2010年06月27日

佐藤可志和の超整理学  佐藤可志和 著 日本経済新聞社

 ユニクロ、発泡酒が市民権を得るようになったキリンの「極生」、明治学院大学、国立美術館、千里リハビリテーション病院などのアートディレクター(ドクター)である佐藤可志和氏の整理術です。

 今、どの商売でも売上が厳しい状況が続いてます。

商品やサービスが時代のニーズにあわなくなったり商品価値がないケース。

いい商品・サービスだが、そのよさを消費者に正確に伝わってないケース。

後者の場合は、クライアントと密接にコミュニケーション(診察)を重ねることで、答えを導き出していきます。

アイディア(こたえ)は、クライアント(患者)の中にあるので、それを引き出し、整理して提示してあげるのがアートディレクターの仕事なのだそうです。

クライアント(患者)は、こうしたいああしたいと思いをぶつけてきます。

それを整理するには客観的な視点が必要で、

1.プライオリティー(優先順位)をつける

2.独自の視点を導入する

3.思考を情報化する


というステップを踏むことを提唱しています。

 世の中が複雑になってきて、問題の本質が見えないまま袋小路にはまってしまっている人が大勢いると思います。

僕自身、よい仕事に整理はかかせないことはわかるのですが、惰性、無用な忙しさに流されて本質を見失いかけてました。

 
 大阪の千里にあるリハビリテーション病院の理事長の橋本康子先生は、現在の医療環境に満足してませんでした。

そこで佐藤氏の問診。

相部屋→完全個室。

規模は172床(通常の病院ならスタッフ10人程度)ですが、80〜90人体制にして手厚くケアしたい。

従来の病院の空間は味気ない→

熱帯魚が泳ぐ水槽、リビングに暖炉、アロマテラピー、ライブラリー完備、やわらかな間接照明と木の温もりのあるフローリング

白衣の一新→

きちんと感とエレガントさが同居

日本の医療に欠けている“心のケア”に配慮しています。


 混沌としている自分の現状を「思考の言語化」と「仮説をぶつける」ことで進むべき道がはっきりしてくるとのヒントを得れました。

posted by さっとん at 21:42| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

CO2削減は生活を破たんさせる

 月刊「商工会」に“CO2排出25%削減に向けて、今後予想される国民生活への影響 (株)住環境計画研究所所長 中上英俊 氏”の記事で、鳩山前首相はとんでもない約束をしてきたものだと怒りさえ感じました。


 この25%削減というのは1990年、20年前を基準にしています。

20年前はエアコンが一家に一台、暖房は石油ストーブ、携帯はまだ、パソコンも一般には普及してませんでした。


現在、エアコンやテレビは一家に2、3台はあり、温水洗浄便座もかなりの家で普及、それでも省エネ技術が進んだおかげでエネルギー消費量は1割の増加にとどまってます。


ところで、CO2の25%削減実現させるために家庭でエネルギー消費量を減らすことで達成しようとすると、現在の消費量水準を半減させなくてはいけないことになります。
(1965年頃の水準です)

 石油ショックを知っている人なら、テレビの深夜放送は停止、ガソリンスタンドも輪番制で休業、ネオンも早い時間で消灯、深夜営業の店はほとんどなく、ちり紙は黒紙でふきごごちが悪かったなどいいことは一つもありませんでした。

「CO2の増加が温暖化を促進」という仮説も信ぴょう性に疑問が噴出してきている中、そんなものに金をかけるなら、雇用促進や企業の設備投資、福祉・医療にかけてほしいと思わずにいられません。
posted by さっとん at 21:23| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

ありがとうございました。

 今日も前日同様くもり&雨で、ついさっき小さな子供が「てるてる坊主てる坊主 あした天気にしておくれ」と“てるてる坊主の歌”を大きな声で歌ってました。


 誕生日にはプレゼントまでいただきどうもありがとうございました。

ペンネーム・ビッグマウスさんより、きれいな女性と話してもあがらないようにとマネキンの人形。
100623_180033.jpg

シマシマさんからは、中学時代に保健体育を習った小浜先生が作られたかわいい人形をいただきました。

100623_180057.jpg



<最近聴いてる歌コーナー>

岡林信康 - レクイエム〜麦畑のひばり〜

 僕の行ってた高校は当時「同和教育」に一生懸命取り組んでました。

「モーリス持てばスーパースターも夢でない」と谷村新司がラジオのCMで言ってましたが、僕もヤングセンスというフォーク系の雑誌を買ってました。

tab譜という楽譜が読めなくてもギターが弾ける方法があり熱心に練習。

付録でついていた歌の本に「山谷ブルース」や「チューリップのアップリケ」が載っていて、こんなメッセージソングがあるのかと衝撃を受けます。

 〜麦畑のひばり〜は、美空ひばりが彼女の本音で話せる唯一の友人であった岡林に曲を依頼した作品です。


「手紙」差別によっていっしょになれなかった悲しい歌です。
ギター一本でこれだけ表現力のある歌手を僕は知りません。

posted by さっとん at 18:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

ソフトバレー「Winner’s-Cup2010」

日中は湿度の高さを感じます。


 昨日(20日)は、以前からツヨポンから依頼されていたソフトバレー大会「Winner’s-Cup2010」ビデオ撮影のため、伊勢のサンアリーナに行きました。

ソフトバレーという競技については全く予備知識はありませんでしたが、石川や富山、京都など遠方からも参加しているチームがかなりあり、この大会では20代ぐらいの方がとても多かったです。

ソフトバレーでは男女2名ずつが1チームとなり、やわらかいボールで通常のバレーボールの試合をします。

男女が協力して試合をしていくというのも今までのスポーツにはない斬新なところです。

馬力だけではなかなか勝てず、チームワーク、作戦・戦術、テクニック、経験が大きなウェイトを占める奥の深いものでした。

 つよぽんのじぇねしすは、善戦したわりに順位は伸びませんでしたが、約100チームが参加していたため終了は午後7時になりました。

帰りの車の中でつよぽんに「出会いを求めてソフトバレーに来るのもいるのか?」といった質問をしたら「それではチーム内の不和が生じやすくうまく機能しなくなる」ことと「そんな奴は長続きしない」とのことです。

「スタイルがいい子がバレーをするためか、今日来てた女の子はすらっとした子がとても多かったように思った」と感想を話すと、「バレーをするからスタイルがよくなる」のだそうです。



 中学時代、バレー部の秘密兵器だったとつよぽんからうわさを聞いていたようで、じぇねしすの女性から「いっしょにバレーをやりませんか」と誘われてました。

posted by さっとん at 19:04| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

餃子サービス

 今月は、ちりめん亭と蓮(レン)でラーメンを食べましたが、二店とも帰り際に餃子のサービス券をくれました。

 昨日(18日)は、昭和堂のおじいさんから「あんた夕方かめ吉でうどん食べるか?」と電話がありました。



おばさんが和州閣で同窓会ということで、かめ吉名物のカレーうどん定食を食べながら大将やおくさんとも少し話をしました。

やはりこの不景気でどこの飲食店も常連だったお客さん自身も懐が厳しくなり、毎週が3週間に一度とか外食を控える傾向が強くなってる。

 特に鵜方人はうちにこもる傾向が強い(外で食べる習慣がない)ので、できるだけ余裕のある方は外食をするようにお願いします。

100619_135324.jpg
(上が蓮 下がちりめん亭の餃子券 ラーメンを食べたらもらいました。)
 

posted by さっとん at 15:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

新古典派経済学

最近の経済学説(新古典派経済学)→サプライサイド・エコノミックス、マネタリズム


 15世紀のイギリスでは、封建領主の支配力が弱まり、地主や商人が賃金労働者を集めて、分業によって毛織物の生産性を高めていきました。(マニュファクチャー)

18世紀には、機械を使用する生産手段(産業革命)が起こり、近代資本主義が成立していきます。

 近代経済学の基礎を築いたアダム・スミスの国富論では、「経済は“神の見えざる手”により、自由放任の状態で最もよく発展する」と説きました。


 ところが、完全な自由競争の下では、弱い企業は潰され、資本家と労働者との所得配分の不平等が大きくなっていきました。

そこで政府が財政支出をして公共事業や社会保障などに積極的に介入して、有効需要作って経済を安定的に発展させようとするケインズ主義が1929年の大恐慌時のアメリカのニューディール政策以降各国で取り入れられるようになります。


 1970年代に入るとオイルショックでインフレが加速し、その対策として無駄な財政支出をやめ、減税、規制緩和をして企業を元気にして投資を増やすサプライサイド・エコノミックスが取られ、日本は見事よみがえりました。


ケインズを批判する政策として、財政・金融政策を重視する「マネタリズム」という貨幣供給を重視するものもあります。


 さて80年代前のイギリスは、経済が停滞しているのに社会保障を充実させ、基幹産業を国有化の政策により既得権益にしがみついたり、国民が高福祉に依存する体質となり、国際的な競争力を落としてました。



ぞくに「英国病」とも言われてました。

大きな政府(福祉国家)は財政赤字になりやすいのですが、安易な経済政策によってインフレにもなりやすいという特長があります。


 そこに登場するのが「鉄の女」サッチャーです。

サッチャー内閣は、国営企業の民営化、金融引き締めによるインフレの抑制、財政支出の削減、高所得者優遇の税制改革、規制緩和、労働組合の弱体化などの政策を推し進めて小さな政府を作っていきました。(サッチャーリズム)

エージェンシー(独立行政法人)やビッグバンなどの言葉は今でもよく使われます。



 従来の「改革」の概念とは全く違う方向に進む日本ですが、増税だけが先行しているように思うのは僕の杞憂(きゆう)でしょうか?



(参考資料)
マニュファクチュア(工場制手工業)


アダムスミス


ケインズ


サプライ-サイドエコノミックス

マネタリズム


新古典派経済学


英国病


posted by さっとん at 16:52| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

志摩を熱く語る・旅館のおかみフォーラム

賢島大学2010年第2回講座

志摩を熱く語る・旅館のおかみフォーラム


【講師】
  伊藤素子(和具・和州閣)
  高木美智代(賢島・みち潮)
  浅井のり子(安乗・おおなみ)
  西飯愛(賢島・はな屋)

【日時】平成22年6月24日(木)午後7時〜9時

【場所】志摩市阿児町賢島 代々木高校ホール

【駐車場】代々木高校前及び近鉄独身寮の前


今回のテーマ
 自然を生かし親しまれる旅館経営
 おもてなしのこころ・・・接客の大切さ
 仕事や人生に疲れた人の・・・こころの癒しの場
 生き残れるか、志摩の旅館・そして観光産業

【会費】500円

【問い合わせ】
  代々木高校内・賢島大学事務局 西尾
  TEL 0599-43-6177


(代々木高校)  
posted by さっとん at 12:11| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。