2010年07月02日

日本は大丈夫マイフレンド

目標体重:68.0kg
目標までの残り:-3.5kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:71.5kg
体脂肪率:20.3%
BMI:23.6
食事
朝食
ごはん みそしる つけもの のり たまご 珈琲
昼食
ごはん 納豆 牛肉炒め(あじ塩いため) もずく 牛乳
夕食
ごはん 塩しゃけ2 めかぶ
おやつ
岩塚 黒豆せんべい2
 友達と話をしてて「日本もこのままではギリシャのように財政破たんで夕張になってくかもしれん」と悲観的なことを言ったら


「日本とギリシャと同じように考えることは、経済を知らんというそしりを受ける」そうです。


 ギリシャが破たんすると国債の値段が暴落して、それを買っているドイツやイギリスなどEUの国々がとてつもない大きな損失を受けます。


 なぜギリシャは破たんしそうなのか?

税収より支出(出ていく金)の方が多いからです。


 ギリシャの場合は労働者の多数が公務員で、景気が悪くなっても一般企業のようにリストラできません。

高い給与、年金は国が国債を発行してEUなど周辺国に買ってもらってます。


 ギリシャは現役収入の90%(日本では約50%)もの年金支給を受けているのだそうです。

経済がだめになると社会主義化していくのはどこでも共通で、政治家も票が欲しいから組合に厳しいことを言えませんでした。

それでどんどん財政が悪化して90兆円の緊急融資を受けることになるのですが、ギリシャの改革が進まないと各国の批判がますます高まるとのことです。


 参議院選挙では、批判を恐れず、厳しいことを勇気をもって言える政治家に投票したいですが、経済成長○%以上と夢物語を訴える、参院選候補者の2割近くが世襲の政党で実現できるのだろうかとの疑問があります。

甘い言葉に惑わされず、しっかり考えて投票したいものです。

posted by さっとん at 11:40| 普通普通| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。