます。

・法人税を下げる

・民間ができることは民間で、地方ができることは地方で


榊原氏は、日本企業のビジネスモデルが時代遅れになったことを指摘。

このままでは人口3分の1の韓国にも負けてしまいます。
(インドでの家電市場の60%は韓国)

90年代後半に韓国は大変な通貨危機に見舞われて企業淘汰(とうた)が進みました。

ソニーもパナソニックもサムソンには全然かないません。

日本は企業再編を怠り、ゾンビのような競争力のない会社(JALなど)を生き延ばせてしまったことが大きな要因と捕えてます。



 頭をすっきり整理したい方にはとてもお勧めの一冊と思います。



  絶対こうなる日本経済
posted by さっとん at 19:23| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

3分の1

 今年も残り3分の1となってきました。

 昨日はジムで柔軟運動をしていると、Oさんかが話しかけてきて不景気が改善されんのは誰の責任かといった話から「阿久根市の竹原市長は専決処分を使いすぎたわな」と言いました。


専決処分(せんけつしょぶん)とは、本来、議会の議決・決定を経なければならない事柄について、地方公共団体の長が地方自治法(昭和22年法律第67号)の規定に基づいて、議会の議決・決定の前に自ら処理することを言います。


 有権者の3分の1以上の署名でリコール(解職)を請求できるのですが、60日以内に住民投票が行われて過半数が賛成すると市長は失職します。


 「ネットでは竹原さんの支持も結構あるみたいですよ」と言うと

Oさんが「それだけの批判があればとても再選は難しいのと違うか」と言った堅い話をした後、筋トレで体をほぐしました。


すいかは8分の1で298円でしたが、消費税は団塊の世代が後期高齢者になる2025年には100分の30%以上必要とのことです。
 
 
posted by さっとん at 17:36| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早起き起床状況のお知らせ

 毎朝7時に体重計にのるのですが、今日は73キロジャストと目標から5キロ遠のいてしまいました。
食べるものを工夫すれば簡単にやせれることはわかったので、これから取り組んでみます。


 早く起きるとよいことがたくさん起こるのですが、僕は中途半端な起き方をしているためか、よいことがそんなに起こりません。 


0233637734-sattonさんの先週の起床状況をお知らせします。

--------------------------------------
集計期間:2010/08/22〜2010/08/28
--------------------------------------
日付 起床時刻
--------------------------------------
2010/08/22 --:--
2010/08/23 --:--
2010/08/24 05:43
2010/08/25 05:57
2010/08/26 06:13
2010/08/27 05:16
2010/08/28 --:--
--------------------------------------
  記録日数:4日(総計:126日)
平均起床時刻:05:47
  先々週比:-00:56(先々週平均:06:44)
--------------------------------------

■アドバイス
 先々週より起床時刻が早くなっています。
 しばらくこのペースを維持してみましょう。

早起き日記
http://www.hayaoki-seikatsu.com/users/0233637734-satton/
posted by さっとん at 12:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

解雇解禁

27日の閣僚会議でこのまま1ドル85円の水準が続くと製造業の4割は開発拠点を海外に移さなければならないとの報告があったそうです。

 中国に経済が抜かれたり(なぜかあまり報道されない)、新卒の就職待機者が15万人に加えて就職口がまた狭まる懸念など、これからどうなってしまうんだといった暗い話題が多くなってきました。



誰でも日本で働くと処遇格差という厚い壁が立ちはだかります。

正社員×非正規社員(派遣社員など)

中高年×若年層

男性×女性




大企業の正社員や公務員は、どれだけ仕事に向いてなくても給料をもらい続けれる一方、非正規社員がどれだけ仕事をがんばっても報われない仕組みがあります。

業績が悪くなれば真っ先に切られます。



この壁は非常に厚く、江戸時代の人も驚くほどの圧倒的不平等を生み出してます。


そんな不安を吹き飛ばす現代版ペリーの黒船が「解雇自由化」です。


 この問題を認識せずにほっておくと、頑張る人のモチベーション低下、愛社精神の喪失、変化に対応できなくなる原因を作り、企業の競争力を著しく損なうとのことです。





 ペリーのお願い  http://emaedanaoko.at.infoseek.co.jp/flash/peri.swf


(参考文献)

最悪の時はこれからだ
  http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51470391.html

 週刊ダイヤモンド 8/28 35号 解雇解禁 タダ乗り社員をクビにせよ

 解雇自由化は日本経済復活のための一丁目一番地 - 藤沢数希

 

posted by さっとん at 18:39| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

かめ吉の豊橋流カレーうどん うまかった。

 昨晩はかめ吉のカレーうどんの中にとろろがのったご飯が入ってる豊橋流のカレーうどんを食べました。

テレビで放映されて話題になった豊橋うどんのかめ吉版です。

とろろごはんのねばりとカレーのどろっと感が絶妙なコンビネーションといった感じで新しい味覚を発見した感じです。(お勧め)

http://kamekiti11.exblog.jp/    かめ吉ブログ


 
 夕方頃、60代の女性のお客さんでテレビを見てると亭主関白な旦那が勝手にチャンネルを変えたり、切られるとの不満をもらされました。

旦那の嫌いなタレントが出てたり(例 渡る世間は鬼ばかり)やバラエティー番組などでも途中で変えられるのでストレスがたまる模様。

 テレビは離れにもう一台あるのですが、そこまでして見たい番組も今は少なくなってるしと言われたので、「旦那のチャンネルを変えたらいけないんですか?」と尋ねると

「そんなことしたら口がえらいから何倍にもして返ってくる」とのことでした。

 みのもんたなら「わかれなさい!」と言えますが、お客さんなのでそうもできず、20分ほど話を聞いてました。

人生相談の先生のようにアドバイスができるほど結婚&人生経験もないのですが、「ちょっと楽になった」と言って帰られました。

 いくつになっても悩みはつきんものだなと思いました。





http://www.youtube.com/watch?v=DisAmLq8NTI
 テレホン人生相談 逆切れおばさん
posted by さっとん at 19:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

竹中平蔵の「日本が生きる」経済学  ぎょうせい

 阿児ライブラリで借りてきました。


 この作品は2001年竹中氏が小泉内閣のブレーンとして活躍する前の著作です。

これからは、メディアを疑え!好奇心を持て!というのが時代のキーワードになると思いますが、僕は、「なぜ竹中平蔵氏が嫌いなのか」「本当に小泉政権は日本を滅茶苦茶にしたのか」といった世論に疑いを持ち、好奇心を持ちました。


 財政赤字が膨らんでも誰も困らないという異例の状況が続くのは、いまの日本が本格的な高齢化社会を前にして、大きな貯蓄を持っているからだ。

・・・・しかし、高齢化とともに貯蓄は必ず取り崩される。

そのときに金利上昇やインフレという弊害がはっきりした形で認識されよう。

重要な点は、団塊の世代以上の年齢層は、赤字の問題が顕在化するころには生涯を終えており、実体的な影響を受けずにすむ可能性が高い。

この世代はまさに「食い逃げ世代」なのである。

結局のところ財政問題というのは、日本の赤字のような特殊な高齢社会においては、いまの世代が次の世代のことをどれほど真剣に考えているかという問題なのである。
(竹中平蔵の「日本が生きる」経済学 P145〜146)



 小泉内閣は2001年4月から2006年9月という日本では長期政権でした。

その間の実質経済成長率は、2002年から2006年まで毎年2%成長を続けてます。
http://www.amy.hi-ho.ne.jp/umemura/konna/gdp.htm#nendo
(年度別経済成長率)

 毎年2%の経済成長は日本にとって不可欠なのです。

世代が変わる35年後には経済規模は2倍になるので、堂々とバトンが渡せます。

keizaiseityou.jpg
(ナカジマ経済研究所)


 2%成長が続けられないのにばらまいてるから不安になるのではないでしょうか?

posted by さっとん at 18:49| Comment(2) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

酒は笑いかときめきか

 土曜日も非常に暑かったですが、4時頃にツヨポンから「ほんわ家でもいきますか?」と電話がかかってきました。

 
 中日の落合監督が約束の時間の15分前には目的地に来ているという“おれ流”を見習うようにしています。

高校野球は沖縄の興南高校が優勝しましたが、じっとしていても暑い中、3日連続で投げさせる高野連の大会運営はおかしいのではないかといった話から始まりました。

 若者をこきつこて大きい利益を得る既得権者が大勢いる中、もし試合中に選手が倒れて意識不明の事故が発生したといったことが起こらないかぎり、改革はできないだろうという結論になりました。


赤どりのたたきは、とてもビールによくあいおいしいです。

AKB48に似ている女の子にラーメンのおいしい店を尋ねたら

「鈴鹿のヤマオカラーメン」とのことでした。

ツヨポンから「一週間以内に行くことで誠意が伝わる」とのアドバイスがありました。
 


 その後、同じ野球チームのチームメイトだったT君が雇われマスターをやっている80カフェバーに行きました。

最近はパチンコやパソコンなど個人でできることが増えて、みんなでやる野球のようなスポーツをやる人が減ってきた。

残念なことだといった話から

鵜方駅前も夜、運動がてらエキストラとなって歩いてもらってにぎわいを演出せんと観光客も店に入りにくいといった話をしました。

 
 最後に僕が大好きな蓮(れん)で塩ラーメンが食べました。

各地のラーメンを食べてきた、舌が肥えているツヨポンも「おいしい」と評価。



 ブログの体重がなかなか減ってないのは中途半端な人間だと思われる。

目標達成して初めて人は評価するとの厳しいコメントもいただき有意義な時間を過ごせたのでした。犬


posted by さっとん at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

英虞湾(あごわん)を考える

 本日の賢島大学は、フォーラム形式で4人の方の基調講演と聴講生とのディスカッションがありました。



 トップバッターは、4年前に環境省自然保護管として志摩に赴任されて志摩に住むようになった伊勢志摩研究所の下川元三(げんぞう)さんの「里海」について話をしてくれました。

「里海」の定義として、“皆で沿岸環境を賢く利用すること”であり、その前提として

・将来にわたって利用し続けられること

・生物の多様性を維持できること

が大切であると持論を話されました。


 1946年伊勢志摩国立公園が制定されましたが、志摩市や鳥羽市のように市の全域が国立公園というのは、全国的にも珍しいのだそうです。

英虞湾(あごわん)の環境は年々悪くなっており、そのことにより志摩市民の生活を崩壊させる危険さえはらんでいることを漁業や真珠など直接海にかかわる人以外も関心を持ってもらいたいと思いました。



 志摩市役所水産課のうらなか係長は、英虞湾(あごわん)が海の生物を育てる力がなくなっていることで、取れる魚も減っている現状を話されました。

2005年の国勢調査で志摩市の65歳以上の人口は28%、一人あたりの所得額も247万円で三重県29市町村中26位と貧しい地域なのですが、今年の国勢調査では30%を超え、人口も5万人を切るだろうと予測されます。


志摩市では大口市長、行政スタッフを中心に、「稼げる、学べる、遊べる里海づくり」を進めることで志摩ブランドを定着させようという方針で進めているそうです。


 

 英虞湾環境教育研究会の中井義久さんは、10年ほど前から立神小学校で総合学習の一環として「真珠の先生」として教壇に立たれてます。

地元の子供たちに真珠の海に生きる喜びを感じてほしいとの思いで、顕微鏡でプランクトンを見せたり、カキの種付け体験、真珠の養殖(核入れ含む)体験を通じて、自分の真珠から男の子はタイピン、女の子はブローチを卒業式につけるのだそうです。


 賢島大学の西尾事務局長(元立神小学校校長)が、将来、子供たちは立神(たてがみ)を出ていく。

都会に出て仕事をして挫折することもあるだろう。

その時に故郷が好き、立神(たてがみ)が好きという思い出があれば、こちらに戻る人もあるだろう。

その思い出作りの一つであるとのコメントがありました。



 半田俊彦さん(志摩半島野生動物研究会)は、「英虞湾周辺にどんな生き物が住んでいるのか」を話してくれました。

保護や再生のためにはまず現状を知ることが大切です。

なくなった自然、なくなったようで残っている自然の現実を知ることで理想的な未来を語るきっかけになれるという気づきをもらいました。



 若い聴講生の方が、どういう志摩を残したいのか?

子供たちにどういう風に育てたいのか?

どうしたら楽しく住めるか?

地域のビジョンや夢を語り合うことから始めることが大事だと言われた言葉に、自分の失いかけていたものを拾ってもらえたようなうれしい気持ちになりました。

 志摩市には優秀な方がたくさんいるのだといつも自分の不勉強が身にしみます。


posted by さっとん at 22:26| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

今日も暑かった

目標体重:68.0kg
目標までの残り:-3.8kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:71.8kg
体脂肪率:19.8%
BMI:23.7
食事
朝食
ごはん 納豆 もずく ちりめん 大根おろし 卵焼き バナナ
昼食
食パン もずく マーボー豆腐 牛乳
夕食
食パン めかぶ マーボー豆腐 すいか 
おやつ
コカコーラ かりんとう 三幸 新潟せんべい
 この3日ほど家の中でも昼間は32℃もあり、多分外は35℃を超えているのではと思います。

朝からブーンという木材を切り裂くような大きな音がしてたので外に出てみると、JA鳥羽志摩の垣根の木を全部切り取ってました。

業者の人に聞いてみると、垣根をやめて金網にするとのこと。

確かに垣根を取り去ったらさっぱりすっきりした感じで、見通しもよくなりました。


 
 自分の人生の見通しをよくするにはどうすればよいか?

もっと努力を、もっと成果を、もっとお金を・・・もっともっとちょうだい!(●^o^●)はもう古い。

もっと少なく、もっと小さく、もっと価値あることを!
(減らす技術 レオ・バボータ 著 Discover )


 洗濯とシャツ、選択と集中が大切だと言うことが頭ではわかっているのですが、なかなか日々の行動にいかせてません。

シンプルな生活が理想です。

100818_122836.jpg
(マーボー豆腐)
posted by さっとん at 22:24| 普通普通| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

無医地区となった立神(たてがみ)地区

目標体重:68.0kg
目標までの残り:-4.1kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:72.1kg
体脂肪率:20.2%
BMI:23.8
食事
朝食
食パン3 すぶた みそしる
昼食
食パン3 鳥もも肉 ポテトサラダ 牛乳 すいか
夕食
ごはん かれいの塩焼き だいこんおろし&ちりめん ビール 
おやつ
三幸 新潟しこみ2 かりんとう
 今日は今年最高の暑さです。

昼に冷えたすいかを食べたら体中にすいかの水分がしみわたるように吸収されていきました。

松本伊代の旬が16歳だった(当時はすごい新人が登場したと話題)ように、今がすいかの旬のような気がします。



あんたの旬はいつぞ?

  いまだ旬のないナカジマです。しゅん(._.)




 お盆におはぎやラーメンを食べたせいか体重も1.2キロほどリバウンドしてしまいました。



目標直前が非常につらいのはどんな事でもあてはまることだと自分に言い聞かせてます。



 お盆前に中元を立神(たてがみ)のおじ、おばの所に持っていき、1時間ほど世間話をしてました。

「中川先生が体調を崩されて閉院になったんで、ここらの年よりは本当に困ったことやわ」

おじさんたちのように若い人がいる家は足の不便はないのですが、車のない年よりは2時間に一本のバスで鵜方まで出て行かなければならなくなったとのこと。


医者へ行ったら2.3時間待たされるのはザラで、薬ももらってたら一日仕事になってしまいます。

これは抜本的な改革が必要だと思いますが、改革の痛みは弱い者に集中しがちなので、あまりそれも言えません。



 病院の説明会などを聞きに行くと、いつも殺伐とした討論が繰り返されて、これでは医者も居座らないだろうなと思うことがあります。

モンスター患者、住民を排除することも付け加えておかなければと思います。
posted by さっとん at 17:30| 普通普通| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索