2010年04月24日

これからよくなる。

今日は一日さわやかに晴れて快適な日でした。

 昨晩はGEOに「チュモン」を返しにいった後、友人の家で話をしていてました。

「おれ、今すごく将来が不安なんや」とこぼしてたので、

「僕が高校3年の時は、進路の森先生が銀行に入ったら日本が滅びん限り将来絶対安心やと言ってたけど、小渕さんの頃に銀行傾き始めたし、先のことは誰にもわからんで悲観的に考えるのはええことないのと違うか?」と言うと

「ここらに米軍基地もってきてほしいわ、そしたらおれの子供らも都会に出てかんでも働けるで」とほんわ家のお好み焼きを食べながら語ってました。

 「ここらの人が反対するやろ、志摩は観光と違うかな」と逆に質問すると、

「愉快リゾートのような格安ホテルがオープン、大資本が田舎まで進出してきて個人経営を食っている喫茶店やクリーニング店同様かなりお客さんを取られてような状態」のようです?


 僕が高校を卒業する頃、携帯電話がなかったようにこれからどんなに変化していくかは予測がつきません。


「人間はその脳の構造から将来を悲観的に見るが、未来はかならず今より良くなるのが歴史的事実だ」という武田教授のブログを読んで“なるほど”と共感してました。


そのあと“「たぬきち」のリストラなう”を読んでいると、そんな楽観主義が吹き飛んでしまいました。

たぬきちさん(45歳)が大手出版社(光文社)をリストラされている様子を克明に記されていてサラリーマンもとても厳しいことを実感できます。



posted by さっとん at 18:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。