2010年06月07日

今日ここにあった危機

朝7時半ごろ、60代の男が家の前をうろうろしているので不審に思い玄関を出ると、男がまた戻ってきました。

「すみません。トイレを貸してもらいませんか?」というなり

「あたたた」と言いながら犬がおまわりするように回りだしたと思ったらしゃがみこんでしまいました。

 今この男の要望に拒否権を発動すれば、次の瞬間に彼を不幸のどん底に突き落とすことになる。

小沢さんのような権力者とは、自分の判断で相手を天国にも地獄につきおとすこともできる状態をいうのだろうと思いました。

懇願するように「お願いします」と頼まれて、一瞬拒む欲求も生じてきましたが、そこまで残酷にはなれずトイレを貸してあげました。


 その後、「ありがとうございます。本当に大変助かりました。急におなかの調子が悪くなって、これすみませんが」と営業車からアルミホイルを一つくれました。


「出物はれものところかまわず」

 生理現象に関しては寛容な社会であってほしいものです。
posted by さっとん at 17:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。